スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ルンビニ⇒カトマンズ(ネパール)夜行バス移動情報

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

金が無い。

国境で両替した465ルピー(538円分)

20130517-00.jpg

これで宿代や聖堂の入場料を支払って、
残りの手持ちが165ルピー(190円)

首都カトマンズへの夜行バス代が850ルピー(980円)だから、
確実にネパールルピーを手に入れなければならない。

国境では「ルンビニには1つもATMが無い」と言っていたけど、
本当だろうか?

だとしたら、これは何だろうか??

20130517-00.jpg

こっちにもあるんだけど。

20130517-00.jpg

その他にもう1個ATMがあり、
国境ではやはり【両替させるために嘘をついていた】ということが分かりました。

ったくもー...


で、さっそくおろしにいくー

クレジットカードを持っていれば、
海外キャッシングという方法を使ってATMから現地通貨をおろせるんですね。

旅人の大半はこの方法か、
新生銀行などの国際キャッシュカードを使って現地通貨を手に入れているはずです。


1個目のATM、ダメー
MASTERカードは使用できず、VISAなら使えることも多いんですが、
両方ダメー

まぁ3個もATMあるしどれか1個くらい...と思っていましたが、

全滅!


聞くところによると、
ルンビニのATMは全部デビットカードじゃないと現金をおろせない
仕組みになっているそうです。何じゃそりゃ。

仕方なく最終手段。
この銀行で、ぎりぎり持っていた30USドルのうち25USドルを両替。

20130517-00.jpg

あと5ドルしかなくなってしまいました...


バスの出発まであと1時間ほど。

・腹が減っている
・その日のブログを書いていない

ということで、ゲストハウス兼レストランで、
レストランの客には開放していないwifiを無理矢理使わせてもらう。

20130517-00.jpg

チョーメン(80ルピー=90円)と、

20130517-00.jpg

ベジオムレツ(40ルピー=45円)を頼む。

20130517-00.jpg

ここで気づいた。
ネパールって宿代も食費もインドより格段に安い!
そして質が高い。

インドでお店でこのチョーメンを頼んだとしたら、
80インドルピー(=150円)⇒ネパールの倍近くかかります。

ルンビニで泊まっていた宿も、
400ネパールルピー(460円)でwifi付きでしたが、
インドで同じような宿だと安くても400インドルピー(740円)はします。

インドもネパールも【ルピー】で、
表記金額はだいたい同じくらいの数字が並んでいるのですが、

1インドルピー =1.86円
1ネパールルピー=1.16円
(※5/16現在)

なので、ネパールの方が断然安い

旅に出る前、旅するのはインドが一番安い!と勝手に思い、
そのせいもあって4ヶ月も居たインド。

もっと安い国がすぐ隣にあったなんて...


とりあえずここのレストランでは、その日のブログをアップせねばなりません。
僕もりりーも、ストック(予約投稿記事)がゼロでした。
いっつもぎりぎりのところでやってます。

1つのブログ記事作成に、僕はだいたい2時間、
りりーは3時間くらいかかるそうです。

・写真選んで
・流れを考えて
・文章ぶわ~~~って書いて
・写真アップロードして(←これ時間かかる。特にネットが遅いとこ)
・プレビューでチェックして

それをここでは1時間で終わらせねばなりません!

そういう時僕は写真をペッと貼って文章もあんまり考えずサッと終わらせて
誤魔化して質の低い記事をアップします...笑

が、この日のりりーさん、さらにその上を行ってました...!

20130517-00.jpg

この日のりりーの記事タイトルがこれ。

内容の薄いブログ

もう明らかに時間無いので、潔くそれを逆手にとって記事にしてしまおうという荒業。
(別名「大いなる手抜き」とも言う)

彼女の意に反して(もしくは意図した通りか?)、
その記事はいつもより多くのアクセス数を稼いだ模様です。

アクシデントをどれだけネタにできるかってのが、
旅ブロガーの宿命なのかもしれませんね。。


何とかブログを終わらせ、バスに乗り込む。
このバスでカトマンズを目指します。

20130517-00.jpg

ルンビニ⇒カトマンズ 11時間、850ルピー(=980円)
※日中のバスは8時間程でもっと安いみたいです。

20130517-00.jpg

途中何箇所か休憩ポイントに寄るんですが、
その度にバスが止まって風が入ってこない車内はくそ暑い。

でもバスを降りるのも面倒だしいつ出発するか分からないから乗っとく。
その間も汗だらだらで体べとべと...
みたいなのが続きました。

ほんでもって真夜中なのにヒンディミュージックを爆音でかける。
真っ暗闇でみんな寝てるのにですよ?
どういう神経してんのかい...
耳栓して寝るも、まったく効果ない程の大音量。


夜中、りりーは後ろの客とリクライニングの件で戦ってました。
座席を倒したいりりー、
それに対して「狭くなるから倒すな」という後ろのネパール人。

「でもみんな倒してるじゃん?」とりりー。

20130517-00.jpg

最終的に座席を倒して寝に入ったりりーですが、
後ろのネパール人がことあるごとにりりーの座席を突然押し戻したりして、
あまり寝れず。何とも不快なバスでの移動でした。。

そんなこんなで、夕方6時にルンビニを出発したバスは、
朝5時にカトマンズに到着。

20130517-00.jpg

20130517-00.jpg

バスステーションには多くの男たち(たぶんバス乗り)

20130517-00.jpg

眠い。。眠すぎる。。。とりあえず宿探さないとね...

ネパールの首都カトマンズでの日々が始まります!

次回は...
カトマンズで宿探し。


ブログランキング参加中!
最後までお読みいただきありがとうございます。
「読んだよ」のしるしにカエルクリックをお願いします^o^
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
スポンサーサイト
2013-05-17 : 【03】ネパール : コメント : 5 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

姉弟で世界一周なんて羨ましいです!
ネパール料理があまりにも美味しそうなんで、東京にお店ないか探してみようと思いました。ほんとは、行けたらいいな。ブログ楽しく読ませてもらってます。写真がいつも淡~い雰囲気で好きです。文章苦手って書いてあったけど、読みやすいし、個人的にはあっさり感が気に入ってますので、ありのままで続けてほしいなと。お姉さん描きが素敵!
2013-05-17 01:20 : yukisachi URL : 編集
あ、誤字がありました笑
お姉さん描き素敵 →お姉さん笑顔が素敵!
2013-05-17 01:23 : yukisachi URL : 編集
Re: タイトルなし
yukisachiさん

コメントありがとうございます^^
そう言っていただけると、本当に嬉しく思います。

ネパールに来て、毎食だいたい日本食を食べてしまっているのですが...(笑)、
ネパール料理も安くて美味しそうなのでトライしてみたいと思います。
(ブログにもアップしようと思います)

東京にもお店があるみたいですね。
僕が言うのも変ですが、ぜひお試しください。

姉のブログともども、今後ともよろしくお願いいたします。
2013-05-17 10:26 : OGGY URL : 編集
No title
毎日アップされている方とかすんごく書くの早いのかな?と不思議に思ってましたが、やっぱり皆さん一つの記事をアップされるのに結構なお時間かけてるんですね。旅の中で続けられるってすごいなぁ。
りりーさんの対処法はあっぱれでした(^^)

ネパールずっと行ってみたい国の一つなのでブログ楽しみです~。
2013-05-17 20:54 : やーまん URL : 編集
Re: No title
やーまんさん

コメントありがとうございます^^

僕も毎日続けてる人ってこんなに時間かけてるのかな?ってくらい
自分でも時間がかかってしまいます...
もっと効率良いやり方ないかな~って思うけど、
皆さんもけっこう書くのに時間かかってるみたいですね。

ネパールほんとうに良いところです。
これ以上居心地が良い国に出会えるか、今後心配になるほどです。笑
2013-05-17 23:58 : OGGY URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。