スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ムルガーブからホーローグ(タジキスタン)移動情報/パミール高原とホーローグ宿情報

20131117-00.jpg

 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

朝目覚める。

20131117-00.jpg

外に出ると、前日真っ暗で分からなかった街の全貌が明らかになっていた。

20131117-00.jpg

まだ誰も起きている気配がなかったので散歩に繰り出す。

20131117-00.jpg

タジキスタンのムルガーブという標高3,500mの街。

20131117-00.jpg

街というよりは巨大集落と言ったほうが正しいように思う。

歩いてみて一瞬で分かったのが、
この街で1日過ごすのはつらいだろうなぁということ。

朝なのに人の気配がない。
家がずらーーーっと並ぶだけで、他に何もない。

20131117-00.jpg

この街にとどまらず、次の街へ移動することに決めた。

次に目指すのはホーローグという、
アフガニスタンとの国境の街。

20131117-00.jpg

宿に帰ったら、黒猫が待ち構えていた。

20131117-00.jpg

朝食をいただく。

20131117-00.jpg

日本人の口には合わないだろうと思われる、
おかゆに砂糖・ヨーグルトが加わったようなものと、パン。

ご飯をパンで食べるという斬新な発想。
でも、この辺の国々では割とよく出てくる料理なんだよね。

食べながら、次の街まで移動する車はどうしようと考えていた。
バザールからホーローグ行きが出てるらしいんだけど...

そのとき、宿のお姉さんが
「ホーローグに行く車が来てるけど、乗ってく?
 ドライバーが120ソモニ(=2,470円)でいい、って言ってるけど」

相場がだいたい120~150ソモニ(2,470円~3,090円)と聞いていたので、
特に値切ることもなくお願いする。

20131117-00.jpg

7人乗りの三菱パジェロ。安心の日本車。

20131117-00.jpg

オシュから一緒に乗ってきたフランス人のフランク、
オーストラリア人のカレンと、
もう1人この宿で会ったアメリカ人(名前聞いてない)も
一緒に行くことに。

これで4人。

中央アジアの車はだいたい満員になってから発車。
あと2人乗客をバザールで集めてから行くことになった。

20131117-00.jpg

宿の子どもがフード被って見送ってくれた。かわいい

20131117-00.jpg

宿から車で3分、バザール横の空き地で客を待つ。

20131117-00.jpg

ここにオシュ行きの車も4台ほど止まっていた。

20131117-00.jpg

20131117-00.jpg

乗客待ちの間、バザールを見てみる。

20131117-00.jpg

バザールと言っても、コンテナが並んでてその中で
お菓子や日用品が売っているだけ。
しかもほとんどの店は閉まっていた。

20131117-00.jpg

野菜や飲み物が売られているのは一切見かけなかった。
この街で生活していくのは相当大変なことに思える。


タジキスタンの通貨(ソモニ)を持っていなかったんだけど、
この街にはATMはおろか、ちゃんとした両替所も無い。

1つのコンテナの店に入って、
「チェンジ?」と聞いたら替えてくれた。

20131117-00.jpg

100ドル⇒485ソモニ
(1ドル=4.85ソモニ)
※キルギス通貨のゼロを1つ取った額とだいたい同額。
 10キルギスソム=1タジキスタンソモニ=約20円。


一番大きい札で100ソモニ札(2,060円)があるらしく、
50、20、10、5、3(!)、1ソモニ札と続く。

全部5ソモニ札と3ソモニ札でくれたから、
とんでもない数になってしまった。
ウズベキスタンを思い出す

でも、大きい単位の紙幣がある国は
小さい単位の方が圧倒的に使いやすいから、
持ち運びの不便さを除けば、むしろ都合が良い。


1時間後くらいに地元の客が2人集まり、出発。
思ったほど待たなかった。

20131117-00.jpg

ガソリンを給油。

20131117-00.jpg

直に入れるっていう原始的?なスタイル。

20131117-00.jpg

ムルガーブを出てすぐに検問があり、
パスポートをチェックされた(特に問題なし)

20131117-00.jpg

ここからホーローグに向かう道のりの後半が、
タジキスタン一の絶景とも言われる「パミール高原」

20131117-00.jpg

奥まで広がる大地と、その奥にそびえ立つ山々。

20131117-00.jpg

それ以外は何も無い世界。

20131117-00.jpg

自分なんて本当にちっぽけな存在に感じる。


途中、サイクリストの欧米人カップルとすれ違った。

20131117-00.jpg

このパミール高原、サイクリストにとっては憧れの道らしい。
でもシーズン的に寒すぎる。ちょっときつそうだった。

20131117-00.jpg

対して、車に乗ってれば簡単に目的地に着く僕の旅。

20131117-00.jpg

ちょっとラクしすぎかな、でもこれでも精一杯なんだけどな。
サイクリストの人たちの精神力、体力は本当に計り知れない。


途中、アリチュルという街で休憩。

20131117-00.jpg

これまた街というより完全なる【集落】だ。

20131117-00.jpg

店に入る。

20131117-00.jpg

出てきた料理は...

20131117-00.jpg

定番・羊肉のスープ。10ソモニ=210円
うまいけど、ワンパターン。
この国、食事は期待できないのかもしれない。


食事を終え、アリチュルを出発。

20131117-00.jpg

ひたすら茶色い山が続く。

20131117-00.jpg

湖が見えてきた。山が反射している。

20131117-00.jpg

牛、羊の大群に出会った。

20131117-00.jpg

途中何度かトイレ休憩をはさむ。

20131117-00.jpg

子牛かわいい。

20131117-00.jpg

だんだん山肌がこちらに近づき、でこぼこになってきた。

20131117-00.jpg

パミール高原の絶景ポイントも近いのかな。

20131117-00.jpg

次の瞬間、見えてきた風景。

20131117-00.jpg

神秘的な色の川と、その奥に日の光を浴びた神々しい山なみ。

20131117-00.jpg

自然が作り出した奇跡に、息をのむ。

20131117-00.jpg

タジキスタンに来て、この景色が見れて良かった。


ムルガーブを出て6時間30分。

思っていたよりも早く、ホーローグの街に着いた。
ドライバーが宿の前で止めてくれた。

20131117-00.jpg

ホーローグは標高2,000mほどの街。
3,500mのムルガーブから来た身としては、
かなり暖かい気候に感じられた。

それでもその晩は一気に驚くほど気温が下がり、
部屋の中でもブルブル震えていた。

やることがなく、21時にはベッドに入った。

寒くてどうしようもないときは、
布団に入って寝るしかない。


* * *


いつも旅をしていて
「ここに行かなきゃ」とか「これをやらなきゃ」とか思うことが
意外と多いように思う。

でもここではできることの選択肢が本当に少ない。

腹が減ったら、食う。
寒かったら、布団に入って寝る。
そのくらい。


それでも心が満たされているのは何故だろう。

要らないものをどんどんそぎ落としていって、
究極にシンプルにしていく。

そうすると、本来の生活に必要な行動なんて、
ほんのわずかだってことに気づくんだ。

生きていく中でやらなければならないことなんて、
これっぽっちしかないのかもしれない。

そんなことを考えた夜だった。

ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング


【ホーローグの宿:パミールロッジ】

20131117-00.jpg

街の中心から少し離れており、坂を上った上にある。
歩くと30分くらいかかる。

マットレスタイプの部屋 1泊8ドル
ベッドタイプの部屋   1泊9ドル(こっちに泊まった)

20131117-00.jpg

持参しているテントを敷地内に建てて泊まる場合はもっと安いみたい。 
また、夏場はベランダ的なところに泊まれば安いらしい。
(僕が行った10月は朝晩凍える寒さでその選択肢はなかった)

部屋にも暖房はないので朝晩は驚くほど寒かった。

・タンク式ホットシャワーあり。
・wifiあり(有料)
 お金を取られる時と取られない時があった。
 「使ったよね?」と言われて「はい。」と言ったら
 4ソモニ(=80円)だった。時間に関係あるのか不明。

ロンプラには食事も出してくれると書いてありますが、
僕が行ったときにたずねてみたら

「今は食事は作っていないの。。」

とのことでした。

この辺はレストランなどがなく、
売店でパンや缶詰を買って食べるというひもじい食生活でした...


クリックよろしくお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
2013-11-17 : 【14】タジキスタン : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
OGGYさんがみたタジキスタン
とっても興味深く読んでいます
なーんもなーい、とわたしは疲れてしまいましたが、それが良いんですね。シンプルイズベストかあー!
2013-11-17 00:11 : まこまこ URL : 編集
危険
車に直ガソリンが怖いけど、高地で酸素が薄いから少しは引火しにくいのかな。電動アシスト自転車でなら、少しだけ旅してみたいです。
(充電できないか盗難にあいそうですね。)
パンダ軍団と青いフードのチャイルドがかわいいですね!!
2013-11-17 04:43 : トゥカン♂ URL : 編集
Re: No title
まこまこ

読んでくれてありがと^^
確かになーんも無かったねw
時間つぶすのに必死だった。
でもその分自分と向き合う時間だったり自然を感じる時間が増えたのが良かったかな。
ブログ書く気も一切起こらなかった...笑
2013-11-17 11:29 : OGGY URL : 編集
Re: 危険
トゥカン♂さん

なんか直に入れながらタバコ吸ってる人とか居ましたよ。
その時は何も思わなかったのですが、
確かに今考えると恐ろしい...

電気が通ってない街の方が多い国なので
電動自転車は厳しそうですw
2013-11-17 11:44 : OGGY URL : 編集
シンプルに生きる。いいですね。なんか日本の日々に忙殺されて、だんだん感情に乏しくなって、シンプルに生きることを忘れてしまっていました。
2013-11-17 20:54 : はまっこ URL : 編集
Re: タイトルなし
はまっこさん

コメントありがとうございます。

僕も日本に居たときはやることに追われて・モノが溢れていて、
なかなかそう生きたくても生きれない自分が居ました。

たぶん日本に帰ったらまたそうならざるを得ないとは思いますが、
この経験を少しでも忘れずに居れたらなと思います。
2013-11-17 22:15 : OGGY URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。