スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

地獄の門(トルクメニスタン)からウズベキスタン国境への行き方と出費まとめ

20131005-00.jpg

 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

朝、目覚める。

20131005-00.jpg

直径80mの巨大な穴が、燃えている。

20131005-00.jpg

夢じゃなかったんだ。

20131005-00.jpg

信じがたい光景とともに迎える朝。

20131005-00.jpg

いつもの朝じゃない。

20131005-00.jpg

そういえば、水がほとんど底を尽きていたことを思い出した。
もう、あと一口分くらい。

この巨大な燃えると朝日のコラボレーションを見たいけど、
太陽が出る前にここを出ないと、脱水症状になりそうなので断念。

帰りもまた砂漠をひたすら歩く。

20131005-00.jpg

20131005-00.jpg

ガスクレーターを背中にして。

20131005-00.jpg

20131005-00.jpg

ちらほら車やキャンプがあった。
僕らみたいにここで夜を明かした人が他にも居たようだ。

20131005-00.jpg

帰り道で動物の白骨を発見

20131005-00.jpg

砂漠で食べるものが無く死んでいったのか、
他の動物に食われて死んだのか。

20131005-00.jpg

朝日が昇ってきた。

20131005-00.jpg

喉が渇いてそろそろ限界に近い。

20131005-00.jpg

ひたすら砂漠を歩く。

20131005-00.jpg

やっとチャイハネが見えてきた。

20131005-00.jpg

行きは2時間かかった道のりも、帰りは1時間半でたどり着いた。

20131005-00.jpg

チャイハネにたどり着いて、迷わずコーラをもらう

20131005-00.jpg

一気にがぶ飲み。
冷えてなくて温いコーラだったのに、
今まで飲んだコーラの中で一番うまかった。

このコーラのために砂漠を歩いてきたんだとすら思えた。

そしてご飯をもらう。羊肉のスープとパン 6マナト=210円

20131005-00.jpg

チャイハネを切り盛りする女たち

20131005-00.jpg

と、めちゃくちゃ愛嬌あるこの子

20131005-00.jpg

20131005-00.jpg

温かいバックアップありがとう、チャイハネの皆さん。
おかげで素晴らしい光景に出会うことができました。


ちょっとだけゆっくりしたら、先を急ぐ。
なんと言ってもこのトルクメニスタンという国、
5日間のトランジットビザしか与えられないことに加え、
それを1日でもオーバーすると500ドルほどの罰金が科せられるとの話。

ガスクレーターも見れたのでさっさと抜ける。

デルウェゼのチャイハネからはヒッチハイクしか手段なし。
でも車は何台か通るけど、一向に止まってくれない。

20131005-00.jpg

そんな状況をよそに、ラクダがよってきた

20131005-00.jpg

のそのそ

20131005-00.jpg

もぐもぐ

20131005-00.jpg

くねくね

20131005-00.jpg

じーーーっ

20131005-00.jpg

20131005-00.jpg

そんな感じでラクダと戯れながら

20131005-00.jpg

ゆる~くヒッチしてたら、1台の大型バスが止まってくれた!

ちょうど目的地行きのバスで、席が空いてた。
デルウェゼ⇒ダシュオウズ 10マナト=350円

20131005-00.jpg

4時間で、ダシュオウズに到着。
そこからタクシー 1人5マナト=180円

20131005-00.jpg

30分で国境に到着。

トルクメニスタン側の出国は簡単な書類を書いて荷物検査があって
あっさり10分くらいで終了、出国完了。
カメラの中身をちょっとチェックされたけど特に問題なし。

◇ ◆ ◇

こうして2泊3日、弾丸のトルクメニスタン縦断が終了いたしました。
3日間で使ったお金はこうでした。

20131005-00.jpg

【宿代】・HOTEL SYYAHAT(アシガバード)1泊:1,000円
     ・ガスクレーター 野宿     1泊:  0円

【食費】1食だいたい6マナト= 210円くらい

【移動】・国境⇒国境手前 ミニバス        1,500円
    ・国境手前⇒アシュガバード市内 タクシー  500円
    ・アシュガバード⇒グンドガバザール バス   7円
    ・グンドガバザール⇒デルウェゼ 乗合ワゴン 700円
    ・デルウェゼ⇒ダシュオウズ バス      350円
    ・ダシュオウズ⇒ウズベク国境        180円  など

5日間のビザと入国税で半分以上を占めました。

◇ ◆ ◇

2日半しか居なかったのに、この国の印象は強烈なものだった。
やっぱりなんといってもガスクレーター=地獄の門

20131005-00.jpg

この国のビザを取るために、
もろもろ含めて1ヶ月はかかった。

あんまり居心地の良くないイランに1ヶ月居るのは苦痛だったけど、
それでもこの選択は間違いじゃなかったと今思う。

これからの旅でもこんな強烈な体験ができるかな。
できたらいいな。


謎の国・トルクメニスタンに行ってみたくなった方は、
下記クリックをよろしくお願いいたします!!

ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング


【トルクメニスタン デルウェゼ⇒ウズベキスタン国境まで】

 ◆デルウェゼ
 ↓
 ↓ ヒッチ。バスがつかまった。4時間 10マナト=350円
 ↓
 ◆ダシュオウズ
 ↓
 ↓ タクシー 30分 1人5マナト=180円
 ↓
 ◆ウズベクとの国境

  18時には国境が閉まるようなので、
  できる限り朝早い時間にデルウェゼを出発した方が良いです。


クリックよろしくお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
スポンサーサイト
2013-10-05 : 【10】トルクメニスタン : コメント : 17 : トラックバック : 0 :

【地獄の門】落ちたら死亡!延々燃える巨大穴(トルクメニスタン)

20131004-00.jpg

 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

トルクメニスタンの内地にある砂漠地帯、デルウェゼを
ひたすら歩き続けること2時間弱。
(⇒前回記事

20131004-00.jpg

遠くにオレンジ色が強く光っている。

20131004-00.jpg

近づいていくと...

20131004-00.jpg

暗闇の中、ゴォーーーという音とともに強い発色。

20131004-00.jpg

さらに近づき、足元を確かめながら恐る恐る中をのぞいてみる。

20131004-00.jpg

燃 え て い る

20131004-00.jpg

砂漠の中に突如として巨大な穴があり、

20131004-00.jpg

燃 え て い る

20131004-00.jpg


★ガスクレーターの写真

20131004-00.jpg

20131004-00.jpg

20131004-00.jpg

20131004-00.jpg

20131004-00.jpg

20131004-00.jpg


20131004-00.jpg

20131004-00.jpg

20131004-00.jpg

この衝撃、写真だけでは伝えきれない。
ぜひとも下記動画でご覧ください(2分弱)




【そもそも何故燃え続けているのか?】

1971年に地質学者がボーリング調査をした際、偶然、
天然ガスに満ちた洞窟を発見したが、調査の過程で落盤事故が起き、
採掘作業用の装置が置かれていた場所もろとも
直径50~100メートルにもなる大きな穴が開いてしまった。

有毒ガスの放出を食い止めるため、火を着けることになったが、
可燃性ガスが地下より絶え間なく吹き出るため、延々と燃え続ける事態となった。

その後、この穴を住民は「地獄の門(英語訳:The Door to Hell)」と名づけた
(日本語では「地獄の門」のほかに「地獄の扉」との直訳もされる)。

現時点ではこの天然ガスの燃焼を食い止めることは技術的にとても困難と判断され、また、天然ガスの埋蔵量自体が不明なため、今後いつまで燃え続けるのかもよく判っていない。

現在でも消火するための解決手段は無く、依然として燃え続けている。

[wikiより]



(↑なんだ、ほぼ人工ってことじゃあないか...まぁええか)

◇ ◆ ◇

その日は、この巨大な穴の近くで野宿。

20131004-00.jpg

大地に寝転がり、
炎に照らされオレンジ色になっている空を見ながら眠りにつく。

20131004-00.jpg

目の前に広がる信じられない光景を目の当たりにしながら、
時折吹きつける熱風に身をよじりながらのそこでの野宿は、
この旅で忘れられない思い出となった。

20131004-00.jpg

地球にはまだまだ知られざる光景がたくさんある。

旅に出る前、まさかこんな所があること、
そして自分がここに来ることになろうとは思ってもみなかった。

旅を続けてきて、正直何を見ても感動しなくなってきていた。

でも、ここで感じたものは明らかに他とは異質であり、
この旅において最も衝撃的な光景だったことに間違いない。

20131004-00.jpg

ここで出会った光景は、
自分が考えていた「旅」そのものの概念を覆すだけの威力があった。

もっとたくさん、こんな「信じられない光景」を見てみたい。

日本を出る前に抱いていた、純粋な感情。
オレンジ色のメラメラと燃える炎が、それを思い出させてくれた。

20131004-00.jpg

このガスクレーターをこの目で見てみたい!って思った方は、
下記をクリックよろしくお願いいたします!↓↓

ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
2013-10-04 : 【10】トルクメニスタン : コメント : 16 : トラックバック : 0 :

地獄の門/ガスクレーター(トルクメニスタン)への行き方まとめ

20131003-00.jpg

 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ベールに包まれた独裁国家、トルクメニスタン。
この国に入国できたからには、必ず行きたい場所があった。
というか、そこに行くためにこの国に来たと言っても良い。

目指すは、信じられない光景が広がっていると噂の場所。

◇ ◆ ◇

昼ごろ、南京虫が大量に出る宿を出発。
(⇒前回記事

20131003-00.jpg

近くのバス停でバスを待つ。

20131003-00.jpg

新しく綺麗なバス停

20131003-00.jpg

路線図があって分かりやすい。

20131003-00.jpg


と思いきや、トルクメン語で何書いてあるのかさっぱり。


13番のバスに乗ります。0.2マナト=7円。
★13番のバスは市内の見どころを回ってくれるので、
 乗っているだけでかなり楽しめます。


20131003-00.jpg

トルクメの女性は色鮮やかなドレスを身に纏っている人が多い。

20131003-00.jpg

バスに揺られて1時間ほど。

20131003-00.jpg

Gundogar Bazary(グンドガ・バザール)ってとこで降ります。

20131003-00.jpg

車がたくさん止まってる方へ歩いていくと、
とんでもない数のタクシーの客引き。
20人くらいのおっちゃんが一斉にこちらに寄ってきて、
すごい勢いで「どこ行くんだ?」みたいなこと言ってきました。

インド以来のウザさに懐かしさを覚えつつ...

けどだいたいみんな料金は同じっぽいので
適当に押しが強かったおっちゃんの車に乗車

20131003-00.jpg

グンドガバザール⇒デルウェゼ 1人20マナト=700円
トヨタのワゴンでかなり快適。

一緒に乗ってきた現地人が後ろにすんごい数の荷物を積んでた。

20131003-00.jpg

3時間でデルウェゼに到着。
チャイハナが数件あるだけの砂漠地帯です。

20131003-00.jpg

一緒に車に乗ってたトルクメ人

20131003-00.jpg

16時くらいに着いて、とりあえずなんか食べとこうかってことで

20131003-00.jpg

チキンとパン 5マナト=170円

あとコーヒー 1マナト=35円

20131003-00.jpg

2時間くらいゆっくりして荷物を置かせてもらい、
18時にチャイハナを出発。

20131003-00.jpg

情報は1つ。

「東に向かってひたすら歩け」

えーっと、いま夕方で、
太陽が西にあるはずだから、
東=自分の影の方向に向かって歩けばいいんだな、たぶん

20131003-00.jpg

誰も居ない砂漠を、ただひたすら歩く

20131003-00.jpg

自分の影だけが頼り

20131003-00.jpg

波紋

20131003-00.jpg



20131003-00.jpg

砂漠に咲く花

20131003-00.jpg

ひたすら砂。暑い...

20131003-00.jpg

30分くらいで線路が見えてくる

20131003-00.jpg

20131003-00.jpg

はしゃぐ

20131003-00.jpg

その後もひたすら砂漠

20131003-00.jpg

20131003-00.jpg

陽が落ちそう

20131003-00.jpg

20131003-00.jpg

20131003-00.jpg

落ちた

20131003-00.jpg

夕焼けに色づく波紋

20131003-00.jpg

暗くなってきた。先を急ごう

20131003-00.jpg

遠くの方で、何やら複数の黒い物体

20131003-00.jpg

怖いので遠くから回る

20131003-00.jpg

もうかなり歩いた。
実は水を1Lペットの半分くらいしか持ってこなかったんですが、
もうほとんど底を尽きてたんですよね...やばい。

20131003-00.jpg

靴の中に砂が大量に入ってくるし歩きにくい。

20131003-00.jpg

暗くなってきて怖い。

20131003-00.jpg

疲れた。

20131003-00.jpg

まだかなぁ...

20131003-00.jpg

その時だった。

遠くに不自然なくらい鮮やかなオレンジ色に光るエリアが見えてきた...!

20131003-00.jpg

20131003-00.jpg

こ、これは...!

20131003-00.jpg

次回、ここに来るために旅を続けてきたのかもしれない。お楽しみに!

ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング


【トルクメニスタン・ガスクレーター行き方】

 ◆アシュガバード HOTEL SYYAHAT
 ↓
 ↓ 13番バス 1時間 0.2マナト=7円
 ↓
 ◆グンドガバザール
 ↓
 ↓ 乗合ワゴン 3時間 20マナト=700円
 ↓
 ◆デルウェゼ(チャイハナ)
 ↓
 ↓ 東=自分の影方向にひたすら歩くこと6km、2時間弱
 ↓
 ◆ガスクレーター

  夕方6時にチャイハナを出発。
  着く8時くらいにちょうど暗くなってきて、
  炎の明かりで場所が分かる感じです。


クリックよろしくお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
2013-10-03 : 【10】トルクメニスタン : コメント : 17 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。