スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ポカラ(ネパール)安宿と日本食情報

20130531-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ポカラに到着して、
バスを降りた途端に超ウザい客引きの男たちに囲まれたりりー。

20130531-00.jpg

10分経っても、どの男も1歩も引こうとしません。

20130531-00.jpg

20分経ってようやく、一番押しの強かった1人の男が残り、
そこに決めることに。

値段はどこも同じで、2ベッドのホットシャワー・wifi付きで500ルピー(580円)。
カトマンズよりも安いです。

宿までタクシーで無料で連れてってくれました。

20130531-00.jpg

20130531-00.jpg

部屋はまあまあ綺麗。wifiも良好。
※宿情報は記事の一番下に載せてます。

20130531-00.jpg

と、思いきや、後々いくつか問題が発生するのですが...

屋上からの眺めはなかなか!

20130531-00.jpg

天気がもっと良い日は、ここからヒマラヤが見れるんだとか。

20130531-00.jpg

20130531-00.jpg

キッチンも付いてて、自炊可能!
と思いきや、使う場合は100ルピー(115円)払えとのこと...

20130531-00.jpg

ロビーの池には鯉が泳いでます。
なんか狭くて水が少なくて可愛そう...

20130531-00.jpg

その隣で宿のおばちゃんが大胆な寝方を披露しています。

20130531-00.jpg

この子はおばちゃんの息子(だと思われる)

20130531-00.jpg

この辺の宿はどうやら家族経営が多いみたい。

僕、何か雑談してます。

20130531-00.jpg

内容まったく覚えてないのですが...

20130531-00.jpg

とりあえずチェックインして一息ついたところで、腹減り!
メシを求めてさまよいます。

20130531-00.jpg

20130531-00.jpg

ちょっと歩くだけで、湖と山に出くわします。

20130531-00.jpg

ポカラ、めちゃめちゃ落ち着くかも...長居の予感。

20130531-00.jpg

20130531-00.jpg

ここで、宿の問題1つ目が発覚。

この宿、客引きに「ポカラの中心地にある」と説明を受けたのですが、
だいぶ中心地から外れたところにありました...!

ポカラはレイクサイドとダムサイドの2つのエリアからなっていて、

レイクサイド ⇒ お店・レストランが豊富で便利。
ダムサイド  ⇒ レイクサイドに比べ静かで、宿代が安いが若干不便な立地。

のような特徴があります。

ここの宿は、ぎりぎりレイクサイドと言える位置にあるものの、
中心地まで歩くと20分くらい。
まぁでも歩くのも楽しいからいっかぁ...。

中心地から外れているとは言え、
目的のレストランは近くにありました。

20130531-00.jpg

ディビィ・モモ。
なんとここ、日本食・韓国料理・中華なんでも揃ってるんです...!

日本語メニュー。

20130531-00.jpg

この絶妙な加減の平仮名表記が落ち着きます。笑

20130531-00.jpg

しょうゆあり

20130531-00.jpg

マンガあり(チョイスが渋め)

20130531-00.jpg

こいのぼりあり

20130531-00.jpg

ここの名物となっている餃子を頼んでみた。
厨房を覗いてみる。

20130531-00.jpg

注文されてから1個1個手作り。

20130531-00.jpg

その為、出てくるまでけっこう時間がかかります(30~40分)。

20130531-00.jpg

20130531-00.jpg

出てきた餃子はめちゃめちゃでかい!
日本でよく見る通常サイズの3倍くらいはあろうか。

20130531-00.jpg

厚めの皮と中にぎっしりと詰まった肉。
ボリューム満点で、6個で充分腹いっぱいになりました。

ナスの味噌炒め定食もうまかった!

20130531-00.jpg

ここ、他にもたくさん日本食メニューがあって、
滞在中毎日のように通っていました。


その晩、宿の問題2つ目...

バスルームに、ゴキ(中サイズ)が出現。
※この名前を呼ぶのも嫌なので、以後シャンティと呼ばせていただく。

何度出くわしてもこいつらに慣れません...

まぁ1匹くらいならありえるよねってことで、
ということでその晩は寝ようと思ったところ...

大型のシャンティがさらにベッドの上に1匹出現...
仕留めようと思ったら、ベッドの下に隠れてしまい。
夜の12時くらいだったかと思いますが、
宿の奥さんを呼びに行くりりー。

「あぁ、それかい...」みたいな感じで眠そうに目をこすりながら出てきた奥さん。
部屋に入って、スプレーを撒いてくれました。
その瞬間にベッドの下から出てきた奴を、
なんと手でグニャリ!

ひぇえええ~~~
つ、強い。。そしてその感触を想像しただけで、鳥肌がぼわぁぁ~~

手を洗って、おやすみ~と奥さん。
これでひとまず安心して寝れますな...


そして翌朝。
2匹も出たし、宿変えた方がいいかな?
でもやっぱ1回荷物広げると変えるのが面倒だよね、いっかぁ...
と話していた矢先、

また別のシャンティがベッドの上に出現!!

僕のサンダルの裏で仕留めて、
満場一致で「宿変えよう」ということになり、
さっさと身支度をしてこの宿とおさらばしました。

ところが次の宿も、ベッドのマットレスの下から中サイズが同時に3匹も出現。
そして夜中もでっかいのが1匹出ました。。

聞くところによると、
雨季入りたてのこの時期(5月後半)くらいは、
ネパールでシャンティが最も発生しやすい時期なんだとか。

思えばカトマンズで泊まった宿でも3匹出くわしました。

こいつに出くわしてから、どこに入るにしても、
まずシャンティが居ないかっていうことを確認することから始まりました。

部屋に入るとき、レストランで座るとき、道を歩いているとき。
そうすればするほど、遭遇率が増すという悪循環。
もはや病気です。シャンティ恐怖症。

どうしてこんなに嫌いなのか。
夜中2時半にシャンティに出くわしたあと、僕は眠れず、
【ゴキブリ 克服法】でググる。

そしたら、

・他の虫と同じだと思うこと
・とにかく慣れ。画像を毎日見て慣らしていく
・何も害はないから大丈夫


などの解決方法が紹介されてました。

中でもユニークだったのが、

・「『ゴキブリ』という名前が駄目なんだと思い、
 『フランソワーズ』とか『ジョセフィーヌ』とか呼んでみて恐怖感を無くそうと思って
 実践しましたが無理でした。」

 というもの。

試しに今回この記事で別名で読んでみましたが、
僕の心は平静を取り戻すことはありません。

もう、こいつらから逃れられない...
ネパールは大好きなのに、
そう思うと絶望的な気持ちになるのでした。

世界一周中の皆さんは、
各国で出くわしているかと思いますが、
どのように対処&克服していますか?


次回は...
半日トレッキング。

ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちらをクリック

世界一周ブログランキング

【宿情報(ネパール/ポカラ)】HOTEL U&I

20130531-00.jpg


ダブルベッド・wifi・ホットシャワー 500ルピー(580円)
りりーとシェアで、1人250ルピー(290円)

wifiも良好で、停電でも電気が付いている。
シャンティを3匹排出したことと、
中心地から離れているのがマイナス。

評価★★★☆☆(3.4)


クリックよろしくお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
2013-05-31 : 【03】ネパール : コメント : 3 : トラックバック : 0 :

カトマンズ⇒ポカラ(ネパール)バス移動情報

20130530-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

今日はネパールの首都カトマンズを離れて、
自然豊かな街、ポカラへ移動する日。

朝6:20に宿を出発。
シャッターが閉まった静かな通りを歩いていきます。

20130530-00.jpg

10分ほどで、ツーリストバスが停まっている場所に。

20130530-00.jpg

ずらーーーっとバスが並んでおり、その数20台ほどはあったか。
おそらくほとんどがポカラ行き。

20130530-00.jpg

バスの前で、「ポカラ?ポカラ?チケット取った?」と、
必死で聞いてくる兄ちゃんたち。

僕らは前日にチケットを取ってたので、
「オープンハートっていうバス会社なんだけど」って言ったら、
違うバス会社の兄ちゃんは「あっちだよ」と素っ気なく教えてくれました。

チケットを持たず当日ここまで来てもその場で買えるのですが、
めちゃくちゃふっかけられるみたい。

前日予約でカトマンズ⇒ポカラが500ルピー(580円)だったのですが、
当日来た人は12ドル(1,200円)とか言われてました!
何社もあるのでその場で競わせれば安くなりそうですけどね。

これがオープンハートのバス。

20130530-00.jpg

ツーリストバスはなかなか綺麗。

20130530-00.jpg

20130530-00.jpg

前の座席との感覚も広い。

20130530-00.jpg

僕が今まで乗ってきたバスの中で一番快適かもしれないです。

出発前、窓の外でりりーがおっちゃんに何やら売りつけられてました。

20130530-00.jpg

なかなか楽しそう。

20130530-00.jpg

結局何も買わず、何故か肩を揉んであげてました。

20130530-00.jpg

バスは6:50、定刻10分前に出発!
客が半分も乗ってません。最後まで満席になることはなかったです。

20130530-00.jpg

車内で朝ごパン

20130530-00.jpg

なんとミネラルウォーター1本プレゼントのサービス!

20130530-00.jpg

10分も走らないうちに、綺麗な山々が見える風景になります。

20130530-00.jpg

20130530-00.jpg

20130530-00.jpg

山を下っていくので道は悪くガタガタなのですが、
この景色を眺めながらの移動はそれを感じさせないくらい良かったです。

20130530-00.jpg

20130530-00.jpg

★カトマンズ⇒ポカラは、進行方向むかって右側に景色が見えます。
 左は山側なので何も見えません。
 ポカラ⇒カトマンズは、逆に左側に座る。

20130530-00.jpg

20130530-00.jpg

棚田やその向こうに見える山々の景色に癒されながらウトウトしていると、

ボンッ!!!という破裂音が!

何か爆発でもしたのかと、車内が騒然となります。

係員が様子を見に行ったら、ただのパンクでした...
インド、スリランカでは頻繁にバスのタイヤがパンクしてたのですが、
ここネパールでも同じみたいですね。

パンクしたタイヤでガタガタ山道を走ります。

20130530-00.jpg

ちょうど近くに休憩ポイントあり。

20130530-00.jpg

そこで止まって修理してました。

20130530-00.jpg

20130530-00.jpg

タイヤ、こんなことになってました...

20130530-00.jpg

これ、パンクの領域を越えてない?むしろ【破裂】だよ。

20130530-00.jpg

トイレを済ませます。「ドネーション」だったので払いませんでした...

20130530-00.jpg

売店で売っているものを見てみましたが、超絶値段が高い!

20130530-00.jpg

アイスやスナック、冷たいドリンクなど、
街で売ってる値段の倍(=ほぼ日本と同じくらいの価格)しました。

20130530-00.jpg

タイヤの修理を終え、さらにバスは進みます。

20130530-00.jpg

りりーさん、すごい寝方してます...

20130530-00.jpg

長渕剛か!

20130530-00.jpg
出典:www.kasi-time.com


そんなこんなで出発してから7時間、14時にポカラに到着。

バスから見えるこの風景...

20130530-00.jpg

何ここ?空港??

バスを降りた瞬間、男どもに囲まれるりりー。

20130530-00.jpg

どうやら、ホテルの客引きのようです。

20130530-00.jpg

こいつら、本当に勢いがありすぎで、
インド含め今までで一番ウザかった!

20130530-00.jpg

さっさと逃げれば良かったんですが、
特に宿も決めてなかったので、話だけ聞こうと思ったら
次から次へと男どもが好き勝手に話すから、こっちから質問できない状態。

20130530-00.jpg

僕の方にも男たちが来ましたが、
「ぜんぶあっち(りりー)に言って」と言い、
りりーに男たちを集めてました(笑)

おかげでこんなうざファニーな動画が撮れましたよ。



無事宿に辿りつけるのか...

(つづく)

ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちらをクリック

世界一周ブログランキング
関連記事
2013-05-30 : 【03】ネパール : コメント : 3 : トラックバック : 0 :

カトマンズ(ネパール):バックパッカー天国まとめ

20130528-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

恐らく世界中のパックパッカーたちが
「居心地がいい」と声を揃えるであろう、
ネパールの首都カトマンズ。

今回はその理由を独断と偏見でまとめてみました。

バックパッカー天国カトマンズは...





■旅人っぽいアイテムが格安で手に入る

20130528-00.jpg

旅人が好きそうなテイストの服、バッグ、帽子、アクセサリー、その他がたくさん、
しかも交渉次第で、驚くような価格で買えちゃいます。

この帽子はなんと100ルピー(120円)!!

20130528-00.jpg

値切り方などについては、下記記事をご参考ください。

【参考記事】こちら



■アウトドアグッズも格安で手に入る

20130528-00.jpg

トレッキングに向かう人も多いため、
そこらじゅうにアウトドアグッズの店があります。
これらも日本の1/10ほどの値段で入手可能!

この速乾Tシャツを350ルピー(400円)で買いました。

20130528-00.jpg

バックパックカバーなんかも手に入りました。

【参考記事】こちら



■種類が多すぎるほどのグルメが揃っている

20130528-00.jpg

何といっても日本食レストランが多く、クオリティも高い。
それだけじゃなく、お洒落カフェ、イタリアン、中華、ネパール料理...
ここに居れば、毎日美味しいものが食べれるので、
まず【食に困る】ということがありません。

個人的カトマンズNo.1日本食、ロータスのカレーライス

20130528-00.jpg

ネパール料理のモモも旨いぞ

20130528-00.jpg

この辺は、下記記事にランキング形式でまとめました。

【参考記事】こちら



■宿代が安い

20130528-00.jpg

安宿はカトマンズのタメル地区に集中していますが、とにかく安くて質が高い。
インドに比べても圧倒的に安いです。

僕とりりーは、wifi・バスルーム(ホットシャワー)付きの
2ベッドルームをシェアしていました。
600ルピー(700円)の部屋なので、1人あたり1泊350円。
長居しても全然痛くない金額なのでした。

【参考記事】こちら



■人が優しく親切で、しつこくない

20130528-00.jpg

どの人も道を聞いたら親切丁寧に教えてくれます。
みんなベースが「ウェルカム」、
そして商人も全然しつこくない。
1回断ったらだいたい諦めてくれるのが、インドと大違い。

このおかげで、本当にストレスの無い滞在が可能となりました。

現地の方のお宅にお邪魔したときも、本当に優しさが身にしみました。

20130528-00.jpg

【参考記事】こちら



■バックパッカー同士の出会いの場である

20130528-00.jpg

世界中のバックパッカーがここカトマンズに集まります。
日本人もたくさん。

僕はここで、以前から会いたかった同じく世界一周ブロガーのふみくん
会うことができました...!

そして、この日本人向け旅行会社、
地球の歩き方が揃ってたり、バックパッカーが集まって
いろいろな情報交換が可能です。

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

カトマンズはこうした出会いの場、情報交換の場でもあります。

【参考記事】こちら



■古都の街並みが落ち着く

20130528-00.jpg

バックパッカー向けのエリア、タメル地区から10分も歩けば、
古き良き寺院が街なかにたくさんあるエリアに至ります。

20130528-00.jpg

気軽に散歩できるのが魅力。
とにかくここを歩いていると落ち着くんです。

20130528-00.jpg

【参考記事】こちら

= = = = =

カトマンズには、意外なことに4日間しか居ませんでした。

それを12もの記事に分けて、ここまでお届けしてきました
(どんだけ引き伸ばしてんだよっつーね)。

とにかくカトマンズは居心地が良く、何でも揃っている場所でした。
これだけ揃って他に何が要る?

何も考えなければずーーーっと居れる。
滞在していてストレスがほとんどない。

インドから来た僕にとっては、本当に天国みたいな場所だったのでした...

以上、カトマンズまとめでした!


次回は...
長かったようで実は短かったカトマンズ生活から、自然豊かなポカラへ移動。

ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちらをクリック

世界一周ブログランキング
関連記事
2013-05-29 : 【03】ネパール : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

パタン(ネパール)で現地人のお宅にお邪魔する

20130528-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ネパール・パタンのローカル食堂で、
隣に座っていた子持ち女性のお宅に付いていくことになりました。

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

ついてきて~って。

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

どこを歩いても、いい感じに古びた街並みが続いています。

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

こんなギャグみたいな顔したのも。

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

歩くこと10分ほど。

20130528-00.jpg

お宅に到着しました。

20130528-00.jpg

恐る恐る中に入ります。

20130528-00.jpg

部屋の中はベッドが2つ置いてあり、
キッチン・テレビがあるシンプルなつくり。

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

それにしても、この子かわいい。

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

ベッドの上の風船で遊んでた。

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

飲み物を出されました。

20130528-00.jpg


まさか睡眠薬入りでは...
と思いつつも、この子が飲んでたんで大丈夫だろう...と思い、飲んじゃいました。

20130528-00.jpg

大丈夫でした。ただの炭酸飲料(マウンテンデュー)でした。
疑ってごめんなさい。

ここで彼女の弟が登場。

20130528-00.jpg

何か切ってます。

20130528-00.jpg

マンゴーらしいです。

20130528-00.jpg

食べて!って。

20130528-00.jpg

すごく嬉しかったんですが、
このマンゴー、めちゃめちゃ酸っぱかった!

20130528-00.jpg

そして右側の調味料みたいなのが
わさびのような味だったけど100倍辛かった!

ちゃんと食べれなくてごめんなさい。

僕らはバスの時間があったのでそろそろ失礼させていただこうかと。
そう告げると、「もう行くの?泊まってってよ~」と。

「ごめんね、今度ネパールに来たらね」と返す。

りりーは鶴を折ってプレゼント。

20130528-00.jpg

短い時間だったけど、
現地の人のお宅にお邪魔してコミュニケーションが取れた、貴重な時間でした。

20130528-00.jpg

本当にウェルカムな感じで、
最初ちょっと疑っていた自分を情けなく思ってしまった。

20130528-00.jpg

そして名前、聞いたんだけど忘れちゃった...

帰りは弟がバスステーションまで送ってくれることに。

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

けっこう歩きました。

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

自分たちだけだったら、たどり着くのに人に聞きながら...を繰り返して、
相当時間がかかっていたことでしょう。

20130528-00.jpg

ありがとう、弟!名前忘れてごめん!

20130528-00.jpg

観光地ばっかり巡ってると、
本当の現地の暮らしってなかなか触れることができないですよね。

今回、特に田舎の方に行く予定はなかったので、
とてもいい機会になりました。

今後他の国に行っても、
現地の人と密接に関わる経験も積極的にしていきたいなと感じました。

次回は...
バックパッカー天国カトマンズ総まとめ。

ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちらをクリック

世界一周ブログランキング


【おまけ】

カトマンズの街で、日本語の書籍オンリーの古本屋さんを発見。

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

さながらブックオフ!

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

20130528-00.jpg

カトマンズには日本語が溢れていて、
日本語を喋れるネパール人も多すぎて、
日本食レストランがそこらじゅうにあって...

20130528-00.jpg

もうここは第二の日本でしかないです。笑

クリックよろしくお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
関連記事
2013-05-28 : 【03】ネパール : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

パタン(ネパール)街歩き・その2

20130527-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

カトマンズからバスで1時間ほどの場所に、古都パタンはあります。

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

カトマンズと同じく、街の中心はダルバール広場。

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

たくさん寺院が建ち並んでいますが、
カトマンズのそれより色使いが落ち着いており、
さらに奥ゆかしく「古き良さ」が際立っている印象。

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

やっぱり京都の雰囲気がする。

20130527-00.jpg

ここのダルバール広場に入場するのに、
外国人は500ルピー(580円)も払わなければならないと書いてあります。

20130527-00.jpg

カトマンズみたいにスルーできたりしないかな...
と思ってたら、やっぱりスルーできました!
580円なんて高すぎるもんね。

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

やはりここでもくつろぐ現地の人々。

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

この人たちを見てるだけで落ち着く。

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

広場の中には、「ネワールの飲み屋」という
看板が出ていない小さな店があります。

20130527-00.jpg

外からではまったく分からず、人に聞きました。
このお土産物屋のすぐ左側。

20130527-00.jpg

中に入ってみると、中央で何かを焼いている女性。

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

これは何だろう。

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

おいしそう...

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

頼んでみた。1個 40ルピー(45円)

20130527-00.jpg

アツアツで、うまい!
卵焼きに肉が入って、塩コショウのシンプルな味付けがされたもの。

これはウォーといって、
ネパール風お好み焼きなんだそう。

パタンに来たら、是非食べてみてください。

20130527-00.jpg

このお好み焼きだけだと腹が満たされなくて、
さらに何か食べ物を探し求めて歩く。

20130527-00.jpg

さすらい さまよい さがしもの 状態。

20130527-00.jpg

お洒落なカフェとかあるけど、高そう

20130527-00.jpg

と、ここでローカル食堂発見

20130527-00.jpg

チョーメン(焼きそば)がうまそう!
おっちゃんの手際も良し

20130527-00.jpg

「これ入れるよ!」ってね

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

てなわけでチョーメン注文。25ルピー(30円)と安し。

20130527-00.jpg

チョーメンはどこで頼んでも間違いないね。うまい。

20130527-00.jpg

モモもたくさん作ってました。

20130527-00.jpg

隣の席に、子連れのマダムがいらっしゃいました。

20130527-00.jpg

食べ終わると、「うちに来て!」と。
ほとんどネパール語で理解できず、
ちょっとだけ英語で喋ってくれたので何とか理解しようとしたら
たぶんそういうこと言ってたのだと思う。

子どもも連れてるし、
このローカルレストランでたまたま会っただけだし...
何よりこの子が可愛すぎる...

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

付いていってみようか?
でもどこかで「怪しい...」という思いも拭えず。。

20130527-00.jpg

20130527-00.jpg

次回は...
この女性のお宅に付いて行くことに...

20130527-00.jpg

本当に大丈夫か?睡眠薬入りの何かを飲まされたりしないか??

ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちらをクリック

世界一周ブログランキング

【おまけ】

パタンの街で、深キョンを発見しました。

20130527-00.jpg

田中麗奈嬢も。

20130527-00.jpg

日本人女優はネパールで人気なんでしょうか?

クリックよろしくお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
関連記事
2013-05-27 : 【03】ネパール : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

パタン(ネパール)街歩き・その1

20130526-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

りりーがネパールの次に行く国、ミャンマーのビザを取りに行くというので、
ついて行くことにしました。

20130526-00.jpg

パタンという街の近くに、ミャンマー大使館があるらしい。
カトマンズ・タメル地区からそこに行くバス停まで、歩くこと20分。

20130526-00.jpg

途中、宮殿風の建物がありました。

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

こんな紫の花も咲いていた。

20130526-00.jpg

人に聞きながら、乗ることになったバスはコレ。

20130526-00.jpg

なにこの目?超かわいんですけどー

ネパールのローカルバスはどこ行くにしても超混んでます...

20130526-00.jpg

バスん中で暇なんで、オセロやってました。

20130526-00.jpg

ネパールのSIMカードをゲットしたので、
こういうときにネットもできて便利です。

所要40分ほどで目的地到着。

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

コンビニの店員さんに道を聞いたら、親切に教えてくれました。

20130526-00.jpg

幅が広くて綺麗な道を歩いていきます。

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

この辺は静かで人通りが少ない。

20130526-00.jpg

目の前には住宅街が広がっていました。多摩プラーザ的な?

20130526-00.jpg

ミャンマー大使館発見。

20130526-00.jpg

中は撮影禁止。

ミャンマービザの申請用紙にははかなり細かいところまで書かなければならず、
髪の色やら瞳の色、などの欄もありました。

ミャンマーはピン札のドルしか受け付けてくれないことで有名ですが、
ここのビザ代を支払うときも、少しでも皺や折れ曲がっているドル紙幣は
受け付けてくれませんでした...厳しい!


ミャンマービザの申請を終え歩いていると、
サーティワンアイスクリーム発見!

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

こんなところにもあるんですね。
客来るのか?ってところに建ってます。

覗いてみたら、なんとこのあり様。

20130526-00.jpg

アイスが空っぽじゃああーーーりませんか!
停電の為、ここには入れないそうです...

じゃあどこに入ってるの?と辺りを見回すと...あった。

20130526-00.jpg

停電のダメージを受けない隣のボックスに山積みにされてます。笑
でも、こんな感じで直に入ってます...

20130526-00.jpg

試食させて~っつって。

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

このチョコアイスにしました。
シングル90ルピー(105円)で、日本よりだいぶ安い。

20130526-00.jpg

りりーと半分こしました。

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

ここから【パタン】という歴史的な街まで、
バスで10分くらいとのこと。

さっき降りたバス停に戻ってバスを待ちます。

20130526-00.jpg

ネパーリーハットを被ったおじいちゃん2人がかわいい。

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

こんなかわい子ちゃんたちも。

20130526-00.jpg

バスに乗って、パタンで下車。

20130526-00.jpg

何かの祭りの準備をしてます。

20130526-00.jpg

高いところに男たちが登ってる。

20130526-00.jpg

ここパタンも、古き良き建物が立ち並ぶ。

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

カトマンズ同様、街の中に寺院がたくさんあります。

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

洋服店が多く、そしてなぜかイカしたマネキンが多い!

というわけで、ここで、

【マネキンコレクション】

エントリーNo.1 スキンなのに完璧な眉毛

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

エントリーNo.2 軍隊所属

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

エントリーNo.3 女なのにスキン

20130526-00.jpg

エントリーNo.4 両手がない&首を吊られている

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

エントリーNo.5 前髪カットに失敗しすぎ、もしくはヅレすぎ

20130526-00.jpg

エントリーNo.6 目がイッちゃっている

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

20130526-00.jpg

皆さんのお気に入りはどれですか??


ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちらをクリック

世界一周ブログランキング
関連記事
2013-05-26 : 【03】ネパール : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

カトマンズ(ネパール)のかわいい雑貨特集

20130524-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

今日はカトマンズでお買い物。

ここカトマンズには、バックパッカーだったらヨダレだらだらの
商品がたっくさんあるのです。

旅人っぽい洋服たちに、

20130524-00.jpg

20130524-00.jpg

かわいいバッグたち

20130524-00.jpg

20130524-00.jpg

アクセサリー類

20130524-00.jpg

何かと使える布

20130524-00.jpg

中でも店の数が多いのが、アウトドアグッズの店。

20130524-00.jpg

20130524-00.jpg

3件に1件くらいはこれです。笑

20130524-00.jpg

日本と素材が違くて安く作られているのかどうか分かりませんが、
とにかく日本より劇的に安い!
おそらく1/10程度の価格で手に入ります。

20130524-00.jpg

僕もこのお姉さん方のところで、
前から欲しかったノースフェイスのトレッキングパンツ
(ファスナーで短パンにも長パンにもなるもの)を買いました。

20130524-00.jpg

ここでオトクなお買い物をするための流れをご紹介いたしましょう。

(1)1件目で決めない

どこの店にもまったく同じものが売ってますが、
「いくら?」って聞くと、言ってくる値段が違います。

なので、何件か周って一番安いとこにしましょう。
くれぐれも1件目で決めないこと。
僕は10件くらい回りました。


(2)自分でも驚くほどの値下げに試みる

向こうが言ってきた金額でOKなんてありえない。
そこからがくーーーんと値下げすることが可能なのです。

僕はトレッキングパンツ、言い値が2,500ルピー(2,900円)だったのですが、
「他の店は900って言ってたし、750じゃないと買わないな~」
とか言ってみます。
※実際他の店で値切っても900ルピー(1,050円)くらいでした。

そうすると相手は露骨に嫌な顔をして、
「No possible!」とか言ってきます。

★1ネパールルピー=1.17円くらい(2013年5月24日現在)
 なので、100ルピー=117円くらい。
 日本円よりちょい高いくらい、と見ていただければと思います。
 以下、すべてネパールルピーの金額で表記します。



(3)一旦店を出る(フリをする)

「あ、そう。無理ならいいや~」って言って店を出ます。
そうするとほぼ確実に引き止めてきて、
「いいよ!850で!」とか言ってきます。


(4)最初に言った金額は何が何でも曲げない

「850だったらいいかなぁ」って思っても、
初めにこちらが言った金額750を変えない。

根気良くずっと「750。750じゃないと買わない。」
とか言って、また店を出るフリをしてみたりして...を繰り返すと、
だいたい最終的に向こうが折れて、
「仕方ないねぇ...750でいいよ...」となります。

もし店を出るフリをして向こうが追ってこなくても、
類似点は山ほどある!さっさと次をあたりましょう。


ちょいっと面倒で時間もかかりますが、慣れてくると結構楽しいし、
値切った分「食べ物贅沢できるラッキー♪」などの心境に浸れます。

もちろん値切る金額は「自分が買ってもいいかな」って思える金額ですが、
それより更に一歩踏み込んで下げてみることによって、
多少無理は生じますが絶対にトクをするはず。


この速乾Tシャツも購入(言い値900⇒値切って350)

20130524-00.jpg

⇒その後、他の店で最初っから250で売ってるのを見てしまいました...
 もったいね!そして、900ってどんだけふっかけてんだよ!!

このTシャツ、本当にすぐ乾くしサラッサラで着心地バツグン!
トレッキングに最適かと思われます!

僕、気づいたらこの抹茶色のTシャツばっかり...これで3枚目。
街で抹茶色のうごめいてるものを見かけたら、十中八九僕です。


そして、僕が旅の途中で紛失したバックパックカバーも手に入りました。

20130524-00.jpg

面倒だったので、言い値250で買っちゃいました(他店は600とかだったし)。


こんな感じのデザインステッチTシャツ屋さんもたくさんあります。

20130524-00.jpg

20130524-00.jpg

怪しげなデザイン...

20130524-00.jpg

20130524-00.jpg

20130524-00.jpg

ここでは、なんと自分がデザインを持ち込めばそれをステッチしてくれる!
っつーことが可能だそうです!
しかも、怪しいデザインじゃなくてもOK!

20130524-00.jpg

⇒カトマンズを離れてから、別の場所でオリジナルステッチTシャツを作ってみました。
 その模様は後日公開!こうご期待。


お財布類。

20130524-00.jpg

りりーがこの財布を150で買ってました。ご満足の様子。

20130524-00.jpg

帽子もたくさん売ってます。

20130524-00.jpg

こういう風に値札が貼ってあるのは、
傾向として最初から安いし、値切れないことが多いです。

20130524-00.jpg

この帽子が100ルピー(117円)は安い。
インドのニューデリーにもほとんど同じものを売ってる店がありましたが、
4倍の金額はしました。

というわけで、ここでは姉弟そろって100ルピーで購入。

20130524-00.jpg

20130524-00.jpg

以前「ガンジーTシャツをくれたから」ということで、
ここはりりーが払ってくれました。

20130524-00.jpg

僕はカトマンズではそんなに大量に買い物をしなかったので、経験不足。
ふみくんはお土産を大量買いしていたので、
価格相場はそちらの記事をご参考ください。

参考記事:次の旅に備えて買い揃えたものとお土産


皆様、カトマンズはお買い物天国です。

安いからといって、くれぐれも使いすぎないように注意しましょう。
でも安いからここぐらいは使いすぎてもいっか。いいよね。そうだよね!


次回は...
カトマンズにもそろそろ飽きてきたところで、ちょいと遠出。

ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちらをクリック

世界一周ブログランキング
関連記事
2013-05-25 : 【03】ネパール : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

カトマンズ(ネパール)のおすすめパン屋さん情報

20130524-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

カトマンズには美味しいパン屋さんがたくさんあり、
特に朝の時間帯はたくさんの旅行者で賑わっています。

20130524-00.jpg

僕たちは宿から近い2つのパン屋さんに、
毎日のように通っていました。

★PUMPERNICKEL BAKERY

20130524-00.jpg

種類はさほど多くないが、見るからに美味しそうなパンが並ぶ

20130524-00.jpg

20130524-00.jpg

チーズクロワッサン 60ルピー(70円)

20130524-00.jpg

ベジサンド 160ルピー(185円)

20130524-00.jpg

20130524-00.jpg

奥にはゆったりとした座席もある、素敵な雰囲気のパン屋さん(兼カフェ)

20130524-00.jpg

20130524-00.jpg

屋外席もあり。欧米旅行者がほとんど。

20130524-00.jpg

天井にはなんと人口で作られたスズメの巣がある

20130524-00.jpg

スズメちゃんのさえずりが可愛くて、癒されながらの朝食

20130524-00.jpg


★Hot Breads

20130524-00.jpg

PUMPERNICKEL BAKERYから30秒くらい歩いたところに位置。
とにかく種類が豊富。

20130524-00.jpg

20130524-00.jpg

そしてどれも美味しそう

20130524-00.jpg

自分好みのパンが見つかる

20130524-00.jpg

20130524-00.jpg

ケーキ類も揃ってて、スイーツ好きにはたまらん

20130524-00.jpg

この5つをチョイス

20130524-00.jpg

宿まで持ち帰って、まったりネットやりながら朝食

20130524-00.jpg

そしてなんとこのパン屋...








夜9:30以降は半額になるのです!

20130524-00.jpg

それを知って以来、もう朝には行かなくなりました。笑

夜9:30に外に出ると、もうほとんどの店はシャッターが閉まっている

20130524-00.jpg

でもこのパン屋さんだけは人だかりができている

20130524-00.jpg

店内も混雑

20130524-00.jpg

20130524-00.jpg

半額になるともあって、大量買いする人多数

20130524-00.jpg

そんな感じでパンばっかり食ってる生活をしてたら、
野菜不足でそっこーで口内炎ができた。

りりーさんが野菜を買ってきて、

20130524-00.jpg

切ってくれた。

20130524-00.jpg

トマトとこのウリはインドでも安くてよく食べてました。

20130524-00.jpg

パン好きにはたまらないこの街カトマンズ。

20130524-00.jpg

毎朝が楽しみで楽しみで仕方ないはず。

くれぐれも野菜不足にはご注意ください。笑


【おまけ】

ネパールは毎日1日11~12時間程、計画停電があります。

20130524-00.jpg

インドみたいに急に切れるわけではなくて、
あらかじめ上記のようにタイムテーブルが決まっているので、
自然とそれに合わせて行動するようになっていました。

予備の電気がある宿も多いですが、
僕らが泊まってた宿は停電になると部屋の電気は一切つかない。

夜間の停電時はいつもローソクをもらって、火をつけてました。

20130524-00.jpg

日本だったらまずやってない、ローソクでの生活。
不便さはありながらも、ゆらゆら揺れる炎をぼんやり眺めていると
自然と心が落ち着く自分。

普段当たり前にあった電気が無くなって初めて考えさせられることや、
自分と向き合うひととき。

この時間が、僕は案外嫌いじゃなかったです。


次回は...
カトマンズの可愛い雑貨屋・洋服屋さん特集です。

ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちらをクリック

世界一周ブログランキング
関連記事
2013-05-24 : 【03】ネパール : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

カトマンズ(ネパール)の日本食ランキング・ベスト7

20130520-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

長いインド生活で、完全にマサラに毒された僕の身。
心も体も、無意識のうちに日本食を求めていました。

20130520-00.jpg

カトマンズではほぼ毎日日本食を食べてました。
というわけで、ここで食らった日本食まとめ!
(日本に居る皆さんにはあまり響かない記事かもしれませんが...)

今回は、僕が好きな「ランキング形式」にて発表してみたいと思います。
「ベスト7」という中途半端なランキング。


第7位 桃太郎 ざるうどん 250ルピー(290円)

20130520-00.jpg

日本食と言ったらここ!の桃太郎。
うどんが自慢のようですが、この時食べたざるうどんは「コシ」を通り越した固さ。
久々のうどんに満足しつつも、固すぎて喉を通らず(笑)

【桃太郎】

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

うどんメニューが豊富

20130520-00.jpg



第6位 東京居酒屋 ざるそば 275ルピー(320円)

20130520-00.jpg

どうしてもざるそばが食べたくて。
出てきたのはインスタント風味で茹ですぎの麺...
食えるだけでありがたいと思わねば。

【東京居酒屋】

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

そびえ立つ富士の山

20130520-00.jpg

ここではスーパードライが飲める、もはや日本

20130520-00.jpg



第5位 ロータス 納豆朝食 235ルピー(270円)

20130520-00.jpg

世界一周ブロガーふみくんと対面したときに食べたこれ。
まさか海外で納豆が食べれるとは。
固焼きと半熟のダブル目玉焼きも美味。

1つ難点を挙げさせていただくと、
納豆が日本で食ってるのと味が違って何となく酸っぱい。

【ロータス】

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

マンガ多数

20130520-00.jpg

歩き方多数

20130520-00.jpg



第4位 おふくろの味 肉野菜炒め定食 230ルピー(265円)

20130520-00.jpg

日本の定食屋で出てくる「肉野菜炒め」の味。完璧!
肉は適度に柔らかく、タレが絡まった野菜を口に運ぶ幸せ。

20130520-00.jpg

1個だけ残念だったのは、味噌汁がなぜか異常に酸っぱかったこと...笑

【おふくろの味】

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg



第3位 ふる里 ビーフステーキ定食 350ルピー(400円)

20130520-00.jpg

インド生活において心の底から欲していた【牛肉】がそこにはあった。
ほとんど完璧な味付け、肉がちょっと固かったことを除けば。

【ふる里】

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

店内は日本の定食屋そのもの

20130520-00.jpg



第2位 絆(KIZUNA) 天丼 160ルピー(185円)

20130520-00.jpg
※屋根がブルーなので写真もブルーがかってます

これはとんでもなく旨かった。
日本のチェーン店「て○や」で出てくる天丼そのもの、むしろそれを上回る。
そしてこのボリューム。
日本のものより衣が多めでさっくさく、それがうまい!

何より、他店を大幅に凌ぐ安さ!
しかもwifiがつながる。

ここは本当におすすめ。

【絆(KIZUNA)】

20130520-00.jpg

親子丼(130ルピー=150円)も完璧すぎる出来栄え

20130520-00.jpg

お茶も出ますよ

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg


1位発表の前に番外編!
唯一食べたネパール料理。

エベレストモモセンター モモ10個 50ルピー(60円)

20130520-00.jpg

萌生さんがおすすめしていたので行ってみたが、激ウマ!
モモっていうのはネパール風の餃子。

ここで食べたモモは肉がたっぷりで、皮も厚手で旨い。
タレは少しピリ辛で、バッチリ合う。
10個も食べたら腹いっぱい。これで60円は安い!

タメル地区ではネパール料理、これしか食ってません...

【エベレストモモセンター】

20130520-00.jpg

青年がお出迎え

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

1個1個手づくり

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

りりーもご満悦

20130520-00.jpg

そして、第1位は...








第1位 ロータス 野菜カレー・ライス 165ルピー(190円)

20130520-00.jpg

日本で食べる「カレーライス」まんま。
何て優しい味なんだろう。。
ご飯がおかわりできるので、2杯まるまる夢中になって食べました。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

やっぱり日本のカレーが一番だ!!!

きっとインドのカレーに毒されていなければ、
それほど感動することはなかったでしょうが...

そしてロータス、デザートも旨い!

レモンかき氷 40ルピー(45円)

20130520-00.jpg

シロップは下の方に沈んでました。
インドのサンタナロッジ以来のかき氷。
かき氷って無条件で旨い。たぶんどこで食べても。

20130520-00.jpg

ここのかき氷はミネラルウォーターで作ってるので安心ですね。

20130520-00.jpg

マンガを読みながらのひと時。

20130520-00.jpg

最高でした!


【カトマンズ日本食ベスト7プレイバック】

7位 桃太郎 ざるうどん(290円)
6位 東京居酒屋 ざるそば(320円)
5位 ロータス 納豆朝食(270円)
4位 おふくろの味 肉野菜炒め定食(265円)
3位 ふる里 ビーフステーキ定食(400円)
2位 絆(KIZUNA)天丼(185円)
1位 ロータス 野菜カレー・ライス(190円)


上記は滞在中、僕が食したものです。

※ロータス、絆(KIZUNA)、エベレストモモセンター以外の店舗では、
 品代の他に10%サービス料が加算されます。

日本食が食べられるお店はこれ以外にもたくさんあって、
3食日本食を食べたとしても、まだまだトライしたいメニューばかり。

インドでは完全に忘れかけていた「美味しいものを食べる喜び」。
カトマンズは僕に大切なことを思い出させてくれたのでした。

以上、カトマンズで食べれる「日本食ランキング」でした!

次回は...
カトマンズのグルメはまだまだ語りきれない。
今度はパン屋さん特集!驚くような価格でおいしいパンが食える?

ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちらをクリック

世界一周ブログランキング
関連記事
2013-05-23 : 【03】ネパール : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

カトマンズ(ネパール)の日本食レストラン「ふる里」と「桃太郎」

20130520-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

「人の生命は地球より重い」

カトマンズの日本食レストラン「ふる里」で
壁に掛けられていたこの文字たち。

皆さん、これについてどう思いますか。

20130520-00.jpg

僕は、「人の生命」と「地球」を比較するという視点が
自分の中にはまったくありませんでしたので、
非常に斬新な考え方だな、と思った次第です。

参考までに地球の重さ(地球質量と言うらしい)を調べてみましたところ、

約6,000,000,000兆トンとのこと。
60億兆トン?60兆億トン?読み方が分からない。

人の生命はそんな想像も付かない重さのもの以上に
かけがえの無いものなんだよ、ってこの人は言いたいわけですね。
(と、解釈いたしました)

非常にシリアスな内容に思えるその行書体で書かれた一筆の左側には、
「お手洗」と心温まる書体で書かれています。

20130520-00.jpg

ここらへんのハズしが効いてるあたり、
ものすごくセンスを感じます。

そんな街カトマンズで、今日も日本食!

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

ビーフステーキ定食 350ルピー=400円
心の底から欲していた【牛肉】
やはり私は肉がないと人生やっていけないと実感

20130520-00.jpg

隣にはもちろんこの方。「萌生っす。

20130520-00.jpg

そして、萌生くんと東南アジアで出会い、
ここカトマンズで偶然にも再会したゆうじさんもご一緒。

20130520-00.jpg

腹ごしらえしたところで、ぶら~っと歩く。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

寝袋が欲しいんだよね~と、MOIさん。
アウトドアショップに立ち寄る。

20130520-00.jpg

この辺にはアウトドアショップがそこら中にあって、
激安でアウトドア用品が手に入ります。
(それについてもまた記事にしようと思います)

超小っちゃいサイズもあった。かわゆす。子どもが出来たら着せたい。

20130520-00.jpg

ハガキやカレンダーが売ってるお店にも行ってみる。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

ネパール独自のデザイン。

20130520-00.jpg

お土産や、日本への手紙に良さそうですね。

20130520-00.jpg

キャラクター帽子のお店。
エルモが居ました。
いい大人がこういうのを被るのは、はばかられますね...

20130520-00.jpg

と、思ってたそばから被ってる人が居ました。。

20130520-00.jpg

しかも何それ!マドハンド??

仲間呼んでるし...!

20130520-00.jpg

(↓マドハンド)

20130520-00.jpg

参照:taokasu.blog114.fc2.com
(C)スクエアエニックス


ここでMOIさんはバンダナを購入

20130520-00.jpg

フィットさせて...

20130520-00.jpg

よっしゃ!

20130520-00.jpg

カトマンズには綺麗で品揃え豊富なスーパーもたくさん。

20130520-00.jpg

筆記具も取り揃えております。

20130520-00.jpg

MOIさんオススメのこのチョコ入りバニラアイス、40ルピー=45円 うまし!
毎日食ってました。

20130520-00.jpg

カトマンズには、日本人が集まる旅行会社がありまして。

20130520-00.jpg

ここ、たくさんある日本語の書籍がなんとタダで読めます。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

【歩き方】も揃ってるので、じっくり旅の計画を立てるのにも良い。

20130520-00.jpg

MOIさんは次に行く国、中国の【歩き方】を読まれておりました。

20130520-00.jpg

ここ、バスや飛行機のチケット、その他アクティビティ、ツアーなども
もちろん取り扱っていますが、
とにかく無料でネパールのこと、旅のこと、その他何でも、
日本語ペラペラなネパール人のスディールさんが相談に乗ってくれます。

そしてなんとここ、wifi無料。
チケットとか何も買わなくても、
パソコン持ち込んでネットして、歩き方読んで...が許される!

タダほど嬉しいこたぁーない!

そしてそして、あえてここでは詳しい内容は書きませんが、
さらに旅人には嬉しすぎる驚くべきサービスを無料でやってます。

カトマンズに行ったら、とりあえずここに来るべし。
絶対的に今後の旅に役立つこと間違いなしです。


そんなこんなで、またまた腹が減るー
(↑最近このパターン多くてすみません。食べてばっかりなんです)

またまた日本食、「桃太郎」という店。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

ここはうどん類が豊富。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

どうしてもこれが食いたかった。

20130520-00.jpg

麺、かなり固かったけどそれでも旨かった!うどん万歳!

20130520-00.jpg

萌生くん、ゆうじさんとはここでお別れです。

20130520-00.jpg

僕は普段1人行動の方が自由気ままで好きなんですが、
この3人で居ると特に気にならず、
とても居心地が良かったのでした。

MOIさんとは同じ西回りなので、またどこかで会えるはず!

そのときは、またデートしましょうぜ..!!!

次回は...
カトマンズのグルメをさらにさらに堪能。
90%日本食ですけど!

ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちらをクリック

世界一周ブログランキング


【おまけ】

カトマンズで、ネパールのローカルSIMカードを手に入れました。

20130520-00.jpg

Ncellという会社が、日本で言うNTTドコモにあたります。
このNcellショップで、20分ほどで簡単に手に入れることができました。

必要なものは

・パスポート(コピーしてくれる)
・SIMロックフリースマホ

のみ。

電話は自分の好きな金額をチャージ。
ネットはいくつかプランがあるので選びます。

僕は
・電話 :200ルピー(230円)分
・ネット:500MB/1ヶ月 500ルピー(580円)
を購入。

SIMカード代120ルピー(140円)と合わせて、
合計820ルピー(950円)でした。

これで、ネパールではいつでもどこでも電話できる(もちろん海外からも)&
ネットでツイッター、facebookなどできる。

インドでは死ぬほど苦労したSIMカード入手。
ネパールではあっさり手に入ってしまいました。快適!

クリックよろしくお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
関連記事
2013-05-22 : 【03】ネパール : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

カトマンズ(ネパール)街歩き情報

20130520-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

歴史的な仏教寺院が建ち並びながらも、
それと同時に市民の憩いの場となっている、カトマンズのダルバール広場。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

皆それぞれ思い思いのスタイルでくつろぐ。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

かわい子ちゃん発見

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

よたよた

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

カトマンズは街を少し歩くだけでたくさん面白い建造物に触れられるから楽しい。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

この細かい彫刻。

20130520-00.jpg

切手にもなったんだって。

20130520-00.jpg

カテシンブー・ストゥーパという仏教建造物。

20130520-00.jpg

ここでもみんなくつろぐ。
寺院と市民の日常は、切っても切り離せない関係にあるように感じられる。

20130520-00.jpg

またまたかわい子ちゃん。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

かわい子ちゃんと絡むMOIさん

20130520-00.jpg

何やら人が群がってるので行ってみると、
子どもたちが演奏をしていた。

20130520-00.jpg

ネパールの伝統音楽のようだ。

20130520-00.jpg

まだ幼いのにこの化粧&この表情ね。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

男の子は太鼓。

20130520-00.jpg

女の子はシンバル。

20130520-00.jpg

「やらされている感」「着させられてる感」がかわいい。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

見栄を張ったクルマを発見
何でもアディダスつけとけ!的なね。

20130520-00.jpg

何やらすんごい雰囲気の人形も発見
これ...買う人いるのかな...

20130520-00.jpg

ダルバール広場で、少年たちに「ワンフォト」と声をかけられた。

20130520-00.jpg

いつものように撮ると、「フォトマネー」と言ってきた。

20130520-00.jpg

もちろんその手には乗らない。

そこで、以前誰かがオススメしていた方法を試してみることにした。

逆に「フォトマネー?くれるの?」とこちらから手を差し出す作戦。

それをやると、相手は困惑して、
こちらはその場を立ち去りやすくなるという。

この子たちに試しにやってみるた。
すると、意外な反応...





なんと、本当に1ルピーをくれた!

そういうつもりじゃなかったんだけどなぁ。。。
なんか申し訳ない気持ちになってしまった。

彼ら、どう見ても貧しい子たちには見えなかったし、
おそらく悪気はなくコミュニケーションのつもりで
「フォトマネー!」と言ってきたのだと思うけど、
少し接し方を間違えてしまったかな。

でもこの方法、あまりにもしつこい物乞いには結構使える。
こちらが手を差し出すと、そうされたことがないのか、
「へ?こっちが渡さなきゃならないの?」って顔をしてくる。


そんなこんなでカトマンズ街歩きデート終了、腹減ったー

夜はMOIさんと日本食レストラン「おふくろの味」へ。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg


20130520-00.jpg

もうここカトマンズでは日本食しか食べなくても良いかな、
ってくらい日本食を欲していた自分。

20130520-00.jpg

お品書きに書かれた日本語を見るだけで、
心が落ち着いていくくらいの末期だった。

20130520-00.jpg

MOIさんは豚しょうが焼き定食(290ルピー=330円)

20130520-00.jpg

僕は肉野菜炒め定食(230ルピー=265円)

20130520-00.jpg

日本でこれが出てきたら何とも思わなかっただろうけど、
久々に海外で食べたら涙が出るほど美味しかった。

20130520-00.jpg

インドカレーに毒されたこの身...
ここカトマンズで日本食を摂取しながら、
少しずつ本来の状態に戻していきたく思う。
※悲劇的なことに、またインドに戻らねばならぬのですがね。。

ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-21 : 【03】ネパール : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

カトマンズ(ネパール)ダルバール広場をぶらぶら

20130520-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

僕と同じく世界一周ブロガーのふみくんと感動の対面を果たし
彼を見送った後、僕と萌生くんはカトマンズ街歩きをすることにしました。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

りりーと旅を始めてから、何でも人任せになっていた僕。
自分で道とか調べて、人に聞きながら行くのがもはや心底面倒になっていました。

そんな僕の思いを知ってか知らずか、
【歩き方】を片手に率先して道を調べてくれる萌生氏。

20130520-00.jpg

人に道を聞いてくれる萌生氏。

20130520-00.jpg

僕は後ろから付いていけばいいだけ。

20130520-00.jpg

頼りになるわぁ...

20130520-00.jpg

オレンジのバンダナも映えてるし...

20130520-00.jpg

危ね!惚れそうになったところで、街なかにオブジェ発見。

20130520-00.jpg

宿や土産物屋がたくさんある「タメル地区」から10分ほど歩いただけで、
寺院や歴史的建造物がそこらじゅうに建っているエリアに至る。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

これかっこいい。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

仏教寺院は鳩の館と化していたが、荘厳な雰囲気は保ったまま。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

雑貨売りの少女。

20130520-00.jpg

果物売りのおじさん。

20130520-00.jpg

みんな道を聞いたら、丁寧に教えてくれた。
インド以上に親切さを感じた。

20130520-00.jpg

この辺はタメルと違って、ローカル色が強く、現地の人々で賑わう。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

干物売ってたり、

20130520-00.jpg

鍋やら日用品が売っている。

20130520-00.jpg

ミッキーのバッグも(これ使い道あるんだろうか)。

20130520-00.jpg

大々的に広げられた生地。

20130520-00.jpg

そこの元気な兄ちゃんたち。

20130520-00.jpg

インドだったらこういうローカルな場所は本当に苦手だった。
けど、なぜかここネパールでは居心地が良い。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

「古き良き街並み」に落ち着く自分。

20130520-00.jpg

インドと大きく違う点は、道が綺麗!ということ。

20130520-00.jpg

インドではこういったローカルな場所はゴミだらけでしたが、
ネパールはほとんどゴミが落ちてません。
日本並みの綺麗さだと思う。

20130520-00.jpg

近くにあったラッシー屋でトライしてみる萌生氏。
何ともいえない表情。

20130520-00.jpg

このラッシー、バニラ風味でめちゃくちゃ旨かった。
ミニサイズ30ルピー(35円)。

20130520-00.jpg

歩を進めると、街の中心「ダルバール広場」に出る。

20130520-00.jpg

外国人は入場料300ルピー(345円)を払わねばならないはずなのに、
なぜか素通りでき、誰にもチェックされることはなかった...ラッキー!

よくテレビなどで見ていた「ネパール」がそこにはあった。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

腰を下ろして読書するおじさん。

20130520-00.jpg

ガールズトークを繰り広げるスタイリッシュな女子たち。

20130520-00.jpg

う○こ座りで何かのゲームをやるおじさんたち。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

ここは、市民の憩いの場となっているようだ。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

何故か「ザ・インド」なサドゥも居ました。

20130520-00.jpg

撮るMOIさん。

20130520-00.jpg

20130520-00.jpg

少年たちが「ワンフォト!」というから撮った。

20130520-00.jpg

インドでもよく言われたこの言葉。
ネパールでは思ったほど声がかからない。

撮り終えた後、「フォトマネー?」と少年たち。
そのパターンか...でも金をあげる気はないんだよ。。

あ、そうだ...!
あれをやってみよう。

その後僕が取った行動に、
少年たちは意外すぎる反応を返す!

(つづく)

ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-20 : 【03】ネパール : コメント : 3 : トラックバック : 0 :

ふみさんと世界一周

20130519-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

カトマンズに到着した朝、日本食レストラン「ロータス」で朝食。

そこにはどこかで見たことがあったような男が...

20130519-00.jpg

ラーメン食ってる...

20130519-00.jpg

あ...!もしかして。。
ブログランキングでおなじみ、「ふみさんの世界一周」のふみさんですか?!?!


そしてオレンジのターバンが印象的なあなたは...

20130519-00.jpg

萌生(MOISEI)っていいます。」の萌生さんではないですか!!!

そしてそして、真ん中に居るのは...ミエ姉さん!

インド・プリーの居心地最強宿、サンタナロッジで一緒だったミエさん。

20130519-00.jpg

おしゃれカフェで語らったね。

20130519-00.jpg

スイカ割りのとき爆笑してた姉さん。

20130519-00.jpg

はい。もうお分かりかと思いますが、
実は僕たち、ここで会おうということになってました。笑

ふみくんとは、旅立つ前の「世界一周準備ブログランキング」の頃から、
お互いのブログにコメントし合ったりしてました。

お互い同い年で、出発日も僕の方が一週間だけ先だったという重なり具合だったこともあり、
何だか親近感を覚えてしまい。
いつかどこかで会えたらいいね、という話になってました。

僕の「ふみくんに会いたい思い」は旅をして彼のブログを読んでいるうちに
だんだん熱くなってきてました。

彼、旅を通して「自分がどう考え、どう感じたか」を文章で表現するのが
すごくうまいんですよ。
かたや僕はそういうのがまぁとことん苦手だったので、
いつもその感受性と表現力の豊かさを羨ましく思っていました。

どんな人なんだろう。
どんな考えを持っているんだろう。

たまたまカトマンズに居ることが分かって、
「チャンス!」と思って急いで駆けつけたのでした。
ふみくんが飛行機で次の国に行く直前にぎりぎり間に合う!

ふみくんのブログにも毎回のように登場してて同じく僕が前々から会いたかった萌生さんと、
再会を心待ちにしてたミエ姉さん!

この3人に同時に会えるなんて...!!

話したいことはいろいろあったけど、
何せふみくん、フライトまであまり時間なし。
ミエ姉さんもあと何時間かでデリーに飛ぶ。

ってことで、何話したのかあまり覚えてない。笑
けどすごく楽しくて、貴重な時間だったことは確か。

まずは見送り第一号ミエ姉さん。

20130519-00.jpg

ふみくん、姉さんの為にお土産の紅茶を価格交渉中

20130519-00.jpg

20130519-00.jpg

ふみくんは交渉において思ったより積極的に主導権を握っていて、
僕より遥かに旅慣れていた。

20130519-00.jpg

ミエ姉さん、最後会えてよかった!また日本で会いましょう。

20130519-00.jpg

その後、ふみくんと萌生さんが泊まってる宿に付いてってみる。

20130519-00.jpg

おじゃましまーす。

20130519-00.jpg

ふみくんの荷物(パッキング前)大公開!

20130519-00.jpg

男子の部屋に初めて来た女子みたいに、何となく全体を見回してみる。
ふみさん、お飲みになるようです。

20130519-00.jpg

笑顔がかわいいふみくん。

20130519-00.jpg

調べたことをノートに書いて、几帳面なふみくん。

20130519-00.jpg

マックブックエアーを磨く、キレイキレイふみくん。

20130519-00.jpg

インドの歩き方最新版、もう要らないからって僕にくれた、優しいふみくん。

20130519-00.jpg

ムーミンファミリーに居そうな雰囲気のふみくん。

20130519-00.jpg

ブログ毎日書くのって大変だよねとか、そういう話を交わす。

20130519-00.jpg

でもこの日のふみくん...体調絶不調でした!

20130519-00.jpg

パッキングしながら、3分おきにトイレに駆け込んでた...

20130519-00.jpg

僕と萌生くんはただただ見守るしかなく...

20130519-00.jpg

ほんとにこれから飛行機乗れんのかい...

20130519-00.jpg

20130519-00.jpg

僕が一緒に部屋に居た2時間くらいの間に、
彼は何十回トイレに駆け込んだことか...

なんとかパッキングを終え、トレードマークのハットをかぶる。

20130519-00.jpg

20130519-00.jpg

ほんとにちょっとの間しか一緒に居れなかった。

20130519-00.jpg

もっと色々じっくり話したかった。

20130519-00.jpg

ブロガーの悩みとかさ。

20130519-00.jpg

でも、会えて良かった。

20130519-00.jpg

またどこかで会えるでしょ...!

そして...










飛行機で漏らさないよう頑張って!!!


次回は...
カトマンズ街歩き。

ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-19 : 【03】ネパール : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

カトマンズ(ネパール)の日本食レストランと安宿情報

20130518-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

仏教の聖地ルンビニから11時間かけて、ネパールの首都カトマンズに到着。

「タメル地区」というところが安宿やお店がたくさんある地帯らしいので、
そこまで行く手段を探す。

バス停近くのシェアバスがそこまで行くってことで、乗ります。
歯磨きしながら荷物を載せてくれたカラフルなスキン兄貴。

20130518-00.jpg

バスステーション⇒タメル 10分、20ルピー=23円

20130518-00.jpg

タメルで降ろされ、宿探し。

20130518-00.jpg

まだ朝早いからどの店もシャッターが閉まってる。

20130518-00.jpg

それにしても、道がめちゃくちゃ綺麗。ゴミが1つも落ちてない!

20130518-00.jpg

インドの中心地だったらこの綺麗さ、まず考えられない。

歩き方の地図を見ながら、目的の宿へ。

20130518-00.jpg

インド留学のときに一緒で、
その後2ヶ月間ネパールに居た女の子が教えてくれた宿
「ホーリーランド」にチェックイン。(※宿情報は一番下)
カタカナで書かれているので分かりやすい。

ここもシャッターが閉まってて、
無理矢理ピンポン慣らしてスタッフを起こす。

部屋でとりあえずシャワー浴びたり荷物整理。

20130518-00.jpg

「何か要らないものある?
 私、旅も終盤だから日本に持ってかえってあげるけど」
とりりーさん。

そこで、前々からもう要らないと思っていた洋服3点を持っていってもらうことにしました。

「そのガンジーTシャツいいね!私、ガンジー熱狂的に好きなんだよね」

だったら、ということでりりーに贈呈することに。
・インドのムンバイで120ルピー(220円)で買ったガンジーTシャツ
・同じくムンバイで30ルピー(65円)で買った黒の短パン

20130518-00.jpg

お気に召されて光栄です。

20130518-00.jpg

ガンジーTシャツ、僕もお気に入りの1品でしたが、
インドを出たらもう着ないだろうなぁということで。

それと黒の短パン。
激安だったから買ったんですが、
ポケット無い&厚手で乾きにくい&洗濯すると色落ちする
ということで手放したく思っていました。
(ここに来るまでほぼ毎日のように履いていましたがね...)

もう1つが、このトライバルな柄の黄色シャツ。

20130518-00.jpg

インドのハンピで200ルピー(370円)で買いました。

こちらもりりーさんは気に入ったようで、
さっそく身に着けて出かけてました。

インドをともに旅したガンジー。

20130518-00.jpg

みんなとガンジー。

20130518-00.jpg

僕とおにぎりとガンジー。

20130518-00.jpg

ガンジーinバラナシwithりりー。

20130518-00.jpg

ハンピで一緒だったこのシャツともお別れ。

20130518-00.jpg

川に溺れたときも一緒だったね。

20130518-00.jpg


信じられないくらい壮大な景色を見たときも。

20130518-00.jpg

20130518-00.jpg

病めるときも、健やかなる時も、僕と一緒に旅をしたこの3着。

君たちとの思い出は忘れないよ。

ここカトマンズでは、たくさん安くて可愛いデザインの洋服があると言う。

20130518-00.jpg

僕は新たな出会いを求めて、また旅を続けることにするよ。

ありがとう。
さようなら。
わすれない。


少し感傷的になったところで、腹が減ったー!

ここカトマンズには、たくさん日本食レストランがあるらしい。
ここで日本食を食らいまくる!ってのも、
心の底からやりたかったことの1つです。

さっそく、日本食レストラン「ロータス」に入る。

20130518-00.jpg

20130518-00.jpg

20130518-00.jpg

地球の歩き方・マンガやその他日本語の本がたくさん並ぶ。

20130518-00.jpg

20130518-00.jpg

オーガニックな日本食も販売。

20130518-00.jpg

納豆朝食を注文。235ルピー(=270円)

20130518-00.jpg

海外で納豆が食えるなんて...
みそ汁うま...
漬物うま...
白米うま...
目玉焼きは半熟と固焼きっていう画期的さ...

久々に食べた日本食は、目ん玉飛び出るほど旨かった。

僕は日本人。日本食がだいすき。
それでいいのだ!!!

納豆朝食を食べていると、
隣に僕と同じくらいの年齢の男性がやってきました。

20130518-00.jpg

この人、どこかで見たことあるような。。

あれ!もしかして............!!!!!!


ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

【宿情報(ネパール/カトマンズ)】ホーリーランドゲストハウス

20130518-00.jpg

ダブルベッド wifi/トイレ・シャワー付き 600ルピー(=690円)
りりーとシェアで、1人300ルピー(=345円)

20130518-00.jpg

「歩き方」に載ってる宿で、宿泊客はほとんど日本人ぽい。
日本語ぺらぺらなスタッフが何人か居て安心。
トイレに中型ゴキブリが3匹出た以外は良さげな宿。

ドミは200ルピー(230円)。

評価★★★★☆(3.8)

クリックよろしくお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-18 : 【03】ネパール : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ルンビニ⇒カトマンズ(ネパール)夜行バス移動情報

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

金が無い。

国境で両替した465ルピー(538円分)

20130517-00.jpg

これで宿代や聖堂の入場料を支払って、
残りの手持ちが165ルピー(190円)

首都カトマンズへの夜行バス代が850ルピー(980円)だから、
確実にネパールルピーを手に入れなければならない。

国境では「ルンビニには1つもATMが無い」と言っていたけど、
本当だろうか?

だとしたら、これは何だろうか??

20130517-00.jpg

こっちにもあるんだけど。

20130517-00.jpg

その他にもう1個ATMがあり、
国境ではやはり【両替させるために嘘をついていた】ということが分かりました。

ったくもー...


で、さっそくおろしにいくー

クレジットカードを持っていれば、
海外キャッシングという方法を使ってATMから現地通貨をおろせるんですね。

旅人の大半はこの方法か、
新生銀行などの国際キャッシュカードを使って現地通貨を手に入れているはずです。


1個目のATM、ダメー
MASTERカードは使用できず、VISAなら使えることも多いんですが、
両方ダメー

まぁ3個もATMあるしどれか1個くらい...と思っていましたが、

全滅!


聞くところによると、
ルンビニのATMは全部デビットカードじゃないと現金をおろせない
仕組みになっているそうです。何じゃそりゃ。

仕方なく最終手段。
この銀行で、ぎりぎり持っていた30USドルのうち25USドルを両替。

20130517-00.jpg

あと5ドルしかなくなってしまいました...


バスの出発まであと1時間ほど。

・腹が減っている
・その日のブログを書いていない

ということで、ゲストハウス兼レストランで、
レストランの客には開放していないwifiを無理矢理使わせてもらう。

20130517-00.jpg

チョーメン(80ルピー=90円)と、

20130517-00.jpg

ベジオムレツ(40ルピー=45円)を頼む。

20130517-00.jpg

ここで気づいた。
ネパールって宿代も食費もインドより格段に安い!
そして質が高い。

インドでお店でこのチョーメンを頼んだとしたら、
80インドルピー(=150円)⇒ネパールの倍近くかかります。

ルンビニで泊まっていた宿も、
400ネパールルピー(460円)でwifi付きでしたが、
インドで同じような宿だと安くても400インドルピー(740円)はします。

インドもネパールも【ルピー】で、
表記金額はだいたい同じくらいの数字が並んでいるのですが、

1インドルピー =1.86円
1ネパールルピー=1.16円
(※5/16現在)

なので、ネパールの方が断然安い

旅に出る前、旅するのはインドが一番安い!と勝手に思い、
そのせいもあって4ヶ月も居たインド。

もっと安い国がすぐ隣にあったなんて...


とりあえずここのレストランでは、その日のブログをアップせねばなりません。
僕もりりーも、ストック(予約投稿記事)がゼロでした。
いっつもぎりぎりのところでやってます。

1つのブログ記事作成に、僕はだいたい2時間、
りりーは3時間くらいかかるそうです。

・写真選んで
・流れを考えて
・文章ぶわ~~~って書いて
・写真アップロードして(←これ時間かかる。特にネットが遅いとこ)
・プレビューでチェックして

それをここでは1時間で終わらせねばなりません!

そういう時僕は写真をペッと貼って文章もあんまり考えずサッと終わらせて
誤魔化して質の低い記事をアップします...笑

が、この日のりりーさん、さらにその上を行ってました...!

20130517-00.jpg

この日のりりーの記事タイトルがこれ。

内容の薄いブログ

もう明らかに時間無いので、潔くそれを逆手にとって記事にしてしまおうという荒業。
(別名「大いなる手抜き」とも言う)

彼女の意に反して(もしくは意図した通りか?)、
その記事はいつもより多くのアクセス数を稼いだ模様です。

アクシデントをどれだけネタにできるかってのが、
旅ブロガーの宿命なのかもしれませんね。。


何とかブログを終わらせ、バスに乗り込む。
このバスでカトマンズを目指します。

20130517-00.jpg

ルンビニ⇒カトマンズ 11時間、850ルピー(=980円)
※日中のバスは8時間程でもっと安いみたいです。

20130517-00.jpg

途中何箇所か休憩ポイントに寄るんですが、
その度にバスが止まって風が入ってこない車内はくそ暑い。

でもバスを降りるのも面倒だしいつ出発するか分からないから乗っとく。
その間も汗だらだらで体べとべと...
みたいなのが続きました。

ほんでもって真夜中なのにヒンディミュージックを爆音でかける。
真っ暗闇でみんな寝てるのにですよ?
どういう神経してんのかい...
耳栓して寝るも、まったく効果ない程の大音量。


夜中、りりーは後ろの客とリクライニングの件で戦ってました。
座席を倒したいりりー、
それに対して「狭くなるから倒すな」という後ろのネパール人。

「でもみんな倒してるじゃん?」とりりー。

20130517-00.jpg

最終的に座席を倒して寝に入ったりりーですが、
後ろのネパール人がことあるごとにりりーの座席を突然押し戻したりして、
あまり寝れず。何とも不快なバスでの移動でした。。

そんなこんなで、夕方6時にルンビニを出発したバスは、
朝5時にカトマンズに到着。

20130517-00.jpg

20130517-00.jpg

バスステーションには多くの男たち(たぶんバス乗り)

20130517-00.jpg

眠い。。眠すぎる。。。とりあえず宿探さないとね...

ネパールの首都カトマンズでの日々が始まります!

次回は...
カトマンズで宿探し。


ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-17 : 【03】ネパール : コメント : 5 : トラックバック : 0 :

ルンビニ(ネパール)~ブッダの生誕地をサイクリング・その2~

20130516-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブッダの生誕地ルンビニ。

20130516-00.jpg

20130516-00.jpg

20130516-00.jpg

ここの聖園と呼ばれる広大な敷地の中には、
世界各国の仏教寺院が集まっています。

【ネパール寺】

20130516-00.jpg


【中国寺】

20130516-00.jpg


【韓国寺】

20130516-00.jpg

※ここには格安で宿泊もできて、なんとwifi付きとの噂。


【タイ寺】

20130516-00.jpg


【カンボジア寺】

20130516-00.jpg

インドのブッダガヤにもアジア各国の寺院はありましたが、
こちらルンビニにはヨーロッパの寺院もあるのが面白い。

【オーストリア寺】

20130516-00.jpg


【ドイツ寺】

20130516-00.jpg


【フランス寺】

20130516-00.jpg

その他に、ミャンマー寺、インド寺、ベトナム寺、日本寺があります。
これだけで、さくっと世界一周した気分に浸れますね。

本当は1つ1つの寺院をじっくり見たかったところですが、
暑すぎて死にそうだったので、それぞれ外から写真を撮って終わらす。

炎天下の中、久々にチャリをこいでへとへと...

20130516-00.jpg

20130516-00.jpg

暑い中頑張って木の枝を運ぶ少年

20130516-00.jpg

どっかで休むところないかな...

20130516-00.jpg

必死にチャリを走らせていると、
何やら近代的なデザインの建物に出くわす。

20130516-00.jpg

何の建物か分からないが、藁をもすがる思いで駆け込む。

20130516-00.jpg

建物をくぐると、初老の男性が対応してくれた。

「何をお求めですか?本をお読みになりますか?」

「あ、はい...」

そして通されたのがこちらの部屋。

20130516-00.jpg

広めで清掃が行き届いた室内には、
寸分の狂いも無く棚に置かれた本たちが並ぶ。

20130516-00.jpg

20130516-00.jpg

「まず、荷物をここに入れなさい。」

私たちは言われた通り、荷物をロッカーにしまった。

「次に、トイレで手を洗ってきなさい。」

言われた通り、トイレへ行き手を洗う。

20130516-00.jpg

トイレはここ最近作られたと思われ、
1ミリのホコリも見当たらないほどの綺麗さだった。

ここは、何のための建物なのだろう。
たしかここはネパールという国だったと思ったが。

「お水を飲みますか?お持ちいたします」

そう言われて数分後、本当に水が運ばれてきた。

20130516-00.jpg

フィルタリングされている飲み水だ、と説明を受ける。
持っていたミネラルウォーターが底を尽きていたため口にする。

20130516-00.jpg

ここらで私たちは様子がおかしいことに気づく。

中心地からだいぶ離れたこの建物で、
遠くから来た我々を受け入れてくれた初老の男性。

だが偉く注文が多い。注文の多い図書館...
この展開は、小学生のときに読んで恐怖を覚えたあの小説がそのまま再現されたものだった。

20130516-00.jpg

参照:http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784039632104


この小説に出てくる料理店は「来た客に料理を食べさせる店」ではなく、
「来た客を料理として食ってしまう店」という恐ろしいストーリーだった。

まさか「料理として食べられる」ことが無いにしても、
最後に「いくらか払え」と言われることは目に見えている。。

恐ろしくなりながらも、へとへとで外に行く気力が無く、
本を読み続けるフリをして体力が回復するのを待つ。

20130516-00.jpg

少しすると、まぶたが重くなってきた。
さっき飲んだ水に睡眠薬が...
くそ。。。こんなところで...











なーんて展開はなく、あっさり出てくることができました。
初老の男性も最後お金を求めてくることもなく、
笑顔で「来てくれてありがとう」と言ってくれました。

何これ?何この最高級の対応??

この建物、よくよく見てみると仏教関連の本が揃っている図書館みたい。
こんな綺麗なところで、水も出してくれて、綺麗なトイレを自由に使わせてくれる。
本当に天国みたいなところでした。

20130516-00.jpg

やはり仏教は偉大である...とこの時、再認識したのでありました。
仏教のこともうちょっと勉強しよーーーっと。

「ブッダ」(手塚治虫)とかで。

次回は...
ルンビニを後にして、首都カトマンズへ向かいます!

ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-16 : 【03】ネパール : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ルンビニ(ネパール)~ブッダの生誕地をサイクリング・その1~

20130515-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ネパールで最初に着いた街、ルンビニ。
ここはどうやらブッダの生誕地ということで、
インドのブッダガヤ同様、たくさんの仏教寺院があるようです。

【歩き方】を見てみると、
とにかく寺院がある敷地が超広そうなので、徒歩ではキツそうだと判断。

チャリを借りることにしました。

20130515-00.jpg

1日150ルピー(170円)って言われたけど、
4時間しか使わないから100ルピー(115円)にして~ってお願いして、OK。

20130515-00.jpg

れっつごー

20130515-00.jpg

20130515-00.jpg

寺院がたくさんある、聖園地区のゲートをくぐる。

20130515-00.jpg

しばらく緑が続く。

20130515-00.jpg

大きな池があったりして。

20130515-00.jpg

20130515-00.jpg

サイクリングってこんなに気持ちよかったっけ?

20130515-00.jpg

聖園地区の中は本当に静かで、
サイクリングするには最適な場所。

日本人のおばちゃんと一緒に居たネパール人のガイドの方に道を聞くりりー

20130515-00.jpg

ブッダの生誕場所とされる、マーヤー聖堂にたどり着く。
入場料200ルピー(230円)。

20130515-00.jpg

靴を脱がねばならない。

20130515-00.jpg

ルンビニはインドとの国境から割と近い場所に位置していて、
ネパールなのにあっっっつい。。。

この日はたぶん35度くらいまでいってて、
日中外に出るのは自殺行為だったのかも。
靴を脱いで地べたの上を歩くなんて正気の人間のなせる業ではなかった。

20130515-00.jpg

20130515-00.jpg

ブッダ様。あなたの歴史に触れるのは、容易なことではないようですね。

20130515-00.jpg

20130515-00.jpg

肝心の生誕地はこの屋敷の中にあって、撮影禁止。

20130515-00.jpg

周囲には、仏教聖地でよく見かける5色の旗がずらーーーっとぶらさがっている。

20130515-00.jpg

20130515-00.jpg

20130515-00.jpg

その木の下で、僧侶は何を思うのだろう。

20130515-00.jpg

20130515-00.jpg

池で首を伸ばして日光浴するカメちゃんたちは何を思うのだろう。

20130515-00.jpg

20130515-00.jpg

ヘトヘト気味のワンちゃんは何を思うのだろう。

20130515-00.jpg

幼いブッダ様の像を単純に「かわいい!」と思ってしまった自分には、
分かりませんでした。

20130515-00.jpg

20130515-00.jpg

聖園地区の中心地には、平和の火が灯っています。

20130515-00.jpg

不思議なことにこの火は絶えず燃え続けているといいます。

次回は...
ルンビニ・サイクリング後半!
この地に来れば、1日で世界一周が終わる...!?お楽しみに!

ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

【宿情報(ネパール/ルンビニ)】RAHUL Guesthouse

[歩き方]に載ってる「ルンビニビレッジロッジ」の隣の宿。
ツイン・wifi付き・400ルピー(460円)
りりーとシェアで、1人200ルピー(230円)
停電で夜中FANが回らず寝苦しい夜でした。
関連記事
2013-05-15 : 【03】ネパール : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

バラナシ(インド)⇒ルンビニ(ネパール)陸路国境越え情報まとめ

20130514-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

バラナシから列車とバスを乗り継ぎ、
約10時間かけてインドとネパールの国境まで来ました。

「インド終了」のゲートをくぐって100mくらい歩くと、ネパールのゲートがある。
つまり、不思議なことに「インドでもネパールでもない地帯」が100mあるんです。

20130514-00.jpg

ネパールのゲートをくぐる。
3ヶ国目ネパールに入国しました!

人生初の陸路国境越えはまったく実感がなく、
味気ないものでした...

すぐ右側に、ネパールの入国イミグレあり。

20130514-00.jpg

ここで書類を書いて、パスポートと写真1枚を提出。

20130514-00.jpg

僕は30日ビザ(40USドル)、りりーは15日ビザ(25USドル)を取得。

入国事務所のおっちゃんたちはネパールの帽子(ネパーリーハット)をかぶってお出迎え。
本当にニコニコ笑顔で対応してくれて、
「Welcome to Nepal!」って最後に言ってくれた。

何これやばい、ネパール好きかもってこのとき直感しました。

そこからバスで移動。
スノウリ⇒バイラワ(15ネパールルピー:20円、30分)

20130514-00.jpg

どのバスに乗ればいいのかとか聞くのは、
もちろん全部りりーに任せてます...

ネパールのバスって、大きい荷物は全部上に乗せるらしい。

20130514-00.jpg

降ろしてもらったとき、相当汚くなってました。
なのでバックパックカバーは必須っぽいですね。
※僕はスリランカから帰ってくるとき、
 知らぬ間に紛失していたのでバッグ自体が汚れまくりです。

バイラワ着。夕陽が綺麗。

20130514-00.jpg

このバスで、さらにルンビニまで移動。
バイラワ⇒ルンビニ(1時間、50ルピー=60円)

20130514-00.jpg

このバス、今日の最終バスだったみたいです。あっぶねあっぶねー!

20130514-00.jpg

激混みの車内...

20130514-00.jpg

外の景色をぼんやりと眺める。

20130514-00.jpg

まだ、ネパールに来た、という実感がさほど湧かない。

20130514-00.jpg

そうこうしている間に、ネパール最初の街【ルンビニ】に到着。

20130514-00.jpg

すでにあたりは暗くなっていました。

1つの通りにホテルとレストラン、食料品店が何軒かあるだけ。

20130514-00.jpg

20130514-00.jpg

なぜか売ってた韓国のそば?

20130514-00.jpg

夜はネパールに来てもやっぱりチョーメン(焼きそば)、
80ネパールルピー(90円)。

20130514-00.jpg

インドでも80ルピー(150円)くらいだったから、
ネパールの方がぜんぜん安いかも。


...というわけで、バラナシからネパールのルンビニまで、
なんとか1日かけて辿りつく。
とんでもなく長い道のりかと思っていたので、
意外にもあっさり国境越えちゃったな、という印象です。

【移動まとめ】

①バラナシ⇒ゴーラクプル(4時間、SL、200INR=360円)
②ゴーラクプル⇒スノウリ(3時間、SL、80INR=150円)
③スノウリ⇒バイラワ(30分、15NPR=20円)
④バイラワ⇒ルンビニ(1時間、50NPR=60円)

朝6時30分にバラナシを出て、夕方7時30分にルンビニに到着。
乗り換え時間・国境のイミグレ時間等を入れて、
計13時間で着きました。

バラナシからカトマンズorポカラまで、
バスで一気に移動するパターンもあるのですが、
スノウリかバイラワで強制宿泊させられる&
ずーーーっとバスでケツが痛くなりそうなので、
個人的には今回僕たちが使ったパターンがおすすめです。


僕1人だったらおそらく途中どこかで泊まらなければならなかったかも。
情報収集をすべてりりーに任せることによって、
1日でたどり着くことができたと思います。

ネパールでの旅、はじまりはじまり!!

ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

【宿情報(ネパール/ルンビニ)】RAHUL Guesthouse

20130513-00.jpg

ツイン・wifi付き・400ルピー(460円)
りりーとシェアで、1人200ルピー(230円)

20130513-00.jpg

ネパールは計画停電の国なのでそれは仕方ないんだけど、
夜中FANが回らなくて暑くて死ぬかと思った。。

でもここまで安くてwifi付きなのは評価高し。

壁が汚い部屋でした。笑

評価★★★★☆(3.6)

クリックよろしくお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-14 : 【03】ネパール : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

僕と姉・りりーの根本的な違い

20130513-00.jpg

*リアルタイムはネパール・カトマンズ!
 インドから来ると良い街・良い人すぎて心地良すぎ。
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

いよいよ今日はネパールへ陸路で国境越えを目指す日。
実は僕にとっては、人生初の陸路での国境越えです。

はい。
日本を出て間もなく6ヶ月経つというのに、
やっと3ヶ国目に突入しようとしている僕ですよ。

バラナシの宿で荷物をまとめるりりー

20130513-00.jpg

朝6時30分に出発。

20130513-00.jpg


バラナシの汚い道をスーツケース転がすのは、ちと大変そうでした。

20130513-00.jpg

交渉事は全部りりーに任せる。
彼女は「交渉するのが好き。任せて」と言う。

20130513-00.jpg

バラナシはとにかくしつこいリクシャが多い。
インド1、2位を争うしつこさ。

そんな奴らとの交渉もさらっとこなす。
僕はただただ見守ります。

20130513-00.jpg

ガート付近からバラナシの駅までオートリクシャで。
結局2人で80ルピー(150円)で折り合いがついたようです。

ところが動き出した瞬間、リクシャマンが「100ルピー!」と言ってきました。
りりーはさっそく「いやいや、80ルピーって言ったじゃん!」と反撃。
「まぁ最後80ルピー払って逃げればいいか~」となる。

途中、別の客が相乗りしてきました。

20130513-00.jpg

りりーさん、他の乗客が乗ってきたことを利用してさらに交渉し、
最終的に2人で50ルピーまで下げていました。

僕にはこの手のやりくりは絶対不可能です。

※ちなみにシェアリクシャでは1人15ルピー(25円)で駅まで行けるはずなので、
 2人で50ルピーは、充分な値段みたいです。


僕、1人のときは移動の為、生きるために
仕方なく人に聞いたりするのですが、
誰かと一緒の移動だと恐ろしく人任せになってる自分が居ました。

対する姉は自分で情報収集するのは「任せて!」という感じ。
この通り真逆な姉弟だから、うまくいっているのかもしれませんね。


バラナシの駅には構内にまで牛が居ました...

20130513-00.jpg

列車は直前にホームが変わって、危うく逃すところでしたが何とか間に合う。
インドってこういうことが頻繁にありますね。

20130513-00.jpg

バラナシ⇒ゴーラクプル(4時間、SL、200ルピー:360円)

20130513-00.jpg

20130513-00.jpg

朝8時発の電車でしたが、
せっかくスリーパー座席を取ったので、寝る。
りりーに撮られてたんですが、ひどい寝方をしていました。

20130513-00.jpg

ゴーラクプル着。

20130513-00.jpg

20130513-00.jpg

ネパールとの国境、スノウリ行きのバスを探す。
あった。これで行くみたいです。

20130513-00.jpg

20130513-00.jpg

ゴーラクプル⇒スノウリ(3時間、80ルピー:150円)

20130513-00.jpg

欧米人もちらほら。

20130513-00.jpg

車内にはテレビがあって、一昔前のインド映画をやってました。
ヒンディ語だけどだいたいストーリー分かるのが、インド映画のすごいところ。

20130513-00.jpg

このバス、なかなか狭い...

20130513-00.jpg

途中からだんだん混んできて、さらに狭い。
立ってるオヤジにヒザカックンをかまさないとやってられない状況。

20130513-00.jpg

外は田んぼの景色がずーーっと続く。
インドを離れるのかぁ。。などとたそがれるには丁度良い。

20130513-00.jpg

そんなこんなでスノウリ着。
荷物はバスの上に乗せられてました。

20130513-00.jpg

国境の町スノウリは、一直線。

20130513-00.jpg

20130513-00.jpg

ネパールに向かうたくさんのトラックの間をすり抜けていく。

20130513-00.jpg

インドの出国イミグレは、ゲート手前の左側にありました。
(目立たないので危うく見逃すとこでした)

20130513-00.jpg

20130513-00.jpg

ここで書類を書いて、スタンプ押されてインドの出国処理は終了。

20130513-00.jpg

おっちゃんに呼ばれて行ってみると、両替所がある。

20130513-00.jpg

レートはインドルピー 1:ネパールルピー 1.6で、
【歩き方】に書いてあった固定レート。
それに何%か手数料が取られる。

とりあえず、300インドルピー⇒465ネパールルピーに交換。
これで約538円相当。

20130513-00.jpg

ルンビニに行くんだけど、ATMある?って聞いたら、
「ルンビニにはATM1つも無いよ。この辺もあるけど遠いよ。
 ここで両替してった方が良いよ。」とおっちゃん。

不安な旅行者はこれを鵜呑みにして、
ここでたくさん両替していくのでしょうね。


ここがインド終了の線。

20130513-00.jpg

さいならインド...

20130513-00.jpg

さぁ、ネパールが目の前に近づいてきました!


次回は...
いよいよ3ヶ国目ネパール突入!お楽しみに。


ブログランキング参加中!
現在最高位5位まで来てしまいました...最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-13 :  ◆ 北インド : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

世界一幸せな国・ブータンまでの道のり

20130512-00.jpg

*リアルタイムはネパール・カトマンズ!
 インドから来ると良い街・良い人すぎて心地良すぎ。
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

昨日の記事(【極秘】「りり記」のりりーさんと僕の関係)が
過去最高アクセスを記録し、
僕のブログランキングも過去最高の6位まできました。

姉のブログともども、引き続きよろしくお願いいたします。

さて、「りりーとネパール国境越え」という内容の前に、
インド出国で一区切りついたということで、
これまでのルートの振り返り&今後の予定を考えてみました。

あまりガッツリ予定を立てて旅をするのが苦手なので、
あくまで大まかな感じです。

【これまでのルート】

20130512-00.jpg

※赤=空路/青=陸路/緑=今後の予定

インド・デリー近くの都市グルガオンでの2ヶ月の留学から始まった僕の旅。
その後ムンバイに飛び、
・南インドを1ヶ月
・スリランカを1週間
・東インドを1ヶ月
旅したあと、インド・バラナシから陸路でネパールの国境を越え、
ただいまネパールの首都・カトマンズに居ります。

【インド】デリー⇒ムンバイ⇒ゴア⇒ハンピ⇒バンガロール⇒ウーティ⇒アレッピー⇒コーラム⇒トリヴァンドラム⇒コヴァーラム⇒カニャクマリ⇒マドゥライ⇒【スリランカ】コロンボ⇒ダンブッラ⇒キャンディ⇒ヌワラエリヤ⇒ゴール⇒コロンボ⇒【インド】チェンナイ⇒プリー⇒コルカタ⇒ブッダガヤ⇒バラナシ⇒【ネパール】ルンビニ⇒カトマンズ(今ここ)

インドの旅は初めのうちこそ驚きと興奮に満ち溢れておりましたが、
病気をしたり暑すぎだったりウザい人が多かったりで、
後半は一刻も早くこの国から離れたい。と思う毎日でした...。

それなのに、ネパールの後、僕はインドに戻ります。戻らねばなりません。
最終的に嫌いになったインドになぜ戻るのか。

それは...






国民総幸福量(GHP)世界一の国、ブータンに行くためです。

20130512-00.jpg
参照:http://ridingtheelephant.files.wordpress.com

当初、この旅でこの国に行く予定はありませんでした。
皆さんもご存知かと思いますが、この国は旅をするのに【公定料金】というものが存在し、
滞在1日あたり200~290USドルもかかるんですよ。

(参考)ブータンの公定料金 http://www.travel-to-bhutan.jp/plan_your_trip

3日くらい居るだけで、6万~9万弱もかかるってことですね。
そんなん、バックパッカーに向いてなさすぎ。
だから世界一周でこの国に行く人はほとんど居ません。

しかし、今回いろいろと巡り合わせがあり、
ブータンを5日間格安で旅できることになりそうです。
実際に行けるまでどうなるか分かりませんので、
行けた際にはブログにてその模様をアップしようと思います。


【今後のルート】

20130512-00.jpg

ついでにその先のルートも考えてみました。

僕が日本を出たときに決めていたのは、
とにかく西へ向かうということだけでした。

インドを起点に周辺国(スリランカ・ネパール)を旅するのは、
物価も安いので何も考えなくてもお財布に負担がかからず楽なものでした。

しかし今後西に向かうにつれて、どんどん上がっていく物価。
大ざっぱでもある程度予定を立てておかないと、
気づいたらエライ金使ってた、ってことになりかねませんね。

僕がインドの後に選んだ国は、イラン

20130512-00.jpg
参照:daisukeさんのブログ「世界のどこかで会いましょう」より
   http://sekaiissyuuu.blog136.fc2.com/blog-category-32.html


前々から、daisukeさんのブログを見て、
絶対この国に行きたいと思っていました。

「危険な国」というイメージとは裏腹に、優しい人々と豊かな自然...

この国に行くと決めてから、
日本からインドに来た友人に、
イランの【歩き方】を持ってきてもらったりもしてました。

インドからの飛行機の値段を見てみても、
ドバイ経由で2万2千円程度
[デリー(インド)⇒ドバイ(UAE)⇒シーラーズ(イラン)]

距離的に近いってのもありますが、
トルコ・エジプト・ヨルダンなんかに飛ぶのに比べて圧倒的に安い。

イランに入国した後、
陸路でトルコに入国し、アルメニア、グルジアなんかに行きたいと思っていました。

しかーし!今調べたら大きな問題が発生してました。


【イラン、大統領選挙の為、6月20日まで全ての外国人にビザ発給停止!】

参考URL:【リアルタイム速報】トラブゾンでのイランビザ申請について~結果~
     http://ameblo.jp/aigaku05h104/entry-11516920319.html

陸路でも空路でも、大統領選挙の混乱を避けるための措置とのこと...

6月20日までって言ってますが、
イランは政治的な強制力が強い国なので、伸びる可能性もありそうです。。

ということで、このルートが不可能に!
トルコ・エジプト・ヨルダンに飛ぶのは高いし...
いま、この先のルートについて路頭に迷っております!

何か良い案がありましたら、ご教授ください。。


【世界一周で絶対行きたい場所】

20130512-00.jpg

もっと大きな視点で、改めて世界一周でどうしても行きたい場所を考えてみました。

①フィンランドのオーロラ⇒とにかく「見たい」
②ボリビアのウユニ塩湖⇒とにかく「見たい」
③アフリカ縦断⇒とにかく「やりたい」のと、年齢的・体力的に今しかないかなと...

どうしても。どーーーしても。
ってなると、意外にもこの3つしか今は出てきませんでした。

まぁ4つ目としてはイランです。笑

= = =

そんなこんなで、どーなる今後の僕の旅!
引き続き、応援よろしくお願いいたします!!

次回は...
「りり記」のりりー(姉)とネパール陸路国境越えを目指す!
お楽しみに。

ブログランキング参加中!
現在最高位6位まで来ました!最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-12 : さまよいルート : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

【極秘】「りり記」のりりーさんと僕の関係

20130511-00.jpg

*リアルタイムはネパール・カトマンズ!
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

インドのバラナシで、
現在世界一周ブログランキング3位くらい、
りり記」のりりーさんに遭遇しました。

20130511-00.jpg

彼女のブログは今トルコで、だいたい2ヶ月遅れ。
対してネタに困っている僕のブログはほぼリアルタイムです。

たまたまタイミングよく2人ともバラナシに行くことが分かり、
落ち合うことになりました。

20130511-00.jpg

バラナシの街並み、ガンガー沿いをりりーさんと散策。

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

細い路地で出会った子どもたちが可愛い。

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

ワイルドな兄ちゃん。

20130511-00.jpg

この日もガートには多くの人々が集まっていた。

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

りりーさん、さすが南米、ヨーロッパ、アフリカ、中東を周ってきただけあって、
ウザい声掛けを笑顔であっさりかわす。

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

料金交渉も【女子】という強みを使って、
可愛さアピールでどんどん安くなっていく。

20130511-00.jpg

僕だったら面倒なのである程度値切れたらもうそれで良いかな、
という感じなのですが、
彼女はとにかく値切りに関しては徹底しているんですね。

「99万円で世界一周」という制約があるからかもしれません。

交渉ごとは全てりりーさんにお任せしておりました。

1人10ルピー(18円)でボートに乗る

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

僕、1人のとき150ルピー(270円)払ってましたけど...汗

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

何やら撮影した動画をチェックするりりーさん。

20130511-00.jpg

夕方、間もなくプジャー(夜の礼拝)が
始まろうとする時間帯のボートもいいね。

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

ボートに相乗りしてきた若者たち
(こいつらのお陰で安くなったはず)

20130511-00.jpg

この日のバラナシ、日中は40度以上にもなっていました。
暑さのせいか、食欲がまったくなく朝から何にも食べられませんでした。

おかゆとかあったら食べたいなぁ...

「米とミソがあるから、夜は宿でミソおじや作って食べようか」とりりーさん。
いいですねぇ、それなら食べれそう!

路上でトマトとじゃがいもを買う。

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

りりーさん、自前の調理器具を持っておりました。
対する僕はそんなものは持っておらず、自炊なんて初めてなのでした。

20130511-00.jpg

米をセットし、

20130511-00.jpg

じゃがいもを洗い皮をむく。

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg


(僕は撮影係です...)

路上で買った野菜は汚く、
外に何が付いているか分かりません。
皮のまま食べる場合には、インドの水道水ではなく、
ミネラルウォーターで拭くなど細心の注意が必要らしいです、彼女によると。

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

トマトのヘタを撮り、切りきざんで塩を振る

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

そのまま食べても旨い!

20130511-00.jpg

米に細かく刻んだじゃがいもを投入

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

20130511-00.jpg

しばらく煮込んで、

20130511-00.jpg

ミソを投入

20130511-00.jpg

昆布だしも入れる

20130511-00.jpg

時々かき混ぜて、

20130511-00.jpg


できあがり!

20130511-00.jpg

ひさびさの味噌味はとてもやさしい味で、
食欲がなくてもしっかり食べれるのでした。

20130511-00.jpg

ところでこのりりーさん。

20130511-00.jpg

実を言うと...

20130511-00.jpg

僕の...






















僕の実の姉です。


当初はこの話題を取り上げる予定はなかったんですが、
せっかくバラナシで会ったのと、
僕のブログネタも尽きてきたのもあって、
今回取り上げた次第です。

姉弟そろって同時期に世界一周をしているのは
嘘みたいな話なんですが本当に偶然なんですよねぇ。
やりたいことが同じでたまたまその時期がかぶってたみたい。

僕が日本を出発したのが2012年の年末、
姉が日本を出発したのが2013年の年始。

僕が4ヶ月ずっとインド(と、一瞬スリランカ)にいる間、
姉は南米、ヨーロッパ、アフリカ、中東を経由してインドに至り、
ここバラナシで再会したというわけです。

ブログランキング、姉は3位、僕はその3倍の9位!
勝った!合ってますよね?!ある意味。

当初まったく予定していなかったんですが、
2人でバラナシから陸路でネパールを目指すことになりました。

姉弟での旅。どうなることやら...

次回は...
りりーとインド⇒ネパールの国境越えに挑む!お楽しみに。

ブログランキング参加中!
現在最高位8位!最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

【宿情報(インド/バラナシ)】YADUVANSI GUESTHOUSE

20130511-00.jpg

シングル/トイレバス付き/wifi付き/200ルピー(370円)

さすがはバラナシ。
インドを旅してきた中で、wifi付きの宿としては最安でした。

長時間の停電、断水があったり、
wifiつながらなくなったりがキツかったですが、
この安さを考えると許せるかな...
家族経営の宿で、おばちゃんが可愛かったです。

バラナシは安宿がたっくさんあるので、
探せばもっと安くて良い宿が見つかるはず。

評価★★★★☆(3.9)

クリックよろしくお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

【りりーが使用していた調理器具】




【本日の撮影に使用しているカメラレンズ】

関連記事
2013-05-11 :  ◆ 北インド : コメント : 12 : トラックバック : 0 :

ガンガーの神と炎...と、りり記?

20130510-00.jpg

*リアルタイムはネパール・ルンビニからカトマンズへ移動中!
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

ここバラナシでは毎晩、プジャーと呼ばれる礼拝が行われる。

20130510-00.jpg

夕方19:30の開始前になると、ガートに続々と人々が集まってくる。

20130510-00.jpg

20130510-00.jpg

ガートの階段に並んで、聖なる儀式を体感する。

20130510-00.jpg

20130510-00.jpg

オルガンを弾きながら、歌詞ともお経ともつかない台詞を読み上げる男。

20130510-00.jpg

その時が来ると、僧侶と思しき男性たちが聖なる河に祈る儀式が始まる。

20130510-00.jpg

20130510-00.jpg

男たちは煙を持ちそれを注意深く丁寧に扱うようにして、祈りを捧げる。

20130510-00.jpg

20130510-00.jpg

20130510-00.jpg

20130510-00.jpg

人々はいくつもの蝋燭に火を灯す。

20130510-00.jpg

人々が灯したいくつもの炎を僧侶が持って、
男たちはさらに力強くガンガーに祈りを捧げる。

20130510-00.jpg

20130510-00.jpg

20130510-00.jpg

東西南北4つの方向に向かって、同じように炎をかかげる。

20130510-00.jpg

20130510-00.jpg

20130510-00.jpg

20130510-00.jpg

人々は適宜手拍子をしたり、
目をつぶって思い思いに祈りを捧げる。

20130510-00.jpg

20130510-00.jpg

あっという間に1時間が経過して、礼拝の儀式が終了した。

これを毎晩やっている。
ここバラナシに、インド中からとんでもない数の人々が集まり、
とんでもない量のエネルギーをガンガーに贈る。

その光景に、神秘的なものを感じないわけにはいかなかった。

正直インドに4ヶ月ほど居て、
ヒンディ文化自体にうんざりしてしまっていた。

「ヒンドゥ教」
「ヒンディ語」
「ヒンディミュージック」

宗教が言語にも音楽にも影響を及ぼしていて、
どこにも逃げ場がない感じに嫌気が刺していた。

でも、ここバラナシでプジャーやガンガーを通して、真正面にそれと向き合う。
すると不思議とすんなりこの身に受け入れられる自分が居た。


【おまけ】

世界一周ブログランキングでもおなじみ、
「りり記」のりりーさんにバラナシで遭遇。

20130510-00.jpg

偶然2人ともバラナシに居ることが分かり、落ち合いました。
知ってる方も多いと思いますが、僕とりりーさん、実は...

20130510-00.jpg

次回は...
りり記のりりーさんと僕の関係が今暴かれる...お楽しみに!

ブログランキング参加中!
現在9位前後!最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

【本日の撮影に使用しているカメラレンズ】


関連記事
2013-05-10 :  ◆ 北インド : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

ガンガーの夜明けに何を感じる

20130509-00.jpg

*リアルタイムはインド・バラナシからネパールへ陸路で移動中!
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

聖なる河ガンガー。
朝5時に起きて、ガートに朝日を見に行く。

20130509-00.jpg

道にはサドゥなのか物乞いなのか、
見分けがつかないような人々が並ぶ。

20130509-00.jpg

聖なる河で、人々が沐浴をする。

20130509-00.jpg

20130509-00.jpg

歯を磨く人も。

20130509-00.jpg

日は出ていないのに、すでに空は明るい。

20130509-00.jpg

20130509-00.jpg

そうこうしているうちに、
遠くの方にまん丸な太陽が顔を出していた。

20130509-00.jpg

20130509-00.jpg

20130509-00.jpg

人々はこの日の出に何を見出し、何を感じるのだろう。

20130509-00.jpg

20130509-00.jpg

ボートに乗ろうと思っていたら、さっそく客引きが来る。
朝の相場は1時間150ルピー(275円)と聞いていたが、
やはり600ルピー(1,100円)など吹っかけてくる連中ばかり。

なんとか150ルピーになるまで待つ。
こいつの船に乗ることになった。

20130509-00.jpg

20130509-00.jpg

20130509-00.jpg

この道何年のボート漕ぎだろう。

20130509-00.jpg

「マイピクチャー・テンダラー!」
などと言っていたが気にせず撮りまくる。

20130509-00.jpg

20130509-00.jpg

ボートから見るガートは全体が見渡せて、
一味違ったものに見える。

20130509-00.jpg

風を切って水上をゆっくり進むボート。
この時期日中は40度以上にもなるバラナシも、
朝のうちは驚くほど涼しい。

20130509-00.jpg

沐浴する人

20130509-00.jpg

泳ぐ人

20130509-00.jpg

遠くを見つめる人

20130509-00.jpg

皆、何を感じているのだろう。

20130509-00.jpg

船は火葬場(マニカルカーガート)に進む。

20130509-00.jpg

近くからの撮影はNGだが、
遠くから撮る分には問題ないとのこと。

ここのガートだけは明らかに他と違う異様な雰囲気だった。
薪が積まれ、炎から煙があがる。
他のガートと違い全体が灰色で、雰囲気までもが灰色だった。

実際に焼かれているらしきそれは見えなかったが、
24時間火葬の煙は途絶えることがないらしい。

乗船したガートに帰ると、たくさんの人で溢れかえっていた。

20130509-00.jpg

20130509-00.jpg

聖なるガンガー。
たった1時間ボートに乗っただけで、
僕には全てを感じることができなかった。

ここに集まる人々、その人々の思い。
僕が理解できる領域を遥かに超える偉大なものがあるのには違いない。
分かったのはそれだけだった。

【おまけ】

朝ボートに乗っているのは欧米人が多かったです。

20130509-00.jpg

20130509-00.jpg

意外なのですが、日本人をあまり見かけません。
時期的なものでしょうか?

20130509-00.jpg

次回は...
バラナシで毎晩行われる礼拝、プジャー。
そこで見た光と影。を予定しております。お楽しみに!


ブログランキング参加中!
現在9位前後!最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-09 :  ◆ 北インド : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

バラナシで迷子のお知らせです

20130508-00.jpg

*リアルタイムもインド・バラナシ。
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

15日間も居たブッダガヤからやっと離れ、
電車で4時間、バラナシに到着しました。

20130508-00.jpg

バラナシで観光客が滞在するメインとなるのが、
ベンガル・トラロードという通りとその周辺(たぶん)。

20130508-00.jpg

しかしここ、道幅が細い。

20130508-00.jpg

そして汚い。ハエが何十匹も舞い、サルがゴミをあさる。

20130508-00.jpg

牛が顔を出す。

20130508-00.jpg

犬が寝る。

20130508-00.jpg

迷路みたいになってて、ちょっと道を外れるとわけ分からなくなります。

20130508-00.jpg

20130508-00.jpg

でもそれが楽しくもあり。

20130508-00.jpg

今までインドを旅してきたけど、
この継続的な「裏道感」はバラナシだけ。
独特の雰囲気があります。

モロッコに行ったことがないんだけど、
いろんな人のブログを見てたらそれに近そうな雰囲気も。

20130508-00.jpg

しばらく迷路を歩くと、やっとガンガーが見えてきました。

20130508-00.jpg

バラナシのガンガーは想像してた以上に幅が広い川。

20130508-00.jpg

20130508-00.jpg

ガンガーを眺めているだけで、落ち着く。

20130508-00.jpg

20130508-00.jpg

バラナシに沈没する人の気持ちが少し分かった気がする。

20130508-00.jpg

20130508-00.jpg

20130508-00.jpg

人々が沐浴するガートに行くには急な階段を上り下りせねばならず...

20130508-00.jpg

思わず(?)足首を捻挫しています。。

結婚式もやってました。

20130508-00.jpg

今の時期(4~6月)はインドで結婚式シーズンだそうで、
どこに行っても毎日のように大音量の音楽がかかっており、
派手な装飾を見かけます。

有名な宿、クミコハウスを発見。

20130508-00.jpg

こちらも有名なババゲストハウス。

20130508-00.jpg

と、その隣の評判が良い宿、シヴァゲストハウス。

20130508-00.jpg

評判が良い宿、フレンズゲストハウス。

20130508-00.jpg

20130508-00.jpg

20130508-00.jpg

中を見せてもらったけど、綺麗で良さげでした。

20130508-00.jpg


シングル250ルピー(460円)
ダブル400ルピー(730円)
でwifi付き。ダブルしか空いてなかったので、結局別のところに泊まってます。

バラナシ、来る前までは本当に最悪を想定してました。
騙す人が多い、汚い、マリファナやってる長期沈没者が多い。
など悪いイメージしか聞いてなかったんですね。

でも実際来てみると意外に嫌いな雰囲気ではないかも。。と思ってます。

旅をしてみて実感するのは、
その土地に来てみないと自分に合う場所かどうか分からない
ということが往々にしてあるということ。

だからこそ僕は当初インド全都市制覇を目論んでたりしました。
(結局インド自体に対する飽きとスケジュールの都合上で
 諦めてしまいましたが。。)

ちなみにいまこのブログを書いているのが5/6で、
今日(5/6)にバラナシに着いたばっかりなので、
本当に撮って出しという状況です(笑)

バラナシにはあと1日しか居れないので、
明日は密度の濃い時間にしなければ、と思っております。

ブログもリアルタイムすぎて撮って出しするしかない状況なので、
できれば1日の出来事を3日くらいに引き伸ばしたいところです...苦笑


【本日のインド人写真】

アイス屋のトレンディ~なお兄ちゃんと、

20130508-00.jpg

その辺に居たおじちゃん

20130508-00.jpg


【おまけ】

バラナシのメイン通りにある、「ソナの何でも屋」

20130508-00.jpg

ソナは23歳の日本語をうまくあやつる男。
バスや列車のチケット手配、本の物々交換、バラナシのいろはなどなど、
日本語で何でも相談できる。らしい

20130508-00.jpg

僕は近くにwifiもしくは自分のPCが使えるネット屋はないかって聞いたみたのですが、
「だったらうちに来なよ。1時間30ルピー(55円)」とのこと。
インドでは平均的な値段だったので、
彼の部屋に付いていったんですが、
「1時間50ルピー(92円)取るよ。家だからね。
 困ってたから助けたんだ。ありがとうって言いなよ?」
などと上乗せ&押し付けがましく言ってきました。

あ~~~結局インド人じゃねえか。
僕は残念な気持ちで「だったらいいよ。他探すから。。」とその場を去りました。

ちょっと歩いたら、
すぐ自分のPCを使えるネット屋が他にありました(cyber cafeってところ)。
しかも1時間20ルピー(37円)だったしね。

ソナさんに助けられた日本人はたくさん居るとは思うのですが、
まわりのインド人が「あの人は金にがめついから気をつけろ」
と言っているらしいです。

実際、バラナシからカトマンズ(ネパール)までのバス、
通常だったら600ルピー(1,100円)くらいのところ、
ここでは1,000ルピー(1,840円)と言ってきました。

この人、使い方によっては旅に役立つとは思うのですが、
日本語を操るのがうまく、
僕の場合は知らぬ間に巻き込まれてしまってました。

人を信じるときは一呼吸おいて、きちんと考えてからの方が良さそうですね。
特にここインドでは...。
などと、ホームステイ明けで対人感覚が麻痺していた僕は
気を引き締めたのでありました。

次回は...
「リアルタイム・バラナシ滞在記」を予定しております。お楽しみに!


ブログランキング参加中!
現在9位前後!最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-08 :  ◆ 北インド : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

インドで15日間ホームステイをしてみた

20130507-00.jpg

*リアルタイムはインド・バラナシにやっとこさ到着。
 ここまで来るのに4ヶ月もかかってしまいましたよ...
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

※今日はやっとそれなりに内容のある記事が書けそうな予感

インドの仏教聖地・ブッダガヤ。

20130507-00.jpg

この街で、僕は2週間ほど現地のお宅にホームステイをしていました。
もう最終的には本当に家族のような関係性になっていました。

前々からホームステイというものに興味があったものの、
それって欧米で留学とかしないと無理なんじゃないかと思ってました。

インドでホームステイできたら面白そうだけど、
そんなチャンスあるかなぁ。
そんなことをぼんやり頭の片隅に置きながら旅をしていました。

ブッダガヤに着いたとき、初めは普通のゲストハウスに泊まっていました。
そこのロビーに居たのがホームステイ先のご主人、
ゴータム・プラサドさん(55歳・略してGPさん)。
★その後こいつに金銭面で騙されてしまいました。

20130507-00.jpg

僕が泊まっていた宿のご主人とGPさんは義理の兄弟関係で、
家族ぐるみの付き合いだったということでロビーで話をしていたわけ。

GPさんが僕を見るなり「うちでホームステイしてみない?」
と流暢な日本語で声をかけてきました。

4ヶ月近くインドに居て、
まず日本語で話しかけてくるインド人にはだいたい初めは危機感を持つのが
当たり前になってきていたんですが、
なぜかこの人に関しては何故かあまり自分の中に疑いが生まれなかったんです。
★今思えばそれが地獄の始まり

「一度うちに来てみて、ダメなら別にそれでもいいから。
 お金は1日3食付きで200ルピー(360円)くらいでいいよ」
とのこと。

前々からホームステイに興味あったのと、
料金的にも納得できる額だったので、
とりあえずお宅に行ってみることに。

「ここの部屋ね」

20130507-00.jpg


案内された部屋はかなり年季が入っておりましたが、
広めのベッドがありまぁ寝るのには問題なさそうだということで、
とりあえずOK。

1泊してみて無理そうだったらここから出よう、
と考えていました。

その晩は別のゲストハウス泊だったんですが、
さっそく料理をお宅で振舞ってくれました。

20130507-00.jpg

レストランで食べるのより、
【温かみ】が感じられる味。

これまた年季の入ったキッチンで
食事を作る過程も見せてもらいました。

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

翌朝からはホームステイ開始。
早速朝お宅に行ったら、チャイを出してくれました。

20130507-00.jpg

結果的にこのチャイはこれまで20杯近くはいただきました(笑)

ふと部屋を見回してみると、なぜかたくさんの日本語の本が。
過去にも日本人が何人もホームステイしていたそうで、
その人たちが置いていったものだとか。

その中に【歩き方】のネパール版を発見。

20130507-00.jpg

僕が「これからネパールに行く予定」と言ったら、
この本を貸してくれることになりました...らっきー!
(郵便で返してね、とのこと。ちょっと面倒そうw)

ネパールの歩き方を読んだりごろごろしていたら、
何だか熱っぽくて体調が悪くなってきました。

⇒ここから7日間ほど、僕は39度の熱・下痢・吐き気により、
 意識朦朧の状態に陥ります。
 ブログも一時休止しました。。

★まさか仕組まれた?!?

そこから先は以前も書いたのですが、
GPさんの車で病院に連れて行ってくれて、

20130507-00.jpg

薬を代理で買ってくれて、

20130507-00.jpg

おかゆを作ってくれて、

20130507-00.jpg

ホットミルクを出してくれて、

20130507-00.jpg

お菓子やミカンを買ってきてくれて、

20130507-00.jpg

意識朦朧であまり覚えてないのですが、
とにかく何から何までやってもらっていました。。


そして、元気になったら色々なものが見えてきました...笑

泊まっていた部屋に関して。
7日くらい意識朦朧の中泊まっててまったく気づかなかったのですが、
ここはゴキブリとネズミの住み家だったということ。

ゴキブリは特大のが1日に3匹くらい出ましたし、
ネズミもでっかいのが1日2匹は出ました。
さすがインドの家。。レベルが違いすぎまっせ。

僕が大騒ぎしたら、ネズミ捕りをセットしてくれました(笑)

20130507-00.jpg

中にチャパティをセットするというのが笑える。
そして捕らえた大物がこちら。

20130507-00.jpg

1匹捕まえて安心して寝てたんですが、
明くる日も別の大きいのが何匹も出ました。。

僕の精神衛生レベルを遥かに上回る部屋だったことに気づき、
助けてもらって申し訳ない気持ちを抱えつつも、
前に居たゲストハウスに戻らせてもらったのでした。。

宿は変えても、食事だけは食べに来てね、
って言われたので3食は食べに言ってました。

チキンのカレーとか、

20130507-00.jpg

ポテトのフライとか、

20130507-00.jpg

まぁだいたいカレーなのでそろそろ飽きたな...
って思ってたらタイミングよくチョーメン(焼きそば)出してくれたり。

20130507-00.jpg

外のレストランに連れてってくれた日もありました。
(ここのほうれん草カレー&バターナンがめっちゃうまかった!)

20130507-00.jpg

GPさんのところには娘が全部で6人居て、
そのうち4人に会うことができましたが、
いずれもモデル並みの美人!でした。
(残念ながら写真なし...)

インドという国からこんな可愛い子が生まれるのかというくらい。

娘は6人なのに、息子が1人も居ない。
だからか、僕を息子のように可愛がってくれました。


GPさんが雇ってる人が2人居て、
気づいたらこの2人も僕の家族みたいになってました。

◆グルさん(54歳・料理人/洗濯物/その他家事雑務全般・愛称グルじい)

20130507-00.jpg

ただのお手伝いさんではなく、英語と日本語が堪能。
観光ガイドの経験もあり。

20130507-00.jpg

この人、日本語なんて日本人以上のうまさなんですよ。

日本語使えるインド人てとにかくお喋りな人が多いんですが、
この人は【必要以上のことは一切語らない】。
そして口に出す日本語は全てイントネーションがもう日本人すぎました。

・「忘れ物ないでしょ?」
・「どうぞここに座って」
・「今日は風があっちーなぁ」


など。
彼のその洗練された言葉選びに毎回関心させられると共に、
癒されておりました。


◆サルマン(29歳・ドライバー)

20130507-00.jpg

日本語や英語はほとんどできませんが、
いつも笑顔に癒されてました。

20130507-00.jpg

顔が小さくて、年齢的には兄貴なのに弟みたいな感じの可愛さがありました(笑)
こう見えても3人の子どもが居ます...!


ある日、GPさんがブッダガヤから車で4時間ほどの
国立自然保護区(?)に連れて行ってくれました。

20130507-00.jpg

【歩き方】などのガイドブックには載ってない場所。

20130507-00.jpg

自家用車のまま突入です。

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

枯れた木々たち。。

20130507-00.jpg

この辺、今の時期昼間は45度くらいになるんですよ。。

20130507-00.jpg

「みんな動物たちは涼しいところに非難してるんだね」とGPさん。
あの...完璧に時期はずれですね?

でも自然の中に身を置くって気持ち良い。
特にインドは街中とのギャップがあって、そのありがたみが実感できます。

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

「ここはインドだから、どこでも立ちションして良いんだよ」

20130507-00.jpg

国立保護区内で堂々と立ちションをするGPさん。


それにしても、動物がほとんど居ない。

一匹だけ居たこのシカと、

20130507-00.jpg

街中でもよく見るサルが遠くの方にちらほら。

20130507-00.jpg

あとは見飽きた牛。

20130507-00.jpg

水浴びするバッファローも新鮮味がない。

20130507-00.jpg

暇だったのでグルさんの後について行く。

20130507-00.jpg

感慨深げなグルじい。

20130507-00.jpg

一つの見晴台に着いた。

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

ここでグルじいと写真撮り合いっこして遊んでました。

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

花畑とサルマン

20130507-00.jpg

このサルマン、少年にしか見えない。

20130507-00.jpg

動物はあまり見れなかったけど、
みんなで自然の中で過ごした心地よいひと時でした。

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

そんなこんなで、15日間のホームステイが終了。
(後半は別の宿でしたけど...)

ここまで深く現地の人と関わりあって、
しかも助けられてしまって。
こういう経験て、旅の中でなかなかできるもんじゃないだろうなと思いながら、
一日一日過ごしていました。

GPさんは常に僕に気を使ってくれて、
何でも買ってきてくれたり、
何したい?どこ行きたい?って聞いてくれたり。
★頼んでもないのにね...今思えばすべてが騙しへの誘い

すごく嬉しいことなんだけど、
最後の方はそれが若干鬱陶しくなってしまい、
本気で1人になりたいって思ったりもしました。

僕はもともとあまり深く人付き合いするっていうのが苦手で、
ある程度気を許せるようになるまでに時間がかかるんだと思います。

常に自分で考えて動けないことが続くと相当のストレスが溜まります。
だから1人旅じゃないとちょっと厳しいんだと思います。

でもやっぱりこの人たちとはもう家族みたいになってしまったのと、
1人で動くのも前よりエネルギーが必要になっていることに気づいて、
ずるずる15日間。。


やっと決心して次の街へ!って思ったら、
デモで電車がストップしてしまって動けなかったり。
(その情報もはじめGPさんが教えてくれた)

とにかくこんなに良くしてくれる人たちには、
後にも先にもなかなか出会えるもんじゃないと思います。
★人を騙すための良心

最後に、最初に言っていた「1日200ルピー」の代金を渡そうとすると、
受け取ってくれませんでした。

「もう家族みたいになってるし、
 今までやってきたことは全部【気持ち】だから」って言われてしまい。

僕は時間もなく他のお礼も考えていなかったので、
微妙な別れ方しかできず。。
本当に感謝の気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです。
★恨みの気持ちしかないです。

今後の旅も、お世話になった人への感謝の気持ちを忘れずに。
そして人との付き合い方ももう一歩踏み入ってみたい。
そこから見えることがきっと、たくさんあるはず。
そんなことを感じた15日間なのでした。
★と、その時は思っていました。

さて次回は...
いよいよブッダガヤから離れてバラナシへ!
ここに来るまで4ヶ月もかかりましたよ。。。
リアルタイムすぎてブログが追いつくか微妙なので、内容未定。

★皆様、インドでホームステイされる際には充分ご注意ください


ブログランキング参加中!
現在最高位9位です!最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-07 :  ◆ 東インド : コメント : 9 : トラックバック : 0 :

旅について。ブログについて。

20130506-00.jpg

*リアルタイムはブッダガヤ。明日の朝にはバラナシに着けるはず...!
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

※前回の「次回予告」から内容を変更してお送りいたします。

旅において「やることがない」という現象が発生することに、
私はこれまで慣れていなかった。

やることが無ければ決まっていつも次の街に移動した。

旅は、自分を心地よいと思える場所にいつでも移動させることができる。
自ら環境を「選択する」ことができる。
だから私はここまで旅を続けてこれたのだと分析する。

しかしここブッダガヤでは初めてそれが通用しなかった。
意識朦朧状態で7日間苦しんだ末、
ホームステイ先の家族からなかなか離れられずに居た。

いざ次の街へ移動しようと決心すると、
電車やバスの全てがストライキを起こし足止めを喰らった。
まるで何者かが見えない力でそれを阻止しているかのように。

私はブッダガヤの街にだいぶ前から飽きてしまっていた。

20130506-00.jpg

言ってしまえばインドからもうそろそろ離れたいと強く感じていた。

飽きた土地に何日も居なければならない。
それも次にいつ移動できるのかが見えない。
旅人にとって一番辛いことはこれではないか。

そういった経緯で私はここで初めて「することがない」という事態に陥った。

そんな折、宿に何気なく置かれてあったこの本に出会った。

20130506-00.jpg

ハルキ・ムラカミ。

彼の代表作は一通り目を通してきたつもりであったが、
何故かこの小説に関してはいままで触れることがなかった。

ここで出会ったのは以前から「決められていたこと」のように思えて仕方なかった。

何故か1部目がどこを探しても見当たらない。
私はそれを当然のこととして受け止め、
あくまで自然な流れをもってして2部目から読み始めた。

私は時間を忘れてこの作品を読み耽った。

文字を目で追う楽しさ。
胸を熱くするフレーズ。
先読み不能な展開構成。

ハルキ・ムラカミはいつも、
非日常的なものが日常の延長線上にあることを教えてくれる。

この作品に出会って、
自分の旅そのものを見直す必要があるのではないかと考えるにまで至っている。

私は旅において常に「考える」ということを放棄してきた。
考えながら旅をするのは得意ではない。
何より「必要としていなかった」。

20130506-00.jpg

ブログにおいても結果的に多めの写真と少な目の文章という構成になっていた。
私が苦手な「自分の感情を文章で表現すること」。
これを誤魔化す手段としての写真であった。

そんな時にこの本に出会い、
文章で人を巻き込むことの面白さを理解し始めている。

20130506-00.jpg

時間についても考えるところが多かった。

物語の中で、主人公は彼が解決しなければならないと思う彼自身の問題を、
彼自身の考えた方法で解決しようとする。

そこに描かれた時間に関する概念および考察は、
私の現実生活における「考えるネタ」の優先順位上位に成り上がるのに
さほど時間を要さなかった。

旅において、時間というものをどう捉えていけば良いのだろう。

限られた時間、限られた人生のはずなのに、
時々ものすごく長い苦行の中に居る気がしてしまう。
あるいはいつまでも醒めることのない夢の中に居る感覚。

20130506-00.jpg

この本の中には、
「○○しなければならないのだ」とか
「○○というのは最初から決まっていた」などの表現が数多く出てくる。

我々は、我々が思っている以上に固定され、
移動させることが難しい世界に存在しているのかも知れない。

= = =

ということで、ネタがなさすぎて、
久々に読んだ村上春樹にすぐに影響されて
何も考えずにかぶれた文章をだらだら書きました。

しかし、村上春樹の本って旅と相性良すぎな気がします。

ずっと沢木耕太郎さんの「深夜特急」が旅の共だったのですが、
そっちが実話であるのに対して、
小説は自由度が高く想像も膨らんでいくことを実感しています。

皆さんはお気に入りの本などありますか?


相変わらず文章表現は苦手なので、
今後もひたすら写真で誤魔化していくと思います。

さて次回は...
「ブッダガヤでの15日間におよびホームステイのまとめ!」
を予定しております。お楽しみに。

ブログランキング参加中!
現在10位です。最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-06 :  ◆ 東インド : コメント : 6 : トラックバック : 0 :

【出費まとめ】1ヶ月2万円でインドに滞在する。

20130505-00.jpg

*リアルタイムはインド・ブッダガヤ。
 一刻も早くバラナシに移動したいのですが、大規模なデモの影響で、
 バスも電車もストップして足止めを食らっています...
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

北インド、首都デリーに近いグルガオンで2ヶ月留学生活を送った後、
ムンバイから始まった僕の旅。

南インドを1ヶ月、その後スリランカを1週間旅した後の1ヶ月間、
ほとんどの期間を東インド(プリー・コルカタ・ブッダガヤ)で過ごしました。

20130505-00.jpg

※青線=陸路 赤線=空路 緑線=今後の予定
※カッコ内は宿泊日数

プリーに11泊、ブッダガヤに15泊という、
旅というより【沈没】【生活】だった1ヶ月間。
(しかもブッダガヤにはあと2泊ほどしなければならない予定です...)

いつものように、出費をまとめてみました。結果がこちら!

20130505-00.jpg

1日平均=692円でした。

南インドの旅30日間で計51,810円
1日平均=1,727円だったことを考えると、
格段に安いことが分かります。

(参考)↓南インド30日間の出費

20130505-00.jpg

これには大きなからくりが2つありまして...

◆プリーでの11泊は最強宿サンタナロッジで1泊175ルピー(310円)だった
◆ブッダガヤでの15泊、ほとんどは現地のお宅にホームステイしており、
 宿代&食費は一切かかっていない


また、ブッダガヤで熱を出して病院に行った費用等は立替えで支払ってはいるのですが、
後から保険で返ってくるだろうという予測で含んでいません。


1つ1つ見ていきます。

【食費】6,436円 1日平均=215円

20130505-00.jpg

1日589円の食費だった南インドの旅生活に比べると、相当安く抑えることができました。

要因は前述の通り、

最強宿サンタナロッジで朝・晩の食事は無料だった
(昼も格安で美味しいもの食べれた)
◆ブッダガヤでは食費を一銭も払わず生活していた


の2つに尽きます。

サンタナロッジの朝食は日替わりの焼きたてのパン。

20130505-00.jpg

昼、夜も何種類もある中から選べるので飽きない。

20130505-00.jpg

かき氷(30ルピー=54円)、
ちょっと高いけど美味すぎて毎日のように食ってた...

20130505-00.jpg

ブッダガヤではホームステイ先で毎食用意してくれた(すべて無料!)

けっこうな確率でカレーだったけど...
写真はチキンカレー。

20130505-00.jpg

そろそろカレー飽きたな...と思っていたら、
タイミングよくチョーメン(焼きそば)を出してくれたり。

20130505-00.jpg

39度の熱が一週間続いてたときはほとんど何も食えなかったけど、
それでも食えるようにっておかゆを作ってくれたり。

20130505-00.jpg

一円も払っていないのが本当に申し訳ないと思います...


【宿代】5,925円

20130327-00.jpg

30日のうち、3日は夜行列車での移動だったので、
27日間宿に泊まってたorホームステイしてたことになります。
27で割ると、1日平均=219円
※南インドのときは、1日平均=565円でした

何度も言いますが(笑)、
サンタナロッジは1泊食事付き175ルピー(310円)

20130327-00.jpg

サンタナでの生活が懐かしい...

20130327-00.jpg

楽しかった日々...

20130327-00.jpg

戻りたい...

20130327-00.jpg

ブッダガヤでホームステイしてたときはこの部屋でした

20130327-00.jpg


また別記事でホームステイについてまとめようと思ってますが、
この部屋、僕には相当レベルの高い部屋でした...

意識朦朧としてたときの7日間はまったく気づかなかったのですが、
元気になったとき、
この部屋はゴキブリとネズミの住み家であることに気づきました!

一晩に、

・ゴキブリ(特大)2匹
・ネズミ(特大)1匹
・ネズミ(小型)2匹

が同時に出現し、
それは僕の精神衛生レベルの限界をはるかに上回るものであったため、
お願いして別の宿に泊まらせてもらってました(笑)

宿を変えた後も、食事のお世話だけはしてもらってます。。。
ほんと、何から何までお世話になりまくってます。


【交通費】5,963円 1日平均=199円

20130327-00.jpg

長距離の移動はすべて夜行列車。
全部で3回乗りました。

①チェンナイ ⇒ ブバネーシュワル(20時間、2ACクラス、3,160円)
②プリー ⇒ コルカタ(9時間、SLクラス、520円)
③コルカタ ⇒ ガヤ(7時間、SLクラス、450円)

①は奮発して、上から2番目の車両に乗りました
エアコン効いてて、食事付きで快適でした!

20130327-00.jpg

その他短距離はバス、リクシャー、タクシーなどが1,833円。
意外にこっちが結構かかってますね。。


【ネット代】1,317円 1日平均44円
※フリーwifi宿代は含まず

20130327-00.jpg

サンタナロッジでは、1日50ルピー(90円)でwifiが使い放題。
毎日使ってたのでけっこうな額にいってしまいました...

ブッダガヤでははじめネットカフェ1時間30ルピー(55円)に行っていましたが、
どこも超ロースピードで、画像のアップに時間かかりまくり。
ブログ更新に支障をきたすレベルでした。

途中からwifi付きの宿に切り替えたら、サクサクできました。

↓ストレスフリーなwifi付きの宿、SAKURA HOUSE
追記:★この宿、詐欺宿として有名です!

20130327-00.jpg

ここ、旦那さんはインド人、奥さんは日本人なので安心ですね。
追記:★僕はこの宿でトラブルに遭いました。
 ブッダガヤを訪れる方、ぜったいに他の宿に行ってください。



【その他】1,107円
・日用品(石けん、トイレットペーパー)
・世界遺産入場料
・レンタサイクル
・駅での有料AC付き待合室代
など。

【まとめ】
今回、幸運が重なり、1ヶ月21,000円弱でインドで生活することができました。
サンタナロッジ、ブッダガヤでのホームステイがなければ、
浪費家で知られる私はこの金額をたたき出すことは出来なかったはず。

1箇所に十数泊したので、移動費も抑えられたってのもありますね。

これからもコスパの高い宿探しに精力を注ぎ、
もし旅の途中で親切な方々に出会ったら感謝の気持ちを忘れずに参りたい、
そんな所存でございます。

以上、1ヶ月の東インド滞在出費まとめでした。


さて次回は...
【ちょっと本筋から離れて、今までのルートの振り返りおよび、
今後の旅ルートを考えてみる!】を予定しております。お楽しみに。

ブログランキング参加中!
現在最高位9位!最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

【関連記事】
【出費まとめ】世界一周・インド滞在1ヶ月間
【出費まとめ】世界一周・スリランカ7日間
【出費まとめ】インド留学生活2ヶ月の総額
関連記事
2013-05-05 : ★まとめ記事(出費その他) : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

撮って出しブッダガヤ

20130504-00.jpg

*ブログもリアルタイムもブッダガヤ!
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

東インドのブッダガヤという街。

20130504-00.jpg

仏教の聖地として知られるこの街ですが、
とても小さな街なので、1日、くまなく回っても1日半くらいですべて見終えてしまいます。

そんな街を、3回にも分けて記事にしている理由。

実際にはここに15日間も居て、そのほとんどが何もない日々で、
ブログがリアルタイムに追いつきすぎて書くことが無くなったからですよ。


この街、僕は雰囲気なども大して好きな街ではありません。。
何にもなければ2日くらい滞在して次の街へ行く予定でした。

20130504-00.jpg

が、この街に来た次の日から約7日間、
39度の熱を出してほとんど意識朦朧の中、
ベッドの上でのたうち回って居ました。
ブログも一時休止しました。

その為、
1回で書き終えてしまうような内容を
3回にも分けねばならない事態に陥っている

というわけですね。

本日も、その引き伸ばし撮って出しにお付き合いくださいませ。

= = =

ブッダガヤの中央に位置するのが、世界遺産のマハボディ寺院。

20130504-00.jpg

靴を脱いで、預けてから入場します。

20130504-00.jpg

にしても、旅してると足ってすぐ汚れるよね...

20130504-00.jpg

汚い&日焼けでみすぼらしい僕の足。
ブッダ様、お許しいただけますでしょうか?

この時期、日中は45度くらいにまでなるブッダガヤ。
その時間にちょっと外に出たことがありますが、
一瞬で頭おかしくなりそうな暑さでした。

だいたい日中はみんな外に出ません。
この寺院にも夕方涼しくなってから行くのが賢明のようです。

敷地内は厳かな雰囲気。

20130504-00.jpg

20130504-00.jpg

今までヒンドゥの寺院、イスラムのモスクにも行ってきたけど、
なぜか仏教の寺院が一番落ち着く。日本人てそういうものかな?
(※僕は無宗教ですが)

20130504-00.jpg

20130504-00.jpg

インドはヒンドゥ教徒が80%だから、
仏教のお坊さんを見るのはとても珍しいことのように思えます。

20130504-00.jpg

こちらはおそらくチベットかブータン?のお坊さん。

20130504-00.jpg

本殿に向かって座禅を組むお坊さんたち。

20130504-00.jpg

飲み物しっかり用意してますね。
ジュースとか飲んでるし。意外に気楽?

20130504-00.jpg

ブッダが沐浴したという蓮池。

20130504-00.jpg

ブッダが49日間瞑想に入ったという、菩提樹。

20130504-00.jpg


20130504-00.jpg

マンガ版【ブッダ】(手塚治虫)は4巻までしか読めてないんですけど(汗)、
それにも出てきたのでオォオオオこれが!ってなりました。

たぶん全巻読んでたら、もっと理解が深まるのかなと思います。

本殿の周りを囲むようにして、
クルクル回すハンドルのようなものがあります。

20130504-00.jpg

まったく知識が無いのですが、
きっとこの回転を絶やすといけないってことだろうと勝手に解釈して、
僕も回しておきました。

20130504-00.jpg

綺麗な花とお坊さんのコントラストが良い感じの雰囲気を醸し出してました。

20130504-00.jpg

20130504-00.jpg

周りには何やら赤くて綺麗な花を咲かせている木も植えられてました。

20130504-00.jpg

後から聞いたら、これインドの【桜】らしいです。

20130504-00.jpg

4~6月までずっと咲いてるらしい。
ぜんぜん儚くない(笑)
日本と違って強烈な発色で、これはこれで良いですね。

= = =

ブッダガヤからちょっと離れたところにある、セーナー村。
のどかな景色が広がります。

20130504-00.jpg

20130504-00.jpg

子どもたちが木登りで遊ぶ。

20130504-00.jpg

20130504-00.jpg

ここにはブッダの妻スジャーターが
瞑想に入っているブッダにミルクがゆをあげたとされる寺院があります。

20130504-00.jpg

20130504-00.jpg

20130504-00.jpg

これも【ブッダ】4巻までに出てきました。
やっぱりきちんと最後まで読んでから来るべきだったか。。
※前回書きましたが、ブッダガヤでは日本寺で【ブッダ】を全巻読めます


ここの寺院では勝手におじさんが解説を始めて、
最後に「恵まれない子どもたちに寄付を」と言ってお金を要求してきます。
(【歩き方】に載っているとおりでした)

20130504-00.jpg

記帳表には日本人の名前もたくさんありました。
もしドネーションされる際は、
それが何に使われるか、よく見極めたほうが良いかもしれません。
(などと、【歩き方】に書いてありますw)

20130504-00.jpg

以上、撮って出しのブッダガヤをお届けしました!
もう本当に書くネタなくなってきてます!
そういうときのつなぎが下手なので、はやく次の街に移動したい!
もしくは何かネタください!w


次回は...
リアルタイムネタにも困ってきたので、東インド1ヶ月間(4/4~5/3)の出費まとめ!
3万円以内を目標にやってきたが、果たしていくら使ったか?お楽しみに。

ブログランキング参加中!現在10位前後です。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-04 :  ◆ 東インド : コメント : 4 : トラックバック : 0 :

座禅の後は「聖☆おにいさん」でお清め

20130503-00.jpg

*リアルタイムもブッダガヤ!もう15日目...
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

ブッダガヤにある「印度山日本寺」

20130503-00.jpg

20130503-00.jpg

各国の仏教寺院があるブッダガヤでも、
やはり我々日本人はこの荘厳な雰囲気が一番落ち着くのであります。

20130503-00.jpg

20130503-00.jpg

20130503-00.jpg

ここでは毎日朝と夕方、勤行に参加することができます。

20130503-00.jpg


朝は5:00~6:00(※)、夕方は17:00~18:00。
※冬季は6:00~7:00

「朝早起きして、小鳥のさえずりしか聞こえない中で組む座禅が最高に気持ち良い」

と聞いてはいたものの、
やはりそんな早起きできる自信もなく、
ちょうど行った日のあと何時間か後に夕方の部がはじまるところだったので、
参加してみました。

17:00になるとお坊さん(日本人)がやってきます。
参加者は皆この祭壇の前にある広間に、
おもむろにそれぞれ距離を取りながら座っていました。

20130503-00.jpg

最初の40分は、お坊さんの読むお経をひたすら聞きます。

20130503-00.jpg

お経、お葬式とか以外であまり聞く機会がなかったのですが、
上がったり下がったりする音調は、妙に心地よさを誘います。

20130503-00.jpg

そして、次の20分は座禅を組みます。
お坊さんが座禅の組み方を教えてくれます。

本来は両足の先をひざの中に入れないといけないのですが、
「無理のない態勢で」とのことでした。

20130503-00.jpg

座禅初心者の僕は本来の正しい形で足を組めることもなく...
通常のあぐらの恰好になってしまいました。

ここから20分。

目をつぶらず、斜め下を見つめる。

息を吸い、吐く、を繰り返す。

何か考えてしまいそうになったら、
とにかくそれをやめて呼吸していることにのみ集中する。




...無理でした(笑)

とにかく3分後くらいから足が痛くて痛くて...
いつ終わるのか、頭の中でカウントダウン。

が、なぜか頭の時計で1時間経っても終わらず(汗)

とにかく「無」の境地とは程遠い初日の勤行となりました...!

でも、ほとんどの人がそうでしょ!そうに決まってる!


※そして慣れないことをしたこの翌日、
 僕は39度の熱を出し意識朦朧状態に陥ります...笑


= = =

この日本寺には、図書館が併設されています。

20130503-00.jpg

ここには各国の「地球の歩き方」や仏教にまつわる本、
その他日本語の小説や評論本が数多く揃えられていて、
無料で読むことができます。

20130503-00.jpg

これらは今までここに来た人たちの寄付によるものだとか。


そして驚きなのは...

20130503-00.jpg

マンガ版「ブッダ」が全巻が読める...?しかも...ぬぬぬあんと!

20130503-00.jpg

あの「聖☆おにいさん」までもが読めると!!!

「聖☆おにいさん」と言えば、
ブッダとイエスが東京都立川のアパートで共同生活をするっていう、
シュールかつある意味タブーなマンガです。

20130503-00.jpg


ここ仏教の聖地ブッダガヤでそれが読めるっていう...

仏教なのか、ブッダガヤなのか、インドなのか。
そのどれか(あるいはすべて)の懐の深さを感じざるを得ず、感無量でした。泣


ブッダガヤは今の時期、昼間は40度くらいまでいくので、
外に出るのは相当体力消耗します。

ここの図書館で扇風機にあたりながら、
ゆっくりガイドブックで今後の旅の計画を立てたり、
仏教の本を読んで勉強したり。

はたまた「聖☆おにいさん」を読んで、
えもいわれぬ空気に浸るのも良いかもしれませんね。

次回は...
ブログがリアルタイムに追いつきすぎて書くネタなし!
さぁ、どうやってつなぐか...お楽しみに。

ブログランキング参加中!現在10位前後。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-03 :  ◆ 東インド : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

アジア一周を半日で終わらす方法

20130502-00.jpg

*ただいまインド・仏教の聖地ブッダガヤ!
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

コルカタから夜行列車に乗って約8時間。

20130502-00.jpg

ガヤという駅で降り、そこから乗り合いリクシャで40分。

20130502-00.jpg

20130502-00.jpg

だんだんヤシの木や田んぼが広がる、田舎の風景になっていきます。

20130502-00.jpg

インドの仏教聖地・ブッダガヤに到着しました。

20130502-00.jpg

田舎町と聞いていたんですが、
意外に人も多くてごちゃごちゃしてます。

以前書いた通り、ここでは病気で1週間程動けなかったので、
見事にブログがリアルタイムに追いつきました。
(今もなおブッダガヤに居ます)

今までの書くことが有り余っていた状況とは一変、
今度はネタ切れで何書けばいいのか分からない状況になってきました(笑)


...とりあえずブッダガヤという街について。

ここは小さな街で、日本人観光客も多いためか、
流暢な日本語で話しかけてくるインド人が多いです。
(そのほとんどは商売目的なので無視してますが)

標識も日本語表記あり。

20130502-00.jpg

ここには各国(アジア)の仏教寺院が建てられていて、
歩いて見て周るのも面白いです。

<各国の仏教寺院>

【中国寺】

20130502-00.jpg

【台湾寺】

20130502-00.jpg

【バングラディシュ寺】

20130502-00.jpg

【ブータン寺】

20130502-00.jpg

【チベット寺】

20130502-00.jpg

【タイ寺】

20130502-00.jpg

そしてそして、日本寺

20130502-00.jpg

やっぱりこの日本寺の雰囲気が一番落ち着く。
ここ本当にインドなのかな?
日本人のお坊さんも居て、もう完璧にここだけ日本でした。

その他、韓国寺、ミャンマー寺、スリランカ寺、ベトナム寺、チベット寺もあります。
(病床に伏していた為巡れておりません...汗)

ここ以外に、ネパールのルンビニーというところも仏教の聖地で、
ここには何とドイツ寺、フランス寺、オーストリア寺といった
ヨーロッパの仏教寺院もあるらしいです。

にしても、これだけ狭いエリアに各国の寺院があるなんて面白い。
東南アジアをすっ飛ばしてインドに来た僕としては、
そのことに対して少し心残りがあったのですが、
アジア一周をしている気分に浸れて、欲求が満たされたのでした(笑)

各国のお寺には宿泊できるところもあって、
有名なのがミャンマー寺、ブータン寺など。

その中で一番「きれい!」と評判が良いのが、
日本のお寺・仏心寺です。
※「日本寺」とはまた違うお寺です。

20130502-00.jpg

お寺とはいいつつも、宿泊施設は完全に「ゲストハウス」になってます。

20130502-00.jpg

20130502-00.jpg

僕は既に現地の方のお宅にホームステイしていたので、
部屋だけ見せてもらいました。
(⇒その後ホームステイ先の主人に騙されました

FAN付き・バスルーム付きドミトリー(3ベッド) 1泊300ルピー(540円)

20130502-00.jpg


FANなし・バスルームなしドミトリー(6ベッド) 1泊150ルピー(270円)

20130502-00.jpg

6ベッドドミは安くてトンネルみたいで可愛く、
とても清潔な部屋でしたが、
この時期日中は40度にもなるブッダガヤで
FAN無し部屋は自殺行為に等しくも思えました。。


ブッダガヤ、世界各国から仏教徒の方々が多く来るのですが、
現地に住んでるインド人はほとんどがヒンドゥ教徒
意外な感じもしますがやっぱりそこはインドなんですねぇ。

イスラム教徒もたくさん居て、彦麻呂風に言うと

まさに、宗教の宝石箱や~~~

って感じの土地です。
それぞれ違う宗教ながらも、
特に揉め事もなく仲良くやってるみたい。

いつも、そこがすごいよなーと、インドに居て思います。


次回は...
ブッダガヤで生まれて初めて座禅にトライ!
足が痺れてしばらく立ち上がれず...?お楽しみに。

ブログランキング参加中!現在11位前後。
引き続き「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
2013-05-02 :  ◆ 東インド : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。