スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

【ムンバイ最終回】秘密の島・エレファンタ島へ上陸!

20130306-00.jpg

*リアルタイムはインド・ゴアを後にし、世界遺産地区ハンピへ移動中!
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらチェックしてみてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

※今回の記事につきまして、画像のアップロードがうまくいっていない可能性があり、
 表示されない画像がある可能性がございます...どうぞお許しください!


ゴアへ行くバスの時間まで7時間ほどあったので、
ムンバイから船で片道1時間30分ほどの島、「エレファンタ島」に行くことにしました。

エレファンタ島ってなんか素敵な響きですよね。
象が居たりするのかな?などと想像を膨らませつつ...

エレファンタ島への船は、インド門のすぐ裏から出ています。

20130306-00.jpg

往復で150ルピー(255円)。この船です。

20130306-00.jpg

2階立てで、2階へのぼるにはプラス10ルピー(17円)払います。

20130306-00.jpg

隣の船のオッサンがなぜかカメラ目線。

20130306-00.jpg

インド門には日本人もたくさん居ました。

20130306-00.jpg

船が出発。

20130306-00.jpg

タージマハルホテルとインド門が一気に見れます。

20130306-00.jpg

20130306-00.jpg

20130306-00.jpg

いろんな船があります。

20130306-00.jpg

20130306-00.jpg

ちっこいやつ

20130306-00.jpg

20130306-00.jpg

かっちょいいやつ

20130306-00.jpg

いかついやつ

20130306-00.jpg

沈みかけてるやつ

20130306-00.jpg

そうこうしている間に、島が見えてきました。

20130306-00.jpg

民家もけっこうありますね。

20130306-00.jpg

船を降ります。

20130306-00.jpg

20130306-00.jpg

降りてすぐ、果物屋さん

20130306-00.jpg

ちょっと歩いていくと、土産物屋さんがたくさん

20130306-00.jpg

汽車が走ってきた!

20130306-00.jpg

20130306-00.jpg

10ルピー(17円)で乗れるらしいですが、
歩いた方が早かったです(笑)

20130306-00.jpg

でも何かこのまったり感が良いですね。

20130306-00.jpg

島に入るには、5ルピー(9円)払います。

20130306-00.jpg

入場。

20130306-00.jpg

20130306-00.jpg

ここでマウンテンデュー600mlを50ルピー(84円)で売りつけられました。

20130306-00.jpg

普通にスーパーで買うと半額の25ルピー(42円)なので、
くっそ高いですね。

ずーーーっと土産物屋が並んでます。

20130306-00.jpg

何故かへんてこなマスク売ってる店もありました。

20130306-00.jpg

ブルーシートの下で青く光るおっちゃん。

20130306-00.jpg

腕は交通事故でやられたそうです...


このバッグを200ルピー(340円)で買いました。
最初は300ルピー(510円)って言われました。

20130306-00.jpg

歩いていくと、可愛い子が居た

20130306-37.jpg

子犬も居た

20130306-00.jpg

可愛いねぇ

20130306-00.jpg

この島には、世界遺産の遺跡があります。

その入り口。

20130306-00.jpg

例によって、世界遺産料金250ルピー(400円)です。

20130306-00.jpg

世界遺産に興味が無いので、今回はパスしました。

その代わり、もう1本別の道(無料)があったので、そっちに行ってみることに。

20130306-00.jpg

炎天下(35度)の中、歩くこと20分ほど。つ、疲れた...

20130306-00.jpg

頂上らしきところに到達。

20130306-00.jpg

景色はまずまず。

20130306-00.jpg

20130306-00.jpg

大砲が2つありました。

20130306-00.jpg

20130306-00.jpg

大砲の近くに、笑顔のお二人さん

20130306-00.jpg

いい感じで収まってますね。


喉が渇いたと思ったら、ちょうど飲み物屋さんが。

20130306-00.jpg

ここらで一休みといきますか。

20130306-00.jpg

わんこもお昼寝

20130306-00.jpg

こっちのルートは世界遺産が無いのでみんな来ないみたい。
逆にそれが静かでまったりできました。

マンキー!

20130306-00.jpg

さ、そろそろバスの時間も近いので島を後にしますか。

海辺では若者たちパンツ一丁で遊んでた。

20130306-00.jpg

インド人男子の若者は、とにかく群れてこういう遊びをするのが大好き。

20130306-00.jpg

牛が来てくれてありがとうって。

20130306-00.jpg

さようなら、エレファンタ島。
世界遺産以外、特に何も無い島。

20130306-00.jpg

それが逆に良かったよ。


【おまけ】
帰りの船では、カモメが大接近。

20130306-00.jpg

超至近距離でカモメを撮影できました!

20130306-00.jpg

よく見るとなかなか可愛い。

20130306-00.jpg

20130306-00.jpg

20130306-02.jpg

これを機に世界の鳥たちを撮影!なんていうプロジェクトもやってみたくなりました。


次回は・・・
ムンバイからバスで南インドの楽園ゴアへ移動します!お楽しみに。

ブログランキング参加中!
ここ最近毎日ブログを書くようになって、じわじわあがってきました!
皆さんいつもありがとうございます。現在最高位15位!です。
読んでいただけたら、ぜひついでに下のカエルをクリックしてみてください♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
スポンサーサイト
2013-03-06 :  ◆ 西インド : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

【ムンバイ】狂犬、マリファナ、物乞い、、、夜の怪しいムンバイ

20130305-00.jpg

*リアルタイムはゴアのビーチでまたーり。
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらチェックしてみてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

夜のムンバイ。

ライトアップされたインド門と、その上の満月。

近くでは、これまたライトアップされた馬(!)が走っていた。

20130305-00.jpg

20130305-00.jpg

昼間とは違う姿を見せる街。

20130305-00.jpg

裏道でもない大通りでも、割と薄暗い。

道を歩いていると、暗闇に座っていた2~3人グループのインド人(男)に
「マリファナ?」と声をかけられる。

20130305-00.jpg

怖くなって、走って逃げた。

インドでは薬物(特にマリファナ)はもちろん違法だが、
取り締まりがそれほど厳しくないのが現状のようだ。

その為、このようにインド門のすぐ近くで売買などが行われるのだろう...


ムンバイの夜道はわりと1人で歩くには怖いものがあった。

昼にはすやすや寝ている野良犬たちも、
夜には「狂犬病持ってるんじゃないか?」っていうくらいに吠え、暴れだしたりする。

狂犬病の予防接種をスケジュール&費用の都合上パスした自分にしてみると、
夜道の暴れだした犬ほど怖いものは無い。


インドではそこらじゅうにいる物乞い。
2ヶ月もインドに居ると、もうそれは自分の中で風景化してしまった。

が、ここムンバイの夜のインド門周辺の物乞いは怖かった。
やたら追い回してくるし、目がギラギラしていたのだ。
おそらく昼間だったら何とも思わなかっただろうが、
夜の闇とマッチしてこの世のものとは思えない気迫があった。


なんとか振り払って、ごはん・ごはん!

ムンバイはどこを歩いても高いレストランばかりで、
地元の人々が利用するような安い食堂を探すのはひと苦労。

やっと、小汚い安そうな食堂を見つけた。

20130305-00.jpg

FRANKIESってなんだ?

20130305-00.jpg

まあここらで50ルピー(85円)といったら相当安い部類に入る。
インド全体で見ると高いんだけども。


FRANKIESは、チャパティの中に野菜やチキンを入れてロールしてあるものだった。
(写真撮り損ねた 汗)
味はまあまあだけどそれはもう辛かった!


こういった地元の人が利用する食堂では、だいたい相席。

向かいに座ってたマダムはフライドライス(チャーハンのようなもの)を食べていた。

20130305-00.jpg

どっから来たの?いくつ?学生?など、
流暢な英語で気さくに話しかけてきてくれた。

「この国に対して良い印象を持って帰ってくれるといいわ」

と笑顔で言い残して、マダムは去っていった。

大丈夫です、私はインドが大好きです(今のところ)。

= = = = =

翌朝、ムンバイ最終日。

昨日と同じ通りにも朝が来ていた。

20130305-00.jpg

お腹空きすぎて、その辺のレストランに入る。

20130305-00.jpg

くっそたくさんあるメニューを見る。

20130305-00.jpg

しまった、けっこう高い!

20130305-00.jpg

仕方なく、中でもそれなりに安い方のエッグサンド(100ルピー/170円)を頼んだ。

20130305-00.jpg

意外にボリューミーで、ケチャップをつけるとうまい。
インド料理とはかけ離れているけど。

店員の青年が話しかけてきた。

20130305-00.jpg

今みたいに暇な時間は、僕はこうやって客とコミュニケーション取ってるんだ。
コミュニケーション好きだからねッキラーン

という感じの人懐っこい青年だった。


インド人はとにかく超フレンドリー。
それが「うざい」と感じる日本人も多いようだが、
僕はそれがとても居心地が良い。

少なくとも自分に興味を持って話しかけてきてくれてる。
こんな嬉しいことがあるだろうか?


食べ終わって、さぁどうする。
バス出発の時間まであと7時間ほど。

どこに行こうか?というわけで...

次回は・・・
ムンバイ最終回!船で1時間半の離島(秘島)へ行ってきます!お楽しみに。

ブログランキング参加中!
ここ最近毎日ブログを書くようになって、じわじわあがってきました!
皆さんいつもありがとうございます。現在17位です。
読んでいただけたら、ぜひついでに下のカエルをクリックしてみてください♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
2013-03-05 :  ◆ 西インド : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

【ムンバイ】インドのスタバ1号店&タージマハルホテル内部に潜入!

20130304-00.jpg

*リアルタイムはゴアのビーチでまたーり。
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらチェックしてみてください。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ムンバイにはインドのスタバ1号店があるというので、行ってみました。
現在インドにはスタバが7件近くあるらしく、
そのうち4件はムンバイにあるらしいです(不確かです)。

場所は中心地。

20130304-00.jpg

イギリス風の建物が並ぶところにあります。

20130304-00.jpg

看板が落ち着いた配色で分かりづらい。

20130304-00.jpg

20130304-00.jpg

ちょっと表に出てみると、確かにスタバのマークが。

20130304-00.jpg

本当にインドにもスタバがあるんですねぇ。
不思議な感覚です。

20130304-00.jpg

店内に入ってみると、雰囲気は日本のスタバと同じ。
1号店ということもあって、大型の店舗形態でした。

20130304-00.jpg

20130304-00.jpg

20130304-00.jpg

メニューを見てみます。
※不鮮明ですみません

20130304-00.jpg

日本と同じメニューのほかに、【チャイ】ってのもありました。
たぶんこれはインド限定だと思われます。

価格はなんと日本の1/2程度。

同じスタバなのにこの価格を実現できる背景には、
インドにおける人件費の安さがあるのでしょう。
原材料費は日本と同じはずです。

フードも充実。
日本ってこんなにありましたっけ?

20130304-00.jpg

抹茶フラペチーノを頼んだはずが、
抹茶ティーラテが出てきました。笑

20130304-00.jpg

味は日本のと同じです。

店内にはいろいろディスプレイされてます。

20130304-00.jpg

象さん。

20130304-00.jpg

インドのスタバ限定マグカップ。

20130304-00.jpg

20130304-00.jpg

おみやげに良さそうですね。
もちろん、僕の場合、重いし割れるリスクがあるので買えるわけがありません。。


店内を見渡してみると、
インド人のちょっと育ち良さげの若者と、観光に来ている欧米人が大半といった感じでした。

20130304-00.jpg

20130304-00.jpg

20130304-00.jpg

20130304-00.jpg

ちなみにwifiが無料です。

利用するにはこのwifiカードを店員にもらいます。

20130304-00.jpg

裏にあるスクラッチを削って、PIN番号を画面に入力すれば使える仕組み。

20130304-00.jpg

このカード、使い捨てなのかな?
ちょっと勿体無い気がしますね。


インドのスタバ、日本と同じ雰囲気・味で、価格は嬉しい1/2。
バカ飲みできますね。
デリーにもここ最近できたみたいです。

=====

カフェつながり?の話題。
ムンバイの観光名所、【タージマハルホテル】

20130304-00.jpg

宿泊するには1泊3~4万かかります。

でも、宿泊者じゃなくても中に入れるのです...!
ちょっとでも豪華な雰囲気を味わいたくて...

20130304-00.jpg

もちろん入るでしょー。

こんないい感じの噴水があったり、

20130304-00.jpg

高級感漂う廊下を歩いていくと...

20130304-00.jpg

20130304-00.jpg

プール出現!

20130304-00.jpg

ヨーロピアン?のお金持ちが、ヴァカンスを楽しんでおられました。

20130304-00.jpg

さらに進んでいくと、この階段。

20130304-00.jpg

天井。目が回りますな\(^o^)/

20130304-00.jpg

SEA LOUNGEというところに潜入!

20130304-00.jpg

まったく写っておりませんが、窓の外はムンバイの海!
中にはグランドピアノがあって、おっちゃんが軽やかな曲を奏でておりました。

20130304-00.jpg

欧米人の金持ちおじ様・おば様ばかりで、
小汚い格好をしていた私はとんでもなく浮いていたことでしょう...


でもここまで来たからには!

20130304-00.jpg

チョコレートケーキ\(^o^)/
550ルピー(937円)\(^o^)/
日本より高い\(^o^)/

インドでまさかこんなに払うとは。

でもこのケーキ、濃厚でめっさうまかった!!!
節約旅行に疲れたら、たまにはこういうこともしていきたいなぁと思うのでありました!


と、いいつつ、この旅。
最初は【極限まで節約して、その為には汚い宿も厭わず、まずい食事も厭わず...】
などと考えておりましたが、
初めて2日目でギブアップしますた\(^o^)/

そういった我慢に耐えれるメンタルではなかったようです(笑)
やっぱたまには贅沢したいし、
毎日おいしいもん食べてそれなりに居心地の良い宿に泊まりたいと思うように。

予算の都合上、そのかわり期間は短くなっちゃうと思いますが。。。


やっぱり旅ってやってみないと自分のスタイルが分からないですね。
日本で計画していたことも、その場の展開でどんどん変わっていきます。
今はそれが楽しくて、かけがえのないものだと思えています。

皆さんはどんな旅のスタイルですか??


次回は・・・
狂犬?マリファナ?物乞い?夜の怪しいムンバイです・・・!お楽しみに。

ブログランキング参加中!
ここ最近毎日ブログを書くようになって、じわじわあがってきました!
皆さんいつもありがとうございます。現在17位です。
読んでいただけたら、ぜひついでに下のカエルをクリックしてみてください♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
2013-03-04 :  ◆ 西インド : コメント : 7 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。