スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

ランガル(タジキスタン)街歩きと宿情報

20131203-00.jpg

 twitterではリアルタイムでつぶやいてますので、よかったらフォローよろしくです!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

タジキスタンの奥地、ランガルという村に着きました。

20131203-00.jpg

家も何にも見当たらない...
今晩どこに泊まれば。。

と思っていたら、1人のおばあちゃんが寄ってきて

「ガスティニーツァ?」(=宿)

と言ってきた。

はい、お願いします、ってな具合について行く。

20131203-00.jpg

↑右に映ってる白い家


中の大きい広間みたいなところに通されて、

20131203-00.jpg

着いた瞬間にお昼ご飯を出してくれました。

20131203-00.jpg

羊肉とじゃがいものスープ的なやつ。

20131203-00.jpg

宿代聞いたら、3食付で50ソモニ(=1,050円)とのこと。
まぁそんなもんだろうねってことで了解。

家には2歳になるボーイが居た

20131203-00.jpg

悩殺ポーズ

20131203-00.jpg

なんちゅう顔してんだ

20131203-00.jpg

さ、今晩の寝床が確保されたところで散歩に出かけましょう

20131203-00.jpg

といってもこの村、本当に何もなさそうだ。

20131203-00.jpg

でも景色がいいからいいんじゃない。

20131203-00.jpg

20131203-00.jpg

ヤギ?のツノがいたるところに掲げられていた...

20131203-00.jpg

実はこれ、この辺ではよく見る光景。
聞くところによると、
このあたりの人々はイスラム教から派生した独自の宗教を信仰しており、
このツノはそのシンボルなんだとか。


村をのんびり歩く。

20131203-00.jpg

明らかに可愛そうなロバが居た...

20131203-00.jpg

物事は釣り合っているかそうでないかを
常に見極める必要があるなと、見ていて感じた。


牛さんたちとすれ違う

20131203-00.jpg

20131203-00.jpg

30分くらい歩いて、やっぱり何にもないことが分かった。

20131203-00.jpg

来た道を引き返す。
子どもたちが遠くで遊んでる。

20131203-00.jpg

こっちに寄ってきた。

20131203-00.jpg

おい。イケメンじゃねぇか


他の子も寄ってきて、みんなで。

20131203-00.jpg

僕だけに最高のスマイルを見せてくれた。

20131203-00.jpg

この女の子

20131203-00.jpg

さっきのイケメンに目がそっくり。妹だよねきっと。


この村の子どもたちもいい子ばかりだったな。

20131203-00.jpg

20131203-00.jpg

そんな感じでおうちに帰ります。

20131203-00.jpg

まだ16時なんですが、夕飯が出てきました。

20131203-00.jpg

さっき食べたの13時なんですけど。

じゃがいも炒めとナンとお茶、以上。
じゃがいも美味しい。

でもひたすらそれだけ食べ続けるのって想像以上に苦痛なんだね。
気づかされました。


じゃがいも食いながらふと外を見たら、夕焼けが神秘的な色になってた。

20131203-00.jpg

ここでしか見ることのできない色合い。

20131203-00.jpg

(と、思いたい)

20131203-00.jpg

おうちに帰ったら、暗闇の中にランプが1つ

20131203-00.jpg

3分で切れて、懐中電灯を取り出す。

20131203-00.jpg

超絶真っ暗...

20131203-00.jpg

そしてこの家、暖房器具もなく劇的に寒い。
部屋の中でも氷点下いってたんじゃないかな。

フラッシュたいたらユウコさんがもう完全に諦めの表情だった

20131203-00.jpg

真っ暗闇の中やることもなくて、
ひたすらしりとりしてた。


あ、そうだ。
最近のルーティンワーク忘れてた。

と思って外に出たら。

20131203-00.jpg

やっぱり満天の星空。
そして恒例のピンボケ。このくだり4回目くらいですね

この村、夜は本当に明かりがなくて、
5m先も真っ暗で見えなかった。
だからこそ見れたこの星空だったんだろうな。


いろいろ時間つぶしを試みたんだけど
ネタも尽きてきて...

19時に就寝。


この日、

・ヒートテック
・フリース
・ダウン
・ウィンドブレーカー


っていうフル装備の上にありったけの布団をかぶって寝たけど、
寒くて寒くてまったく寝れなかった。

人間て寒すぎると寝れないんだね。

(凍死の要領で気持ちよく落ちれると思ったんだが)


ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
2013-12-03 : 【14】タジキスタン : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

質問です
僕も一眼レフ(D3200)を、持ってるんですが
星空を撮ろうとしてもシャッターが切れません…。
三脚して、Aモードでバルブ、ISOもマックスにしてるのに何故でしょうか…
原因が分かったら教えてください!
あと、どうやってオギーさんは星空を撮ってますか?
2013-12-03 01:15 : 棚大好き URL : 編集
さむすぎる
電気毛布を使うと「息をすると肺が痛い、そして体は乾燥する。」状態で余計眠れませんよ。体の中が暖まらないと電気毛布の温度を上げても暖かく感じません。(低温ヤケドになりそう。)
(日本の雪国での体験なのでタジキスタンより湿度が高いと思います。)
タジキスタンでは毛皮が必要ですよね。(敷きムートン的なもの)


2013-12-03 02:50 : トゥカン♂ URL : 編集
Re: 質問です
棚大好きさん

こんにちは。
ご質問いただいた件ですが、
オートフォーカスにしていませんか?
マニュアルフォーカスに切り替えると、シャッターが切れると思います。
お試しください^^

僕は三脚使うのが面倒なので、
その辺の塀とかにカメラを直置きして、
セルフタイマーでシャッタースピード5~10秒くらいで
撮ってる気がします。
2013-12-03 10:10 : OGGY URL : 編集
Re: さむすぎる
トゥカン♂さん

ただいま中国ですが、
タジキスタンよりもっと寒い東チベットでは、
電気毛布がないと本当に寒くて寝れませんでした。

温度が強すぎると熱いですが、
低音にしておくとちょうどよく暖かく眠れます?
日本の生活でも欲しいくらい。

タジキスタンでも電気毛布という文化があればよいのになぁと思います。
2013-12-03 10:12 : OGGY URL : 編集
そりゃ寒かろう
いやあ、自然以外はなにもないっていう、究極的にぜいたくな状況を楽しんどるね。
それにしても暖房なしは辛いね。あそこの人たち冬はどうしてるんだろうね。ストーブ類は見らんかったしなあ。
2013-12-03 16:48 : ケンゾー イクエ URL : 編集
Re: そりゃ寒かろう
ケンゾーさん

コメントありがとうございます。
ケンゾーさんたちと同じ家ですかね泊まったの。

なんか、家族たちが泊まる部屋はちゃんとストーブ的なものがあって、
めちゃくちゃ暖かかったんですよね。
客には暖房なしっていう。笑
2013-12-03 19:13 : OGGY URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。