スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

インドの100倍トルコが好き

20130728-00.jpg

*リアルタイムはグルジア・トビリシ。
 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

サフランボルの旧市街は1時間で回り終えてしまう狭さ。

というわけで今日は歩いて新市街まで行ってみる。

20130728-00.jpg

石畳の坂を歩いていく。

20130728-00.jpg

20130728-00.jpg

道を歩いてたら、なんかいる...!

20130728-00.jpg

まさかの!カメが歩いてた...

20130728-00.jpg

のそのそ

20130728-00.jpg

誰かが飼ってるのかなぁ?謎...

20130728-00.jpg

20130728-00.jpg

「古きよき」という言葉が似つかわしい家々を通り抜けていく。

20130728-00.jpg

20130728-00.jpg

世界遺産登録の標識があった。

20130728-00.jpg

少年たちに声をかけられた。「撮ってくれ~」って。
兄弟かな?純粋でいい子たちっぽかった。

20130728-00.jpg

道の端に、ひまわりが咲いていた。
もう日本も夏なんだよなぁ、って想いを馳せてみたり。

20130728-00.jpg

20~30分歩いて新市街の到着。

スーパーや八百屋さんが並んでる。

20130728-00.jpg

20130728-00.jpg

20130728-00.jpg

この兄ちゃんも「撮ってくれ」

20130728-00.jpg

「今から書くメアドに送ってくれ」

20130728-00.jpg

インドでもこういうことはしょっちゅうあったんだけど、
トルコではあんまりなかったので懐かしい気分。

観光地化されていないローカルなところほど、
人々がオープンマインドである印象を受ける。


ある程度観光地化されている旧市街と対照的に、
新市街はローカル色が強い。

20130728-00.jpg

「日本」をアピールした店を発見したので入ってみる

20130728-00.jpg

普通の生活用品店だった...

20130728-00.jpg

おなかが減ったので、ローカルな店に入ってみる

20130728-00.jpg

ケバブサンド 2リラ=100円 うます
観光地で食べるより断然安い。

20130728-00.jpg

新市街で特に何も見どころも無いので、旧市街へ帰りだす。
帰り道、旧市街の家々が見えた。

20130728-00.jpg

写真では見えにくいのだが、
左に映っている黒い服を纏った女性と、
右に映っている青年がデートをしているようだった。

20130728-00.jpg

宗教上の理由なのかわからないが、
車道を挟んでの「距離を置いた」デート。

周囲の目を気にしながらこそこそしている姿は、
何だか新鮮に感じられた。


サフランボルは何でもかんでも可愛く見えてしまうのは何故だろう。

道路標識

20130728-00.jpg

20130728-00.jpg

看板

20130728-00.jpg

20130728-00.jpg

ベンチ

20130728-00.jpg

ゴミ箱

20130728-00.jpg

20130728-00.jpg

なんかの台車

20130728-00.jpg

ミニバス

20130728-00.jpg

大げさではなく、嫌らしくもない。

プロダクト自体の可愛さと
街全体のこじんまりとした雰囲気とが相乗効果を生み出してる気がする。

20130728-00.jpg

何をするわけでもなく、ぼんやり歩くだけで、
旅の疲れが街に吸収されていくかのような感覚になった。

20130728-00.jpg

20130728-00.jpg

20130728-00.jpg

20130728-00.jpg

20130728-00.jpg

20130728-00.jpg

常に気を張っていなければならなかったインド生活。

ウザイ客引き。
詐欺や騙し。
食中毒。
路上のう○こ。

5ヶ月もそこに居た僕は、すっかり毒されてしまっていた。

それが、トルコに来た瞬間、全てが消えうせた。
街を歩くときのストレスフリーさに驚いた。

確かにインドに比べると物価は圧倒的に高いが、
インドではいくらお金を積んでも買えなかった「快適さ」がある。

そこに「物足りなさ」を感じる人も居るが、
僕はまだそれに至っていない。

インドを去ってしばらくすると「なつかしい」「帰りたい」という気持ちが蘇るというが、
今のところまったくそういう気持ちになれない僕。

このストレスから開放された生活に、
しばらく思う存分浸りたいと思う所存であります。

◇ ◆ ◇

夕暮れ時、夕焼けが見えるんじゃないかと期待して、
何となく丘の上に上ってみる。

20130728-00.jpg

古びた家と車がいい味出しすぎ。

20130728-00.jpg

丘に行く途中、何やら始まりそうな雰囲気の会場が設置されていた。

20130728-00.jpg

丘の上。花が咲いてる。

20130728-00.jpg

まだ明るい。

20130728-00.jpg

石のベンチに腰をかけて、夕暮れ時を待つ。

20130728-00.jpg

少しすると、スカーフをまとった女子たちが階段を登ってきた。

20130728-00.jpg

その時は、この女子たちとまさかこの後濃厚に絡むことになろうとは、
想像もしなかった...

20130728-00.jpg

20130728-00.jpg

次回、この女子たちとどんな絡みが待っているのか...?!
お楽しみに!

ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
2013-07-28 : 【05】トルコ : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
続き方、いいね、ワクワク。

ミニバスだけでなく、OGGYさんの写真も、「大げさではなく、嫌らしくもない。」
癒されます。
2013-07-28 01:04 : Crew URL : 編集
かめさんぽ
地亀や野良亀!?車道に行ったらダメだぜ。

道をはさんだデート?奥ゆかしいぜ。
だけど男子はガマンの反動で、外国人観光客にセクハラするバカチンに育つ場合もありそうだぜ。
2013-07-28 01:18 : トゥカン URL : 編集
Re: No title
Crewさん

ありがとうございます!!
そんなふうに言っていただけると、ブログを書くモチベーションになります!!
2013-07-28 05:15 : OGGY URL : 編集
Re: かめさんぽ
トゥカンさん

たしかにそういうケースもありそうですね...!
女性は注意が必要ですね~
2013-07-28 05:17 : OGGY URL : 編集
サフランボル、なんだかすごくすごく好みのツボに入りそうで。
OGGYさんのブログ見て行こうかなって(^^)

隣にも並べない奥ゆかしさ、よいですねぇ。
人前でイチャイチャされるよりエロティシズムを感じます。
2013-07-28 08:33 : やーまん URL : 編集
Re: タイトルなし
やーまんさん

コメントありがとうございます^^
サフランボルおすすめです、ぜひぜひ行ってみてください~。

奥ゆかしくて日本人好みの世界遺産って実は少ないような気がしてます。
2013-07-28 15:15 : OGGY URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。