スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

アルティン・アラシャン(キルギス) 世界がつながった日 ―3,800mの雪山、吹雪―

20131111-00.jpg

 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

キルギスの標高3,000m近い山奥の村、アルティン・アラシャン。

20131111-00.jpg

今日はここからさらに15km歩く。
その道は過酷なものだというが、
その先にはとんでもなく美しい湖があるという。

すでに行かれた「ふたりでふらり」のお2人によると、
そこには想像を絶するほどの光景が広がっていたという。

* * *

朝8:00、宿で作ってくれたお弁当を持って出発。
湖までの地図も持たせてくれた。

20131111-00.jpg

このアラコルという湖を目指す。

20131111-00.jpg

青空が見えない。天気があまり良いとは言えない。

20131111-00.jpg

橋を渡って

20131111-00.jpg

川沿いを歩いていく。

20131111-00.jpg

草が生えていない部分を道だろうと信じて。

20131111-00.jpg

1人きりで歩いていると、時間がとんでもなく長く感じる。

20131111-00.jpg

すごくたくさん歩いたのに、ちっとも進んでない気がしてくる。

20131111-00.jpg

地図があっても、それがどこなのかよく分からない。
つまり地図がそれほど意味をなさないことに気づいた。

20131111-00.jpg

とりあえず川沿いに歩いてけば着くだろうという手探り感。

20131111-00.jpg

焦燥感を感じながらも、それが心地良い不思議。

20131111-00.jpg

川の途中で、完全に道が途絶えてしまった。

20131111-00.jpg

ここまで所要2時間。
来た道を引き返すと大幅な時間のロスになった。

20131111-00.jpg

向こうから馬の群れがやってきた。

20131111-00.jpg

前日に宿で知り合った、ドイツ人のロマンが馬に乗ってこちらへ来る。

20131111-00.jpg

そういえば、彼は馬で湖を目指すといっていた。

馬は川から少し離れた道を登っていった。

20131111-00.jpg

彼らの後を追い、初めて道を発見することができた。

少し遠回りした。ここからスタートだ。

アルティン・アラシャンに来るまでの道のりとは違い、
急な上り坂がひたすら続く。たしかにきつい。

20131111-00.jpg

20131111-00.jpg

さきほどすぐ横を歩いてた川が眼下に見える位置まで登ってきた。

20131111-00.jpg

ここで休憩。お弁当を開いてみる。

20131111-00.jpg

きゅうり、トマト、りんご、パン、チーズ2種類。

チーズをチョイス。塩気がありがたい。

20131111-00.jpg

上り坂が終わったら、今度はゴロゴロした岩のこれまた急な上り坂。

20131111-00.jpg

20131111-00.jpg

足首にくる。しんどい。

20131111-00.jpg

それが終わっても上り坂。
この道のり、一向に手加減してくれない。

20131111-00.jpg

ここまで4時間ほど。
体力的に限界が近いな、と思った。

20131111-00.jpg

そんなとき、遠に下山者の姿が見えた。

20131111-00.jpg

ここまで来て諦められないな、と考えを改めて、進む。

20131111-00.jpg

視界に見える山は雪を被ってきた。

20131111-00.jpg

限界を感じる波がだんだん頻繁に訪れるようになってきた。

20131111-00.jpg

そんなときは適当な岩を見つけて腰をおろしては、
お弁当の野菜を取り出して被りつき、気持ちを落ち着かせた。

20131111-00.jpg

そうすることで、また少し歩くことができた。

20131111-00.jpg

標高がどんどん上がり酸素が薄くなってきたのに、
上り坂は傾斜がさらにきつくなっていく。

20131111-00.jpg

霧がかってきて、少し先が見えないようになった。
そしてついに、あたりは吹雪となった。

20131111-00.jpg

酸素が薄い、凍える、方向が分からない、体力の限界だ。

その場に立ち尽くして考える。

これ以上先に進むのは危ない。
直感的に身の危険を感じた。



引き返そう。



吹雪の中を泣く泣く引き返すと、
20分ほど経って先ほどの天気が嘘だったかのように晴れてきた。

20131111-00.jpg

山の天気は変わりやすい。

自然の摂理に、人間は逆らえない。


体力の限界に来ている悔しさと、引き返したことに対する後悔。

でももう自分ではどうすることもできないんだ。


絶望の中、歩を進める。


すると。


目の前に現れた光景がこれだった。

20131111-00.jpg

今までの絶望を一瞬にして希望に変えた七色が、そこにあった。
この景色を見るためにここまで登ってきたんだと。


後で知ったことだが、
この日、なんと東京都内でも大荒れの天気の末に
虹が現れた、と数多くの人がつぶやいていた。

20131111-00.jpg

20131111-00.jpg


20131111-00.jpg


こんな偶然ってあるんだろうか。


「世界が希望でつながった」

20131111-00.jpg

そう感じた、心が震えた出来事だった。


ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
2013-11-11 : 【12】キルギス : コメント : 7 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-11-11 00:23 : : 編集
山の天気
変わりやすいとはいうけど、怖いですね。
ロマンさんと馬に乗ったほうがよかったかも?おオシリが痛くなるだろうけど。
2013-11-11 04:45 : トゥカン♂ URL : 編集
Re: 山の天気
トゥカン♂さん

ロマンに「馬に乗って行かない?」って当初言われたのですが、
値段が1万くらいしたので予算に合わず諦めました。。
2013-11-11 22:23 : OGGY URL : 編集
すてき、
いやーん!虹のくだり、感動しちゃった!
日本の写真を並べる演出がにくいねー。
写真もいつも素敵だけど、やっぱりセンスあるわー。
勇気ある撤退は、正しい判断だよ!
2013-11-12 07:04 : イクエ URL : 編集
Re: すてき、
イクエさん

あひゃーーーそんなこと言っていただけて嬉しいです。

ほんと偶然日本でも虹が見れたみたいなんですよね~
偶然以上の何かを感じてしまいました。

それにしてもお2人の体力に底知れぬものを感じます。
あの道のり、とんでもなく険しかったです。。
2013-11-12 13:18 : OGGY URL : 編集
【世界が希望で繋がった】って
なんか、微笑ましい^_^
明日から仕事がんばろ!
2013-11-12 23:29 : サヤコ URL : 編集
Re: タイトルなし
サヤ娘

ありがとう!
仕事がんばってくれ^^
2013-11-13 01:01 : OGGY URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。