スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

世界遺産マチュピチュ関連情報まとめ:チケット・移動手段・費用・宿etc.(2014年2月)

20140318-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界一周ブログランキング


期待以上に神秘的な雰囲気を見せてくれ、
満喫することができたマチュピチュ。

今回のマチュピチュ訪問に関する情報を
ひと通りまとめておきたいと思います。
※以下、2014年2月現在の情報です


目次:

【1】チケット入手
【2】マチュピチュへ最も安く行く方法
【3】マチュピチュ村情報(宿ほか)
【4】雨季の天気
【5】マチュピチュ訪問にかかった総費用
【6】その他




【1】チケット入手


マチュピチュへの入場チケット入手方法は以下3通り。

1. クスコの文化庁で購入
2. インターネットで購入
3. 旅行代理店で購入



1. クスコの文化庁で購入

最もポピュラーな方法かと思います。

クスコのセントロ(中心地)から
そこまでの行き方がとても分かりやすいサイトがありましたので、
こちらを参考にされると良いかと思います。

◆マチュピチュチケット購入場所の文化庁の場所を細かく紹介するよ!
 http://ameblo.jp/akitanonatto/entry-11461302758.html

<チケット料金>

◇マチュピチュのみ 126ソル(4,580円)
◇マチュピチュ+ワイナピチュ 152ソル(5,520円)
◇マチュピチュ+マチュピチュ山 142ソル(5,160円)


※国際学生証を持参すると、それぞれ半額で買えるようです。
※カード払い可能。その場合手数料が5ソル(180円)別途かかります。
パスポートの提示が必要

・営業時間
 平日 8:00 ~ 12:00 、13:00 ~ 16:00
 土曜 8:00 ~ 12:00
 日曜・祝日休み

 朝早い時間に行ったら全然並んでなくてすぐ買えたのですが、
 昼以降に行くと混み合ってて相当待つとか。

・ワイナピチュセットの場合は、
 1日の人数制限が決まっているので早めに申し込んだほうが良いみたい。

・英語対応可能。

20140318-00.jpg
(文化庁チケット売り場の入口)


2. インターネットで購入

こちらのサイトから、クレジットカード決済で事前購入できます↓
http://www.machupicchu.gob.pe/

<注意点>
・サイトを英語表示に切り替えてしまうと、
 決済まで進むことができないようです。
 スペイン語表示のまま最後まで手続きを終わらせる必要があるみたい。
・国際学生証による割引は適用されません。


3. 旅行代理店で購入

クスコもしくは他のペルーの都市の旅行代理店でも購入可能。
チケット込みのツアーとかもあるみたい。
チケットだけの場合、文化庁で買うよりは手数料がかかると思われます。



【2】マチュピチュへ最も安く行く方法


マチュピチュの起点となる
【マチュピチュ村(アグアス・カリエンテス)】
までの行き方は、

1. 電車
2. バス+電車
3.バス+徒歩


の3通りがあるようですが、
一番安いのは3番のバス+徒歩

電車で行くと最低往復1万円はするそうですが、
バス+徒歩だと2,200円くらいで往復できてしまいます!!


<僕はこのルート・日程で行きました>

1日目◆クスコ 朝7:30発
    ↓
    ↓ ミニバン 8時間30分(※代理店にて往復60ソル=2,180円)
    ↓
   ◆水力発電所(イドロ・エレクトリカ) 15:50着
    ↓
    ↓ 線路の上を徒歩3時間
    ↓
   ◆マチュピチュ村(アグアス・カリエンテス) 19:00着

2日目◆マチュピチュ村(アグアス・カリエンテス)
    ↓
    ↓ バス 20分 28.12ソル=10ドル
    ↓
   ◆マチュピチュ入口
    ↓
    ↓ 徒歩1時間30分
    ↓
   ◆マチュピチュ村(アグアス・カリエンテス)

3日目◆マチュピチュ村(アグアス・カリエンテス)10:30発
    ↓
    ↓ 徒歩2時間30分
    ↓
   ◆水力発電所(イドロ・エレクトリカ) 13:00着/14:00発
    ↓
    ↓ ミニバンで5時間30分(※代理店にて往復60ソル=2,180円)
    ↓
   ◆クスコ 19:30着

クスコへの帰りのミニバンが14:00発だったので、
急げば1泊2日で行けないこともないですが
かなり駆け足なので体力的にもきつそう。
2泊3日が一番無理のない旅程かと思います。


クスコから水力発電所まではミニバン。

20140318-00.jpg

車窓からの眺めが美しい。

20140318-00.jpg

途中、標高4,200mの地点を通ったり、

20140318-00.jpg

崖沿いのガタガタな道を走ったりするので、

20140318-00.jpg

気持ち悪くなる人続出でした。

20140318-00.jpg

行きは8時間かかったのに、
帰りはなぜか5時間30分で帰ってこれました。


水力発電所からマチュピチュ村までは、
線路の上を歩いていく「スタンドバイミーコース」

20140318-00.jpg

自然を感じながらのウォーキングはなかなか心地良いです。

20140318-00.jpg

マチュピチュ村からマチュピチュの入口まではバス。

20140318-00.jpg

行きは登り坂だから相当きつそうだけど、
帰りはひたすら下りなので徒歩でも行けます。



【3】マチュピチュ村情報(宿ほか)

僕が泊まった宿はここです。
"LOS CAMINANTES"

20140318-00.jpg

4人部屋をシェアして、1人20ソル(730円)

20140318-00.jpg

マチュピチュ村に入ったところ、すぐ左手の建物2階。
wifiあり(ロビーのみ)、朝食なし。

ホットシャワーはものすごく温かくてgreat!
(でも他の人が行ったときは冷水しか出なかったとか...)

受付のおばちゃんは英語ができて、いつも親切。
なかなか良い宿でした。

マチュピチュ村にはたくさん宿があるので、
どっかしらには必ず泊まれるはずです。
安宿の平均が1人20ソル(730円)前後。


マチュピチュ村は物価が高いと聞いていたのですが、
水やお菓子などはクスコとさほど変わらず

レストランが多く、食事するのが高いです。
安いところで10ソル(360円)くらい。

20140318-00.jpg
(中華レストランで食ったチャーハン)



【4】雨季の天気

訪れたのが2月の雨季真っ只中だったため、
マチュピチュまでの道では途中から雨が降ってきました。

クスコの街なかでレインコートを5ソル(180円)くらいで売っていますので
持って行った方が良いと思われます。

20140318-00.jpg

マチュピチュに着いたときもめちゃくちゃ曇っていました。

20140318-00.jpg

が、数時間したら綺麗に晴れてワイナピチュが見え、
それ以降はずっと晴れていました。

20140318-00.jpg

だいたい朝早い時間は雲に覆われており、
午前11時くらいから晴れてくるパターンが多いようです。



【5】マチュピチュ訪問にかかった総費用

クスコから2泊3日で行ったマチュピチュ訪問の費用をまとめました。

<マチュピチュ入場料>
・マチュピチュのみ 126ソル(4,580円)

<移動費>
・クスコ⇔水力発電所 ミニバン往復で60ソル(2,180円)
・マチュピチュ村→マチュピチュ入口 バス 28.12ソル(1,025円)

<宿泊費>
・マチュピチュ村の宿 1泊20ソル×2=40ソル(1,450円)

<食費>
・お菓子/飲み物など 19ソル(690円)
・マチュピチュ村手前での昼食 7ソル(250円)
・マチュピチュ村での夕食 12ソル(440円)
・マチュピチュ村での夕食 10ソル(360円)

合計 10,975円 でした。



【6】その他

どうでもよすぎる情報なのですが、
マチュピチュ入口付近のレストランにはwifiが飛んでいました。

20140318-00.jpg


有料で、30分につき3ドルという高額っぷりでした!


◇ ◆ ◇


素晴らしいスペクタクルを見せてくれたマチュピチュ。

20140318-00.jpg

ぜひ皆さん、一度足を運んでみてください!

20140318-00.jpg

以上


ご質問などございましたらお気軽にコメントください!

役に立ったらクリックしていってね^^

ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
スポンサーサイト
2014-03-18 : 【18】ペルー : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

世界遺産マチュピチュ散策&バス情報

20140317-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界一周ブログランキング


クスコから車で約8時間、その後徒歩で3時間。
マチュピチュの麓にあるマチュピチュ村に着きました。
(⇒前回記事


1泊して、いよいよマチュピチュへ。

マチュピチュ村からマチュピチュの入口までは、バスが出ています。

20140317-00.jpg

前の日にチケットを買っておきました。

20140317-00.jpg

片道28.12ソル(=10ドル)、
往復だと53.43ソル(=19ドル)でちょっと安くなる。

20140317-00.jpg

行きは登り坂でしんどいって話だったのでバス。
帰りは下りでラクと聞いていたので歩きにしました。

バスは満員になり次第出発。
だいたいすぐいっぱいになるので10分おきには出てました。

20140317-00.jpg

すんごいグネグネした急な山道を登っていく。
歩きだとほんと相当キツそう

20140317-00.jpg

20分ほどで、マチュピチュの入場口に着きました。

20140317-00.jpg
ドキドキしながら歩を進めていく。

20140317-00.jpg

20140317-00.jpg

それにしても...

20140317-00.jpg

超絶曇っておる (((( ;゚Д゚)))

20140317-00.jpg

今日、もしかしてハズレなのかな...

20140317-00.jpg

でも雲の隙間から見え隠れする山並みも神秘的だ。

20140317-00.jpg

ワイナピチュに登る人たちは、
「○○時に入場」とかで時間を調整していましたが、
僕は登らないのでゆっくりマチュピチュを周れます。

20140317-00.jpg

ワイナピチュの入口

20140317-00.jpg

ここで待ち構え、
降りてきた人たちと一緒に写真に写ることによって、
あたかも自分がワイナピチュに登った感を演出することができます

20140317-00.jpg

さて、

元々遺跡はあんまり興味ない...

という僕。


(頑張って修復作業をするおじ様たち)

20140317-00.jpg

20140317-00.jpg

マチュピチュも例外ではなく、
そんなに期待していたわけでもなく、
完全に【ウユニ塩湖のおまけ】としか考えていなかった。


なので特に歴史なども調べず、
敷地内をぶらぶら散歩していました。

20140317-00.jpg

20140317-00.jpg

でも。。

ここマチュピチュ。


ものすごくソソる雰囲気だ。

20140317-00.jpg

見渡す限り360度山々に囲まれている。

20140317-00.jpg

20140317-00.jpg

その中に遺跡がある風景は、
やはり摩訶不思議であり、
とてつもなく神秘的なものがる。

20140317-00.jpg

観光客が大勢居ようが、
マチュピチュはそんなのにまったく左右されない、
どっしりとした「動かない」強さがある。

20140317-00.jpg

おい坊主。危ないぞ。

20140317-00.jpg

「ここからの写真、よく見る」

というスポットらしきところに来たのですが...

20140317-00.jpg

おい。

思いっきり雲に隠れとるやないか!!!\(^o^)/


曇りすぎオワタ\(^o^)/\(^o^)/



でも時間だけはある僕。
待つ覚悟はできている。

晴れるまで何時間でも待ってやろうではないか。

20140317-00.jpg

チョコレートなんかを口にしながら、
ここでしばらく待ってみることにした。


なかなか雲がどかず、ワイナピチュが見えない。

20140317-00.jpg

それでもひたすら待つと、日が差してきた。

20140317-00.jpg

完全に雲に隠れていたワイナピチュが
半分くらい見えてくる。

20140317-00.jpg

そしてこれまた待つこと数十分。

ついにワイナピチュがその姿を現した。

20140317-00.jpg

美しい。

この綺麗に見えたワイナピチュではなく、
今までの雲に隠れていたところから
だんだん晴れていくこの過程がものすごく美しいのだ。

ここでしばらくボーッとワイナピチュを眺めて、
空気を感じていた。

20140317-00.jpg

そしたら美女が寄ってきて...

20140317-00.jpg

一緒に記念撮影♪

別の女の子も。

20140317-00.jpg

マチュピチュでモテキ到来か?!

幸せすぎる。


ところでワイナピチュはよく見ると本当に尖がっている。

20140317-00.jpg

みんなよくこんな急斜面登るな。

20140317-00.jpg

↑なんとなく撮ったこの写真、拡大してみると...

20140317-00.jpg

なんと、このところ一緒に行動している
マリコさんとエミさんが居た(笑


最後はワイナピチュを降りてきたみんなと合流。

謎のポーズをかます。

20140317-00.jpg

20140317-00.jpg

一体感を演出

20140317-00.jpg

そして...











20140317-00.jpg

ここマチュピチュでもやはり!

不思議な力が働いており、
4人同時に空中浮遊することができました



◇ ◆ ◇


そんなに期待していなかったマチュピチュ。

20140317-00.jpg

表現力が乏しすぎて申し訳ありませんが、

20140317-00.jpg

ものすごく

20140317-00.jpg

ものすごく

20140317-00.jpg

ものすごく良かったです。

20140317-00.jpg

やっぱりマチュピチュいいね!行ってみたい!
と思ったらクリックしていってね^^

ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
2014-03-17 : 【18】ペルー : コメント : 5 : トラックバック : 0 :

マチュピチュ村への道:線路を歩いていく「スタンドバイミー」コース

20140316-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界一周ブログランキング


クスコからマチュピチュに向けて出発。
ところが、16時までに入場しなければならない
水力発電所からマチュピチュ村への徒歩ルートに、
16時ぴったりに着いてしまいました。
(⇒前回記事

20140316-00.jpg

果たして入れるのか...

20140316-00.jpg

パスポート番号や名前を記入し、

20140316-00.jpg

問題なく入れました♪
(すみません、前回引っ張るほどでもなかったですよね)

でもおそらくここは16時以降は入れないはず
ミニバンが途中もっと遅れていたらどうなっていたか分かりません。


何はともあれ、無事マチュピチュ村に向けて出発。

さっそく線路と、ペルーレイルの車両が見えてきました。

20140316-00.jpg

20140316-00.jpg

20140316-00.jpg

マチュピチュへの道は、この線路上を歩くという
「スタンドバイミー」コースが定番化しています。

20140316-00.jpg

ちょっと近道で線路をはずれ

20140316-00.jpg

ジャングルの急な坂を上る

20140316-00.jpg

そしてまた線路へ。

20140316-00.jpg

ここからはもうほんとひたすら線路の上を歩くのみ。

20140316-00.jpg

たまに、普通に線路の上を列車が走ります。
みんな慌ててよける。

20140316-00.jpg

いってらっしゃい♪
我々は後から追いかけますよ。

20140316-00.jpg

雄大な山々に囲まれた線路の上を歩くのは、
なかなか気持ちが良い。

20140316-00.jpg

20140316-00.jpg

20140316-00.jpg

基本的には平坦な道ではありますが、
かすかにずーっと登り坂になっているので
地味に疲れたりもしますが。

20140316-00.jpg

途中から雨が降ってきたのでレインコートを着用。

20140316-00.jpg

ジュディ・オングみたいになりました(古い?)


雨で塗れてる線路の下には濁流。滑ったら命取りです。

20140316-00.jpg

ほんっっとにひたすら線路。なんだけど
実際線路の上を歩かなければいけないのはわずかな区間で、
あとは線路脇の歩きやすい道を歩いてた。

20140316-00.jpg

途中2つトンネルを通らねばなりません。

20140316-00.jpg

真っ暗だし、渡ってる途中に電車が来たら逃げ場なし。
(ヘッドライトor懐中電灯必須)

20140316-00.jpg

だんだん暗くなってきて、心配になってきた。

20140316-00.jpg

歩いても歩いても、たどりつかない。


こういう平坦で長い道は、
音楽を聴きながら歩幅を合わせて
テンポよく歩いていくと楽しく速く歩けて良いです。

ちょっと早め(bpm125前後)の
この曲なんかを聞きながら歩いていました。気持ちいい。


この曲、ほんと人生のテーマ!


あれだけ長かった道も、
音楽を聴いたらほんとあっという間に感じた。

歩き始めて2時間30分ほどで、
マチュピチュ村らしき明かりが見えてきたときは
ものすごくホッとした。

20140316-00.jpg

そして無事、午後7時頃に
マチュピチュ村(正式名称:アグアスカリエンテス)へ到着。

20140316-00.jpg

村に入ってすぐ、左手の建物2階にある宿に入りました。
(宿情報は一番下に記載しています)

20140316-00.jpg

一息ついて、ご飯を食べに行く。

マチュピチュ村は高いレストランが多いのですが、

20140316-00.jpg

その中でもまぁまぁ安かったAMAZONASという中華料理にしました。

20140316-00.jpg

ワンタンスープ麺と、

20140316-00.jpg

チャーハン麺。

20140316-00.jpg
↑これ、麺ない方が美味しいんじゃないかと思った...

2つで12ソル(440円)

床で遊んでるふうせんボーイがかわいい。

20140316-00.jpg

けどばっちいぞ。


マチュピチュ村は物価がクスコの2~3倍もする。

なんて話を聞いていましたが、
水や食料などの値段はほとんどクスコと変わらず。

クスコと似たようなお土産もたくさん売っているのですが、

20140316-00.jpg

値切り交渉するとかなり下がる。
むしろクスコより安くなるような気がしました。

僕はこのニット帽を購入。

20140316-00.jpg

言い値15ソル(550円)が
10ソル(360円)まで下がりました。もっと下がるかも。


さ、いよいよ明日はマチュピチュへ。
期待が高まります!



ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング


【マチュピチュ村(アグアスカリエンテス)の宿:LOS CAMINANTES】

20140316-00.jpg

4人部屋をシェアで、1人20ソル(730円)

20140316-00.jpg

マチュピチュ村に入ったところ、すぐ左手の建物2階。
wifiあり(ロビーのみ)、朝食なし。
ホットシャワーはものすごく温かくてgreat!
受付のおばちゃんは英語ができて、いつも親切。
なかなか良い宿でした。


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界一周ブログランキング
2014-03-16 : 【18】ペルー : コメント : 5 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。