スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

インドで15日間ホームステイをしてみた

20130507-00.jpg

*リアルタイムはインド・バラナシにやっとこさ到着。
 ここまで来るのに4ヶ月もかかってしまいましたよ...
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

※今日はやっとそれなりに内容のある記事が書けそうな予感

インドの仏教聖地・ブッダガヤ。

20130507-00.jpg

この街で、僕は2週間ほど現地のお宅にホームステイをしていました。
もう最終的には本当に家族のような関係性になっていました。

前々からホームステイというものに興味があったものの、
それって欧米で留学とかしないと無理なんじゃないかと思ってました。

インドでホームステイできたら面白そうだけど、
そんなチャンスあるかなぁ。
そんなことをぼんやり頭の片隅に置きながら旅をしていました。

ブッダガヤに着いたとき、初めは普通のゲストハウスに泊まっていました。
そこのロビーに居たのがホームステイ先のご主人、
ゴータム・プラサドさん(55歳・略してGPさん)。
★その後こいつに金銭面で騙されてしまいました。

20130507-00.jpg

僕が泊まっていた宿のご主人とGPさんは義理の兄弟関係で、
家族ぐるみの付き合いだったということでロビーで話をしていたわけ。

GPさんが僕を見るなり「うちでホームステイしてみない?」
と流暢な日本語で声をかけてきました。

4ヶ月近くインドに居て、
まず日本語で話しかけてくるインド人にはだいたい初めは危機感を持つのが
当たり前になってきていたんですが、
なぜかこの人に関しては何故かあまり自分の中に疑いが生まれなかったんです。
★今思えばそれが地獄の始まり

「一度うちに来てみて、ダメなら別にそれでもいいから。
 お金は1日3食付きで200ルピー(360円)くらいでいいよ」
とのこと。

前々からホームステイに興味あったのと、
料金的にも納得できる額だったので、
とりあえずお宅に行ってみることに。

「ここの部屋ね」

20130507-00.jpg


案内された部屋はかなり年季が入っておりましたが、
広めのベッドがありまぁ寝るのには問題なさそうだということで、
とりあえずOK。

1泊してみて無理そうだったらここから出よう、
と考えていました。

その晩は別のゲストハウス泊だったんですが、
さっそく料理をお宅で振舞ってくれました。

20130507-00.jpg

レストランで食べるのより、
【温かみ】が感じられる味。

これまた年季の入ったキッチンで
食事を作る過程も見せてもらいました。

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

翌朝からはホームステイ開始。
早速朝お宅に行ったら、チャイを出してくれました。

20130507-00.jpg

結果的にこのチャイはこれまで20杯近くはいただきました(笑)

ふと部屋を見回してみると、なぜかたくさんの日本語の本が。
過去にも日本人が何人もホームステイしていたそうで、
その人たちが置いていったものだとか。

その中に【歩き方】のネパール版を発見。

20130507-00.jpg

僕が「これからネパールに行く予定」と言ったら、
この本を貸してくれることになりました...らっきー!
(郵便で返してね、とのこと。ちょっと面倒そうw)

ネパールの歩き方を読んだりごろごろしていたら、
何だか熱っぽくて体調が悪くなってきました。

⇒ここから7日間ほど、僕は39度の熱・下痢・吐き気により、
 意識朦朧の状態に陥ります。
 ブログも一時休止しました。。

★まさか仕組まれた?!?

そこから先は以前も書いたのですが、
GPさんの車で病院に連れて行ってくれて、

20130507-00.jpg

薬を代理で買ってくれて、

20130507-00.jpg

おかゆを作ってくれて、

20130507-00.jpg

ホットミルクを出してくれて、

20130507-00.jpg

お菓子やミカンを買ってきてくれて、

20130507-00.jpg

意識朦朧であまり覚えてないのですが、
とにかく何から何までやってもらっていました。。


そして、元気になったら色々なものが見えてきました...笑

泊まっていた部屋に関して。
7日くらい意識朦朧の中泊まっててまったく気づかなかったのですが、
ここはゴキブリとネズミの住み家だったということ。

ゴキブリは特大のが1日に3匹くらい出ましたし、
ネズミもでっかいのが1日2匹は出ました。
さすがインドの家。。レベルが違いすぎまっせ。

僕が大騒ぎしたら、ネズミ捕りをセットしてくれました(笑)

20130507-00.jpg

中にチャパティをセットするというのが笑える。
そして捕らえた大物がこちら。

20130507-00.jpg

1匹捕まえて安心して寝てたんですが、
明くる日も別の大きいのが何匹も出ました。。

僕の精神衛生レベルを遥かに上回る部屋だったことに気づき、
助けてもらって申し訳ない気持ちを抱えつつも、
前に居たゲストハウスに戻らせてもらったのでした。。

宿は変えても、食事だけは食べに来てね、
って言われたので3食は食べに言ってました。

チキンのカレーとか、

20130507-00.jpg

ポテトのフライとか、

20130507-00.jpg

まぁだいたいカレーなのでそろそろ飽きたな...
って思ってたらタイミングよくチョーメン(焼きそば)出してくれたり。

20130507-00.jpg

外のレストランに連れてってくれた日もありました。
(ここのほうれん草カレー&バターナンがめっちゃうまかった!)

20130507-00.jpg

GPさんのところには娘が全部で6人居て、
そのうち4人に会うことができましたが、
いずれもモデル並みの美人!でした。
(残念ながら写真なし...)

インドという国からこんな可愛い子が生まれるのかというくらい。

娘は6人なのに、息子が1人も居ない。
だからか、僕を息子のように可愛がってくれました。


GPさんが雇ってる人が2人居て、
気づいたらこの2人も僕の家族みたいになってました。

◆グルさん(54歳・料理人/洗濯物/その他家事雑務全般・愛称グルじい)

20130507-00.jpg

ただのお手伝いさんではなく、英語と日本語が堪能。
観光ガイドの経験もあり。

20130507-00.jpg

この人、日本語なんて日本人以上のうまさなんですよ。

日本語使えるインド人てとにかくお喋りな人が多いんですが、
この人は【必要以上のことは一切語らない】。
そして口に出す日本語は全てイントネーションがもう日本人すぎました。

・「忘れ物ないでしょ?」
・「どうぞここに座って」
・「今日は風があっちーなぁ」


など。
彼のその洗練された言葉選びに毎回関心させられると共に、
癒されておりました。


◆サルマン(29歳・ドライバー)

20130507-00.jpg

日本語や英語はほとんどできませんが、
いつも笑顔に癒されてました。

20130507-00.jpg

顔が小さくて、年齢的には兄貴なのに弟みたいな感じの可愛さがありました(笑)
こう見えても3人の子どもが居ます...!


ある日、GPさんがブッダガヤから車で4時間ほどの
国立自然保護区(?)に連れて行ってくれました。

20130507-00.jpg

【歩き方】などのガイドブックには載ってない場所。

20130507-00.jpg

自家用車のまま突入です。

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

枯れた木々たち。。

20130507-00.jpg

この辺、今の時期昼間は45度くらいになるんですよ。。

20130507-00.jpg

「みんな動物たちは涼しいところに非難してるんだね」とGPさん。
あの...完璧に時期はずれですね?

でも自然の中に身を置くって気持ち良い。
特にインドは街中とのギャップがあって、そのありがたみが実感できます。

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

「ここはインドだから、どこでも立ちションして良いんだよ」

20130507-00.jpg

国立保護区内で堂々と立ちションをするGPさん。


それにしても、動物がほとんど居ない。

一匹だけ居たこのシカと、

20130507-00.jpg

街中でもよく見るサルが遠くの方にちらほら。

20130507-00.jpg

あとは見飽きた牛。

20130507-00.jpg

水浴びするバッファローも新鮮味がない。

20130507-00.jpg

暇だったのでグルさんの後について行く。

20130507-00.jpg

感慨深げなグルじい。

20130507-00.jpg

一つの見晴台に着いた。

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

ここでグルじいと写真撮り合いっこして遊んでました。

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

花畑とサルマン

20130507-00.jpg

このサルマン、少年にしか見えない。

20130507-00.jpg

動物はあまり見れなかったけど、
みんなで自然の中で過ごした心地よいひと時でした。

20130507-00.jpg

20130507-00.jpg

そんなこんなで、15日間のホームステイが終了。
(後半は別の宿でしたけど...)

ここまで深く現地の人と関わりあって、
しかも助けられてしまって。
こういう経験て、旅の中でなかなかできるもんじゃないだろうなと思いながら、
一日一日過ごしていました。

GPさんは常に僕に気を使ってくれて、
何でも買ってきてくれたり、
何したい?どこ行きたい?って聞いてくれたり。
★頼んでもないのにね...今思えばすべてが騙しへの誘い

すごく嬉しいことなんだけど、
最後の方はそれが若干鬱陶しくなってしまい、
本気で1人になりたいって思ったりもしました。

僕はもともとあまり深く人付き合いするっていうのが苦手で、
ある程度気を許せるようになるまでに時間がかかるんだと思います。

常に自分で考えて動けないことが続くと相当のストレスが溜まります。
だから1人旅じゃないとちょっと厳しいんだと思います。

でもやっぱりこの人たちとはもう家族みたいになってしまったのと、
1人で動くのも前よりエネルギーが必要になっていることに気づいて、
ずるずる15日間。。


やっと決心して次の街へ!って思ったら、
デモで電車がストップしてしまって動けなかったり。
(その情報もはじめGPさんが教えてくれた)

とにかくこんなに良くしてくれる人たちには、
後にも先にもなかなか出会えるもんじゃないと思います。
★人を騙すための良心

最後に、最初に言っていた「1日200ルピー」の代金を渡そうとすると、
受け取ってくれませんでした。

「もう家族みたいになってるし、
 今までやってきたことは全部【気持ち】だから」って言われてしまい。

僕は時間もなく他のお礼も考えていなかったので、
微妙な別れ方しかできず。。
本当に感謝の気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです。
★恨みの気持ちしかないです。

今後の旅も、お世話になった人への感謝の気持ちを忘れずに。
そして人との付き合い方ももう一歩踏み入ってみたい。
そこから見えることがきっと、たくさんあるはず。
そんなことを感じた15日間なのでした。
★と、その時は思っていました。

さて次回は...
いよいよブッダガヤから離れてバラナシへ!
ここに来るまで4ヶ月もかかりましたよ。。。
リアルタイムすぎてブログが追いつくか微妙なので、内容未定。

★皆様、インドでホームステイされる際には充分ご注意ください


ブログランキング参加中!
現在最高位9位です!最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
スポンサーサイト
2013-05-07 :  ◆ 東インド : コメント : 10 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-06-13 18:56 : : 編集
Re: No title
しほさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

ブログに書いていないのですが、この方とはその後ちょっと色々と金銭面でトラブルがありました。
個人的には二度とインドでホームステイはしたくないと思っています。

インドでのホームステイ、もしされたいとのことでしたら、
きちんとした仲介業者を見つけた方が良いと思います。

旅をしていて偶然落ち合ってホームステイ、みたいなことは
絶対に避けた方が良いと思います。
かなり高確率でトラブルに遭うと思われます。(インドなので)

ぜひ、お気をつけてご旅行されてください。
2013-06-13 19:35 : OGGY URL : 編集
No title
大変なめにあいながらも、丁寧なコメントありがとうございました。本当に参考になります。そして本当にステキな旅のブログ楽しみに拝見させていただきます。
ありがとうございました。
2013-06-25 09:46 : すずき しほ URL : 編集
Re: No title
しほさん

ありがとうございます。
インドを旅される際はお気をつけください。
こんなことはありましたが、楽しいこともたくさんありました。
ぜひ楽しんでください^^
2013-06-25 16:57 : OGGY URL : 編集
ブログ楽しく読ませていただいてます。

一つ気になったのですが、サクラハウスがよい宿のように書かれてますが、そちらではトラブルは無かったのですか?(私はトラブりました。)

すごく楽しく拝見させていただきましたが、そういった事こそ教えていただけるとうれしいです。

ブログだけ拝見してると、GPさんもいい人そうだし、サクラホテルも良い宿のように見えますので、ブッダガヤに行くならそこにお世話になろうと思う人が増えないか心配です。

私の勘違いでサクラホテルが良い宿で、GPさんも良い方なのであったならすいません。
2013-11-30 15:32 : foo URL : 編集
Re: タイトルなし
fooさん

コメントありがとうございます。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

サクラハウスの件、私もトラブルにあっています。

すみません、この記事には反映されていないのですが、
その後何回かGPに「騙された」という記事を書いています↓

http://yepoggy.blog.fc2.com/blog-entry-207.html#container

あえてサクラハウスに訪れた当時のことをそのまま
fooさんもトラブルに遭われたとのこと。
もし私のブログがきっかけでサクラハウスに訪れてしまったのなら、
本当に申し訳ございません。

今回コメントをいただいた記事含め、
それ関係の記事にはすべて修正コメントを加えました。

ご指摘ありがとうございました。
2013-11-30 18:35 : OGGY URL : 編集
No title
やはりそうでしたか・・・それは大変でしたね。

ちなみに私はこのブログが元でサクラハウスに泊まったわけではなく、宿を探そうとしたら話しかけられてそのまま泊まった感じです。今から1年以上前です。

でもどこに行っても監視されているし、日本人同士の接触は阻まれる、嘘をつかれまくり、という感じで大変なストレスでした。最後は逃げるようにブッダガヤを出ました。

マハーボディ寺はとても素敵な場所だったので、もう一度訪れたい気持ちはあるんですが、彼らがいると思うと、恐ろしくて行く気になれません。

OGGYさんがやられた騙しの手口なども聞いてみたいので、書く気になったらこちらのコメントという形でもいいので、ぜひ公開していただけるとうれしいです。

それはさておき、良い旅を!!!
2013-12-02 19:58 : foo URL : 編集
Re: No title
fooさん

なるほど...そうだったんですね。大変でしたね。
僕もいろいろ揉めたので(そしてまだ解決してないので)心中お察しいたします。

騙しの手口は、ちょっと僕の心境的にまだ公開できないでいます。

もしお会いする機会などあれば直接お話ししたいと思います。

ありがとうございます、
fooさんも、また何事もなくブッダガヤを旅できる日が来ることを願っています!
2013-12-02 20:46 : OGGY URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-12-10 05:22 : : 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017-04-28 21:28 : : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。