スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

【まとめ】トルコなんでもランキングベスト5

20130806-00.jpg

*リアルタイムはアルメニア・エレバン。
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

5ヶ国目・トルコ。

滞在は全部で19日間だったのですが、
気づけば30ほど記事を書いていました。
(どんだけ引き伸ばしてんだよっていうね)

ルートはこうでした。
※カッコ内は宿泊日数

20130806-00.jpg

日本人がおそらく行くだろうトルコのトップ4名所

1. イスタンブール
2. カッパドキア
3. パムッカレ
4. サフランボル


の、第3位「パムッカレ」を抜かして、
それにトゥズ湖とトラブゾンを付け足した旅でした。

広~~~いトルコなのに限られたポイントしか回らない、
ルート的には薄っぺらい旅でしたが、
30も記事を書いてしまうほど毎日が楽しく充実した旅でした。

というわけで、今回はこの19日間をプレイバック!

今まで一度もお前のブログなんか見たことねぇよ!

って方も、

これだけ見ればトルコ編だけは全部読んだことになる

っていう便利な記事に仕上げたいと思い、
キーボードを叩いてる次第であります。

単純に並べるのも微妙なんで、
ランキング形式でごちゃまぜにプレイバック。


◆ トルコなんでもランキング ◆


【良かった編】



第5位 イスタンブールの夜景

20130806-00.jpg

イスタンブールで見たブルーモスクの夜景は
神秘的極まりなく、脳裏に強く焼き付けられました。

中にお姫様でも住んでるの?

っていう輝きを放っていました。

⇒参考記事:旅における最大の節約法

イスタンブールでは、
滞在5日間、全部カウチサーフィンを使って
無料で泊めてもらっていました。

宿代が高いトルコ。
これはありがたすぎる出来事でした。

⇒参考記事:5ヶ国目トルコ入国、からの監禁?



第4位 サフランボルの尋常じゃない落ち着き具合

20130806-00.jpg

世界遺産に登録されている街・サフランボル。
特に見どころもなく、1時間も歩けば
街全体を1周し終えてしまうという小ささ。

それでもなぜかここに居ると落ち着く。
不思議と優しい気持ちになれる。

何にも無いのに、4日も滞在してしまいました。

⇒参考記事:インドの100倍トルコが好き



第3位 カッパドキアの朝焼けと夕焼け

20130806-00.jpg

自然が作り出した驚異的な景色がここにはあります。
朝焼けの中で空に舞い上がる気球、
夕焼けに染まる雄大な岩肌。

宿からはこれらを眺めることができ、
ここでの自然を感じながらの朝食は今のところ世界一です!!!

⇒参考記事:すべてはこの手の中にある



第2位 トゥズ湖で見たこの世の終わり的な景色

20130806-00.jpg

まさかのウユニ塩湖的な景色。
テント泊をして、夕焼け・朝焼けを体感しました。

しかも。
スーパームーンという【月が最も地球に近い】ときと【満月】とが重なる
珍しい現象がこの時起こりました。

この2つを同時に見れたこと。
間違いなくこの旅のハイライトになることでしょう。

⇒参考記事:この世の果てが見えた日


【良かった編】第1位発表...の、前に。


【悪かった編】



▼トルコのバス

20130806-00.jpg

トルコのバスはボーイ付き。
ドリンク、軽食、テレビモニターが付いてきて快適。

なのはいいんですが、ガソリン代高騰の影響で、
運賃がとにかくバカ高い!

1本の夜行バスでだいたい3,000円近くしたりしました。

しかも、一見快適に思えるバスでしたが、

・リクライニングは倒れない
・真夜中だろうが容赦なく休憩ポイントに寄り客の気配を感じる

ということでまったく寝れず。。

参考記事⇒さようなら。愛を込めて花束を。



▼反政府デモ

20130806-00.jpg

これを見れたということはとても貴重な経験になりました。
しかし、やっぱり一刻も早く平和的に解決してほしい。

1ヶ月半近く前に見たデモですが、
まだ事態は収束に至っていないようです。

参考記事⇒反政府デモ現場よりお届けします


それでは、【良かった編】の発表に戻ります。

良かった編第1位は...











第1位 超ウェルカムなトルコの人々

20130806-00.jpg

栄えある第1位は、トルコの人々です!

とにかくどこへ行ってもオープンマインドで明るく、
親切でウェルカムなトルコの人々。

居心地の良かった要因のほとんどは
これだったんじゃないかと。

道を聞いたらそこまで連れてってくれたり、
ヒッチハイクしたら乗せてくれたり、
道を歩いてたらすぐ食べ物を分けてくれたり。。

特にサフランボルでのトルコ美女に囲まれたことは、
何ものにも変えがたい貴重な経験になりました。笑

参考記事⇒完全に包囲されました

リアルタイムでは今、
コーカサス3国(グルジア・アルメニア・アゼルバイジャン)を旅していますが、
トルコみたいに超オープンマインドな人ばかりじゃないです。
特に若者はアジア人を馬鹿にしてくる傾向があったりして、
街歩くのすら嫌になるときがあります。
あぁ、トルコに戻りたい...!!!

※ただ、イスタンブール・カッパドキアなどの代表的観光地では、
 流暢な日本語で話しかけてきて絨毯を売りつけたりする詐欺師などが
 居るとの情報もありますので、ご注意ください。


◇ ◆ ◇


トルコは全体的に魅力だらけで、
どこに行っても何をしても、
居心地が良く楽しい毎日でした。

今回、ランキングをつけては見ましたが
正直言うと全部1位
甲乙つけがたいんですよねぇ。

旅してみて分かるんですが、
こんな国って意外となかなかないんです...

というわけで、
トルコは僕の中でまた来たい国No.1となりました!
※ネパールでも同じこと言ってましたが。
※しかも、まだ全部で5ヶ国しか行ってないんですけどね...!!!

以上、トルコなんでもベストをお届けしました!

次回はいよいよ6ヶ国目に突入!
情報があまり無い未知の国...どんな旅になる?お楽しみに。

ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
スポンサーサイト
2013-08-06 : 【05】トルコ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

トルコ旅行の出費まとめ:トルコの物価は?(2013年)

20130805-00.jpg

 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

5ヶ国目トルコ、滞在19日間。
いつものように、費用をまとめました。

20130805-00.jpg

1日平均は1,819円でした。

1つ1つ見ていきます。


【宿代】10,240円 1日平均=602円
 ※夜行バス使用の2日分を引いた1日平均額です。

20130805-00.jpg

物価の高いトルコ。
安宿でもだいたい20リラ=1,000円くらいはするのに、
1日平均602円で抑えられました。

そのワケは...


(1)カウチサーフィンを利用

20130805-00.jpg

イスタンブールで5日間、
カウチサーフィンというサービスを使って
無料で泊めてもらっていました。
なんとwifi&キッチンを自由に使わせてくれました...!

⇒参考記事:5ヶ国目トルコ入国、からの監禁?


(2)居心地良い激安宿に滞在

20130805-00.jpg

カッパドキアのDORA MOTEL。
ここ、朝食抜きだったらドミ10リラ=500円で泊まれるんですよね。
(wifi、キッチン、ホットシャワーあり)

20130805-00.jpg

とかいいつつ、絶景を眺めながらの朝食が良すぎて、
結局5泊毎日朝食食べてました。笑
※朝食は宿代+5リラ=250円なので、全部で750円ですね

⇒参考記事:旅のツワモノ


(3)テント泊

20130805-00.jpg

カッパドキア~アンカラ間にあるトゥズ湖。
ウユニみたいな景色(たぶん)が見れます。

ここで1泊テント泊。宿代が浮きました。

⇒参考記事:急展開!●●●塩湖へ


【食費】8,817円 1日平均=464円

20130805-00.jpg

外のレストランで食べると高いので、
キッチンのある宿では基本的に自炊をしていました。

基本的に訪れたどの街にも激安スーパーがあって、
食料はかなり安く調達することができました。

定番化したパスタ

20130805-00.jpg

山盛りパスタ

20130805-00.jpg

飽きてもパスタ

20130805-00.jpg

死ぬまでパスタ?

⇒参考記事:昇天ペガサスMIX盛り

20130805-00.jpg


【移動費】10,965円

20130805-00.jpg

なんと言ってもこれが高い...!
主な内訳は長距離バス

トルコの長距離バスはボーイ付き、ドリンク付き、軽食付き、モニター付きと
快適極まりない環境。

でもガソリンが高い影響で、
とにかく長距離のバス移動は出費がかさみました。

【利用した長距離バス】
・イスタンブール(新市街)⇒ギョレメ:13時間、65リラ=3,250円
・アンカラ  ⇒サフランボル    : 3時間、25リラ=1,250円
・サフランボル⇒トラブゾン     :12時間、60リラ=3,000円

20130805-00.jpg

これらの出費を抑える方法...

ヒッチハイクです!

僕も2度ヒッチハイクしました。
(カッパドキア⇒トゥズ湖、トゥズ湖⇒アンカラ)

トルコは人が良くて、
ヒッチハイクめちゃくちゃしやすいみたい。

それでもやっぱり面倒臭さ&快適さを取って、
高くてもバスを利用しちゃいましたけどね。

ヒッチハイク、皆さんもぜひお試しください。

⇒参考記事:初体験は26歳


【観光費】2,448円

20130805-00.jpg

観光スポットの入場料やツアー代。

【内訳】
・地下都市入場料(カッパドキア):15リラ=750円
・スメラ僧院ツアー代(トラブゾン):25リラ=1,250円
・スメラ僧院入場料:8リラ=400円

など。

トルコは全体的に観光スポットの入場料は高いように思いました。
なのであんまり興味なかった世界遺産などは飛ばしました。


【その他】2,091円

・トイレ代 1リラ=50円 × 数回
・ハマム代 35リラ=1,750円

など。


◇ ◆ ◇


【トルコの旅・傾向と対策まとめ】

 ◆宿代がまあまあ高い   ⇒ カウチサーフィンで節約
 ◆外で食べると高い    ⇒ 格安スーパー&自炊のコラボで節約
 ◆長距離バスがくっそ高い ⇒ ヒッチハイクで削れるよ!



...てかこれ、わりと全世界共通ですよねたぶん(汗)

インドから来た僕にとって、トルコは

道綺麗!
メシうまい!
宿快適!


で感激しっぱなし、過ごしやすすぎの日々でした。

その分もちろん物価は高いのですが、
費用に見合った価値があると感じていたので
お金が減っていってもそんなに苦痛には感じませんでした。

物価が高い国だからこそ、
節約のしがいがあった国でもありました。

というわけで、トルコ19日間の出費まとめでした!
次回は、トルコの旅総括を予定しております。

トルコ行ってみたい!節約しながら旅してみたい!って思った方は、
ぜひ下記カエルボタンをクリックしてくださいね♪

ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
2013-08-05 : 【05】トルコ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

イランビザが超簡単に即日で取れる場所、トルコ・トラブゾン

20130803-00.jpg

 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


★下記に書いてある記事内容は2013年7月1日時点の情報のもので、
 2014年12月から大幅にビザ取得方法が変更され、
 取得までに10日くらいかかる
 &超手間がかかる
ことになってしまったそうです!!!

 詳しくはこちら↓↓


 旅最新情報★トルコ トラブゾンでのイラン ビザの取得方法が変わったようです!(Hitch × kakeru* 世界一周食の旅)


□ ■ □


トルコ、黒海沿岸の街・トラブゾン。
ここに来た理由は1つ。

イランビザの取得

であります。


ここトルコのトラブゾンは、我々日本人にとって

世界一、イランビザが取りやすい場所

として有名なんですね。


でも、度々このブログでも申し上げております通り、
問題が発生しておりまして。

================================================================
【イラン、大統領選挙の為、6月20日まで全ての外国人にビザ発給停止!】
陸路でも空路でも、大統領選挙の混乱を避けるための措置。
================================================================

との話!

6月20日までって言ってましたが、
6月29日にここトラブゾンのイラン領事館に直撃した人も、
「今月は発給できない」って言われて撃沈、という話を事前に聞いていました。

この日は7月1日(月)
(何気にトルコ最終日!)

情報をもらった人が挑戦してから、
わずか3日しか経っていないわけです。

でも、その情報をもってしても、
突撃しないと気がすまないこの性分!

まぁ、100%無理だろうなと思いつつも、
イランビザ取りに挑戦することにいたします。

◇ ◆ ◇

7/1(月)

8:50 イラン領事館を目指す。

20130803-00.jpg

事前に領事館の場所を調べたけど、
一向にそれらしき場所に至らない。

20130803-00.jpg

20130803-00.jpg

ということで、道行く人にたずねる。
青年が連れてってくれました。
※だいぶ通り過ぎておりました

20130803-00.jpg

トルコの人、みんな道を聞くと親切丁寧、かつ的確に教えてくれる。
インドとは大違い。
モロッコだと、金を請求されたりするようですね。

サンキューボーイ!

20130803-00.jpg

こちらがイラン領事館。
午前中の開館時間は9:00~12:00で、9:05くらいに着きました。

20130803-00.jpg

この左に写っている大きな門ではなくて、
ちょっと先の黒い車があるあたりの小さな門でピンポンを押して、
扉が開けられるのを待つ。

中に入ると、スカーフを纏った女性が対応してくれた。

「ビザが欲しいんですけど」

恐る恐る言ってみたら、
奥へ何やら確認しにいった。

そして出てきて女性が放った言葉。













「今月はビザを発給できない。
 パスポートのコピーの裏にメールアドレスを書いてくれれば、
 もしビザが取れるようになったらメールする。」



おわた\(^o^)/

事前に聞いてた情報と全く同じセリフ\(^o^)/

でも直接聞けて諦めがついた\(^o^)/

というわけで、トラブゾンでのイランビザ取得、なりませんでした!

◇ ◆ ◇

諦めて、パンを買って宿で食べる。

20130803-00.jpg

はぁ~。
やっぱイラン行けないかぁ。
まぁ行けないつもりでは居たけど、やっぱりショックだな。

訪れた人みんなが口を揃えて「行って良かった!」という国・イラン。

※かつてブログランキング1位だった
「世界のどこかで会いましょう」のdaisukeさんのイラン記事たちを見たら、
 絶対行きたくなること間違いなし!


これからのルートを考え直さなきゃなぁ。
パンをかじりながらぼんやり。


しばらくすると、1人の日本人の旅人がやってきた。

「どこから来たんですか?」

「旅してどのくらいですか?」

「今後はどんなルートですか?」


定番の会話をしながら、なんとなく繰り出してみた次の質問。

「イランビザ取れなかったんですよ。
 行きましたか?取れなかったですよね~ ; ;」


そして相手から出てきた次の一言は...











「え?ボク、普通に申請できましたけど。」











はい?

今なんて?

あなた何者?

僕、朝9:05、ほぼ朝イチに行ってダメだったんですけど?



冷静になって聞いてみると、
その人は10:00ごろ申請に行って、普通に申請書を提出したとのことだった。


うそ?

この1時間にそんな事態が急転するの??



信じられない思いを抱えながらも、
あわててイラン領事館へ再び向かう...!


【イラン領事館への行き方】

メイダン公園の近くにある道路の高架下をくぐる。

20130803-00.jpg

この標識に出くわす。

20130803-00.jpg

左の歩道を道なり。左側に公園があります。

20130803-00.jpg

5分くらい歩いて、この標識を左折してすぐ、イラン領事館。

20130803-00.jpg

------------------------------------------------------------------

急いで駆けつけたイラン領事館。
午前中は12:00まで。

すでに12:30になっていたけど、
ピンポン押したら開けてくれた。

そして、中に入るとさっきと同じ女性。

恐る恐る聞いてみる。

「ビザが取れるようになったって聞いたんですけど?」

すると、中に確認しに行く女性。
(なんでわざわざ確認しに行くんよ?)

そして、中から出てきた女性が放った一言。















「この申請書に記入してください」











キタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡!!!

まさかの展開!!


どうやらトラブゾン・イラン領事館では
この日7/1からビザ発給解禁となった模様。

朝一で行って断られたのは、
イランの首都・テヘランにある本部?からまだ情報が来てなかったからみたい。

震える手で申請書に記入していく。

申請書に「ビザの期間」を記入する欄があるんだけど、
最大30日もらえるので「30days」って書いておいた方が良い。
(書いた期間しかもらえないっぽいです)

よく分からない項目は空欄にして提出したんだけど、あっさりOK。
写真1枚とパスポートを同時に提出。

その後、何やら銀行名とシリアルナンバー?が書かれた紙をくれる。

20130803-00.jpg

「この銀行に60ユーロ振り込んで。
 そのレシートと交換で、本日の夕方5時にビザを貼ったパスポートを渡します。」

とのこと。

紙には「Merkez Bank」みたいに書かれているように思えるんだけど、
そんな銀行を探してもどこにもありません。

20130803-00.jpg

街の人に聞いてみると、この青い看板の銀行のことだという。
TURKIYE BANKASI...全然違うやんけ!

20130803-00.jpg

中に入って、番号札を引いて順番待ち。
20分くらい待って、領事館でもらった紙を渡す。

が、ユーロでの支払いしか受け付けてくれないとのこと。

ここの銀行では両替をしてないので、
他の銀行で両替をしてくるか、
近くのATMでユーロをおろしてきて、と言われる。
(カウンターのお姉ちゃんは英語できました)

仕方なく近くのATMを試すも、ユーロが引き出せない...!

いくつか回ってやっと引き出せたのが
この緑マークの「TEB」っていう銀行のATM。

20130803-00.jpg

無事60ユーロをゲット。

20130803-00.jpg

再度銀行に行き、支払いを済ますと、
このレシートをくれる。

20130803-00.jpg

ふぅ~~~~
あとは受け取りだけか...!

17時まで時間があったので、ケバブ屋さんで食事。

20130803-00.jpg

野菜とケバブにケチャップをかけて

20130803-00.jpg

マキマキ

20130803-00.jpg

3.5リラ=175円 と高価な気がするが、激うま。

20130803-00.jpg

◇ ◆ ◇

時間が来て、イラン領事館へ。
30分くらい待たされて、銀行のレシートと両替で無事イランビザゲット!!!

その場にはオーストラリア人、フランス人、韓国人、日本人など
合計9名が居ましたが、全員ゲットできました。

でも欧米人は160ユーロとかするみたい。
日本人は60ユーロだったよ、って言ったら
「やす!うらやま!」って驚かれました。

アベノミクスの影響で、
60ユーロ(=8,100円:2013年7月1日現在)でも
くっそ高い!と思ってしまったのですが、
あの憧れのイランに行けるならそんなんどーでもいいです!!!


僕、この日にイランビザを取れなければ、
そのまま諦めて次の国へ行く予定でした。
(けっこう前の日に、この日にトルコを出国する国際バスチケットを購入していました)

でも、まさかの展開で取れた!

解禁初日に!

半端ない!

間違いなく、旅イチの嬉しさ!!(゚∀゚(゚∀゚(゚∀゚(゚∀゚



こうして、トルコ最終日は優秀の美を飾ったのでした。


【イラン領事館&銀行の地図】

20130803-00.jpg

だいたいの位置ですが、こんな感じです。
イラン領事館は土・日休み。
午前中(9:00~12:00)に申請に行って、
その日の午後16~18時に受け取りに行く感じです。

僕がイランビザをゲットした後、
何人もの日本人がトライしに行きましたが、
女性含め、皆無事ゲットできました。
(※2013年7月29日現在)


イラン行ってみたい!って方は、
ぜひ下のカエルボタンをクリックしてくださいね♪


ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
2013-08-03 : 【05】トルコ : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。