スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

人生初野宿か...?~10時間遅れの列車~

20130416-00.jpg

*リアルタイムはインド・プリー。1泊310円で2食付きの最強宿サンタナ10泊目...
 堕ちてゆく...そろそろ動き出さねば!
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

スリランカからインドに戻る日がやってきました。
アユボワーン!は、スリランカの挨拶(こんにちは)

20130416-00.jpg

この日が来ることは分かっていたけど...
もうほんとスリランカが居心地良すぎて、
またあの忌まわしきインドに帰らなければならないと思うと、
憂鬱で仕方なかった...

帰りの飛行機は安いスパイスジェットが無くて、
仕方なくその倍の値段を払ってスリランカ航空。

20130416-00.jpg

わずか1時間30分の間に食事が出ました。

20130416-00.jpg

カレーヌードル的なやつとヨーグルト!
死ぬほど腹減ってたんで、このタダメシはありがたすぎる!

飛んで、食事が出たと思ったら、あっという間にチェンナイ着。
あぁ...インドォオオオ。。

ベルトコンベアに流れてきた僕のバックパック。
付けていたはずのカバーがあっさりはがれておりました。

20130416-00.jpg

ずーーーっと待ってるも、全く流れてこず。
くそーーースリランカ航空!
まぁ、ビリビリに破けていたので、
処分してくれたという意味でむしろ感謝しなければならないかもしれません...なんでや!

空港から街中まで、リクシャで言い値600ルピー(1,080円)で高すぎ、
300ルピー(540円)まで値切って難なく交渉成立。
ああインド...所要1時間30分。

20130416-00.jpg

人多すぎ。

20130416-00.jpg

クルマ多すぎ。

20130416-00.jpg

あぁ、インドに戻ってきてしまった。。

20130416-00.jpg

一刻も早くこの大都市チェンナイを抜け出したくて、
外国人専用窓口でチケットを買います。
その日の列車は空いておらず、翌朝8:30出発の列車が取れました。

翌朝まで、どう夜を越すか...
まず、駅のリタイアリングルームへ。
ここでは、24時間AC稼動のドミが210ルピー(370円)で利用できます。

が、1つもベッドが空いておらず、満室。

20130416-00.jpg

仕方なく駅の外をうろつき適当な宿を探すも、
どこも1,000ルピー(1,800円)前後のくそ高い宿ばかり。

1日くらい宿なしでも良いか...
最悪駅でこんな感じで寝るしかないのかな...

20130416-00.jpg

でもくそ暑い...人多すぎ...盗難怖い...
と思っていたところ、ウェイティングホールなる場所を発見。

20130416-00.jpg

最初の1時間30ルピー(55円)、それ以降1時間20ルピー(35円)。
中は写真撮影禁止だったのですが、
ステンレスのイスが100個くらい並んでる部屋で、

・クーラーがんがん天国
・列車のリアルタイム電光掲示板あり
・トイレあり、いつでも自由に行ける
・テレビ付き
・有料なので客層はある程度の金持ち
・掃除係りのおばちゃんが常に居て、床がピッカピカ


など、かなり居心地良い場所だったため、
結局夜10時~朝8時までの10時間
この場所でウトウトして過ごしました。

10時間=210ルピー(370円)で、
結局リタイアリングルームのドミと変わらない値段になっちゃいましたが、
だだっ広い駅でインド人に塗れて野宿よりはマシでした。

だって、これですよ?!?!

20130416-00.jpg

やばくないですかこの状況。
人多すぎ、地べたに寝すぎワロタ\(^o^)/

改めてインドの怖ろしさと、
戻ってきてしまった落胆の気持ち、
一刻も早く移動したい気持ちがごちゃ混ぜになって、
クラクラしてきました...

朝8時、ウェイティングルームを出るという頃、
掲示板で列車のホームを確認してみたところ、
なんと5時間遅れ=13:00出発予定の表示。

なるほどそうきたか、、、

ちょうど良いことに、チェンナイの街をまったく見ていなかったので、
出発までの時間街歩きでもしてみるか!

とりあえず荷物が重いんで、
メインのバックパックを駅にあるクロークに預けます。

20130416-00.jpg

1日15ルピー(25円)

いざチェンナイの街へ繰り出す。

20130416-00.jpg

街中に現れたキリスト。

20130416-00.jpg

南インドは本当に教会が多いです。
その多さはヒンドゥ教の寺院を軽く越える数ある印象です。

20130416-00.jpg

駅からすぐのところに、スラムっぽい家々が並ぶ。

20130416-00.jpg

20130416-00.jpg

壁に描かれたタモさん。

20130416-00.jpg

20130416-00.jpg

この人、有名な宗教家か何かでしょうか。

20130416-00.jpg

いつもの「撮ってぇええ~」リクエストを軽々こなしつつ。

20130416-00.jpg

20130416-00.jpg

20130416-00.jpg

20130416-00.jpg

路上で体を洗う少年。

20130416-00.jpg

20130416-00.jpg

「大都市!」という単語から連想するイメージとはかけ離れた風景が、
そこには広がっていた。

20130416-00.jpg

駅を発見して、列車に乗ってみる。

20130416-00.jpg

20130416-00.jpg

切符を買うところが無いからそのまま無賃で乗ったけど、
誰も調べに来る人なんて居ません。
ムンバイで乗った郊外列車と同じ。

20130416-00.jpg

20130416-00.jpg

列車から少し身を乗り出して風を感じるのが、大変心地良い。

20130416-00.jpg

20130416-00.jpg

そんなこんなで、ある意味特に何も印象に残らないチェンナイの街を一通り見終えて、
駅に戻ってみると...

列車の出発予定時刻が13:00⇒17:00に変更されているではあるまいか!
さらに4時間も伸びるなんて...
どうやって時間つぶそ...
外出るのめんどくさ...
また17:00になったら伸びそ...

とりあえず、チェンナイ中央駅をひたすら歩く。
ソフトクリーム(10ルピー=18円)食ったり、

20130416-00.jpg

高めのサモサ(25ルピー=45円)食ったり、

20130416-00.jpg

チャイ屋のおっさんと絡んだり、

20130416-00.jpg

そしたらこの少年が絡んできたり、

20130416-00.jpg

チャイ屋のおっさんが写真送れって住所渡してきたり、

20130416-00.jpg

20130416-00.jpg

それでもまだ1時間も経ってない!

あとはひたすらスチールイスで無の境地。

20130416-00.jpg

暑すぎて、どっかないかな~と探したら、
3階の待合室(無料)がファンが効いてて快適だった。

20130416-00.jpg

待合室では隣のインド人のおっちゃん&青年が、
これからどこ行くのか、日本で何してる人なのか、彼女いるのか、
なんで無宗教なのか、日本の人口はどれくらいだとか、

インド人が聞いてくるTOP5の質問をしてきて時間がつぶれた。

そうこうしている間に、17:00。

列車、やっと到着...ここまでで9時間遅れてます。

20130416-00.jpg

列車に乗り込んで、やっと出発したのが18:00ごろ。
当初の予定、朝8:00出発から10時間遅れての出発でした。

今回乗る席は、通常バックパッカーが乗るだろうと思われる
スリーパー(SL)座席の4倍近く値段が高い、2ACクラス
(エアコン付き2段ベッド)

20130416-00.jpg

【座席価格(チェンナイ⇒ブバネーシュワル:20時間)】
・SLクラス : 475ルピー (850円)
・3ACクラス:1,240ルピー(2,230円)
・2ACクラス:1,790ルピー(3,220円)

スリーパーと、その1個下の3ACクラス(エアコン付き3段)が満席だったため、
やむおえずこのクラスに...
どんだけ快適かというと!

・3段入るところを2段にしてるから、天井高~い♪

20130416-00.jpg


・3人座れるところを2人で座る贅沢感♪

20130416-00.jpg

・毛布付き♪

20130416-00.jpg

・カーテンの仕切りがあってプライベート確保♪

20130416-00.jpg


・食事付き♪

20130416-00.jpg

食事が出される数時間前に、
事前にベジがノンベジか、ライスかチャパティかなど、
注文を取りに来てくれます。
今回は夜・朝の2食。
上が夕食のチキンカレー、下が朝食。

20130416-00.jpg

・客層が金持ち♪

20130416-00.jpg

スリーパークラスには、その下のクラスのジェネラルという車両に乗れなかった
男たちがうようよ居て、夜中も騒いでうるさいし、
モノが盗まれそうで怖かったりします。
が、こちらの2ACはスリーパーの4倍の値段を払える、
ある程度金持ってる人しか乗れません。
皆マナーをわきまえていました。

・コンセント完備♪

20130416-00.jpg

・ペットボトルホルダー完備♪

20130416-00.jpg

・さりげなく嬉しい読書灯付き♪

20130416-00.jpg

・トイレが割りと綺麗♪

20130416-00.jpg

スリーパーより綺麗です。


3ACもそうですが、何よりエアコンが付いてるというのがありがたい!
日中涼しいのもそうですが、
意外なことに夜寒くなり過ぎないってところがポイント高いんです。

スリーパーだと窓が開けっ放しで、
夏場ですら夜中は寒くてダウンとか着ないとやってけないほどでした。

その点AC席は、常に丁度良い温度が保たれておりました。

結論から言うと、3ACでも充分かなぁという感じです!
基本はスリーパーで、ちょっと贅沢したいときや
20時間越えくらいの長旅のときは、
金払ってもいいからAC付きを利用したいなぁと個人的には思いました。


座席が向かい合わせで3人のおっちゃんと一緒になったんだけど、
なんと喋っている言語が英語!

なんで同じインド人なのにわざわざ英語で喋ってるの?って聞いたら、
みんな出身地区が違くて、それぞれバラバラの母国語を持っているそう。
インド人ならヒンディで喋れよって思ったんですが、
3人のうちヒンディを使えるのは1人で、
他の2人はタミル語と、あともう1つ(忘れた)が母国語だそう。

英語だったから大体会話が聞き取れたけど、
何のビジネス経営してる?的な話題でセレブリティ感漂ってました!


前日席でウトウトしかできなかったのもあって、
快適すぎるACスリーパーで爆睡...

客層がある程度信頼おけるのでPC開いてブログの下書きとかしたり。

20130416-00.jpg

気づいたら20時間経って駅に着いてました。あっという間!

20130416-00.jpg

そっからバスに揺られること1時間30分。

20130416-00.jpg

そこからオートリクシャで10分。

20130416-00.jpg

たどりついた先は、かの有名な...!!!

20130416-00.jpg

20時間の移動はあっという間だったけど、
待ち時間の10時間+10時間が長すぎた...

それを乗り越え待っていたのはご褒美としか思えない環境!

つづく。

次回は...
インド1の最強宿とも呼び声の高い宿に到着!?
楽園生活が幕を開ける!お楽しみに!

ブログランキング参加中!
現在11位前後。トップ10返り咲きなるか...!
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
スポンサーサイト
2013-04-17 :  ◆ 南インド : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
10位
なれてるじゃん!
この調子でお互いどんどん上に進んで行きましょ!!
2013-04-17 23:24 : ふみ URL : 編集
Re: No title
ふみくん

ありがとう!予約投稿してたからタイムラグがあった!
10位なのは一時的だと思うけど、もっと上を目指してがんばります^^
がんばろー!
2013-04-18 00:47 : OGGY URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。