スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

カシュガル⇒ウルムチ(中国・新疆ウイグル自治区)列車移動情報

20131215-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

日本人が中国にビザなしで滞在できるのは15日まで。

中国はその期間内で抜けようと思ってるので、
超スピードで行かねばなりません。
さっさと次の目的地に移動します。
(まぁ、結果的に1ヶ月半近く居ることになったのですが...)

15日で抜けるために行く場所をかなり絞りました。
(まぁ、結果的に色々周ることになったのですが...)

次に目指すは敦煌という場所。
新疆ウイグル自治区から抜けた甘粛省、言わば本場の中国(のはず)。

そこまで行くには、どこかで電車を乗り換えねばなりません。

新疆ウイグル自治区の首府(=日本で言う県庁所在地)・
ウルムチ(烏魯木斉)であれば、
その先の乗り換え便がたくさんあるだろう...
と踏んで、ウルムチで乗り換えることにします。

20131215-00.jpg

前日に、カシュガルの列車切符売り場に行きました。

20131215-00.jpg

時刻表があった。

20131215-00.jpg

列車の切符を買うときは紙に

・日付
・行き先


を漢字で書いてそれを渡すとスムーズだよお

って聞いていたので、実践。

20131215-00.jpg

実はカシュガル発の列車以外も窓口で取れると聞いていたので、
その先の便も書いて出してみました。

----------↓↓【説明】(飛ばし読みしてくだされ)↓↓----------

1)カシュガル(喀什)⇒ウルムチ(烏魯木斉)
2)ウルムチ(烏魯木斉)⇒柳園 ※柳園から敦煌まで、バスで2時間
3)柳園⇒成都

列車には種類があって、上のランクから
軟臥(なんが):寝台のコンパートメントタイプ
硬臥(こうが):寝台の3段ベッド
硬座(こうざ):座席タイプ。横にはなれない

バックパッカーは、
長距離の移動では真ん中の硬臥(こうが)を使うことが多い。らしい

硬臥は3段ベッドとなっていて、
上の段に行くほど料金が安くなる。
(のぼりづらいからか)

一番下は、寝る時間でなければみんなの共有座席となるので
寝たいときに寝にくい。(インドと一緒ですな)

というわけでおススメは真ん中。

↑という理論を事前に聞いていました。

--------------------↑↑飛ばし読みここまで↑↑--------------------


で、窓口のお姉さんに書いたメモを渡す。
どんな対応をされるのかな...









と思っていたら、
めちゃくちゃ親切丁寧でした。

むしろこちらが日本人だと分かると、
他の現地のおっさんたちより優先して、
笑顔で対応してくれました。

筆談でのやりとり。

20131215-00.jpg

いろいろやりとりした結果、
明日のカシュガル⇒ウルムチ便は取れるが、
その先は数日後まで満席とのこと。




て。をいをいをい

じゃったらどうすりゃいいんじゃい。
中国15日で出れないでしょーが!


子どもがまだ食ってる途中でしょーが!

20131215-00.jpg


と邦衛ばりの突っ込みを入れつつ。

まぁ、、ウルムチに行ってから考えますかねぇ。。

ってことでカシュガル(喀什)⇒ウルムチ(烏魯木斉)の列車だけ切符を取得

20131215-00.jpg

181元(2,920円):176元+手数料5元

※カシュガル発ウルムチ行きは2013年11月現在
 朝8時発の列車と13:30発の1日2本(どちらも北京時間)
 朝初の方が所要時間が長く、100元(1,600円)ほど安い。



~翌朝~

早朝にユースをチェックアウト。
スタッフのお兄ちゃん、叩き起こしてごめんなさい。

20131215-00.jpg

駅までタクシーで20元(320円)

20131215-00.jpg

カシュガル駅に到着

20131215-00.jpg

駅ではパスポートチェック、荷物チェックがありました。

ここで問題発生...

バックパックに入れていた何らかの物体が、
荷物検査に引っかかる。


警備員によって全て中身をひっくり返され、
ひとつひとつ念入りにチェックされる。

おい。別に問題ないだろ?へへーん と僕

と、警備員「何だこれは?」

警備員が持っていたのは...






万能ナイフ!



「中国政府の決まりで、
 列車に乗るときはこれを持ち込めないことになっている」


をーい まじかいな

今まで一回も引っかかったことないのに。

「どうしても持って行きたければ、
 郵便局から次の目的地に送るしか無い。
 無論、この時間まだ郵便局は開いていないがな。ヒヒヒ」


くそぉ。。

この万能ナイフ、2,000円くらいしたんだけどなぁ。
しかもよく使ってたし。

これからどうやって果物をむいていけばいいというんだい?
教えてくれ!教えてくれよーーー?!?!





と、心の中で悶絶しつつ、
列車の発車時刻も迫っていたのであっさり諦めました。
(めちゃくちゃ悔しかったですが)

その後、なんか「危ないもの持ってた人リスト」みたいなのを裏から出してきて、
そこに名前やパスポート番号、
何を所持していたのかを書かされました...!

ほんと、知らなかっただけなのに...

今後、公安に追いかけられまくるのでしょうか。。

中国の列車に乗るのは一苦労ですね。

20131215-00.jpg

何はともあれ、列車の乗車時間が来ました。
北京時間で8:00出発なんだけど、
ウイグル時間では6:00。外は真っ暗っす

20131215-00.jpg

無事自分の車両・座席に乗ることができました。ふぅー

20131215-00.jpg


中国の列車、今回乗った硬臥車両は想像してた以上に綺麗で快適でした。

女性の乗務員が、切符と引き換えに
このようなカードをくれます。

20131215-00.jpg

降りる直前に、また切符とそれを交換するシステム。
その方が何かと確認しやすいんでしょうか。


「中国の列車はお湯が出るから、
 カップラーメンを持っていくといいよお」


って聞いていたので、買って乗り込みました。

20131215-00.jpg

※お菓子とお茶も。
 緑茶って書いてあるのにめちゃくちゃ甘くて気持ち悪い。
 東南アジアも同じだよね


乗り込んだ直後に爆睡しまして、
起きたら可愛い妖精発見。

20131215-00.jpg

斜め下の席だったこの子、人懐っこくてそりゃもう愛くるしかった。

20131215-00.jpg

実はこの列車、安くてゆっくり移動する便なので
通常24時間で行けるところ、30時間もかかりました。

外を眺めたり(ひたすら砂漠)...

20131215-00.jpg

あとは本読んだり(イランでT平さんにもらった村上龍)、
それ以外はひたすら寝る。

そんなサイクルでの時間の流れは意外と早くまわり、
苦痛に感じませんでした。


カップラーメンを持ってきたのはいいけど、
中国の列車には食堂車がある!
しかもその食堂車がたまたますぐ隣の車両!

ということでめちゃくちゃ行ってみたくなり、

20131215-00.jpg

行っちゃいましたー

この列車では、

7:00~9:00、11:30~14:30、17:30~21:00、23:00~6:00

が営業時間らしい。

(ほとんどじゃないかい)

20131215-00.jpg

ここで作られた食事は
お弁当として車内販売にも来ます
(しかも10分に一回くらい。食いっぱぐれないね)

メニューが3種類くらいしかなくて、
空心菜の炒め物+ご飯にしました。うまし

20131215-00.jpg

お値段27元(440円)とかなり高め。
でも人もあまり居なくて静か。
テーブルに座ってゆっくり食べれるので
なかなかリッチな気分を味わうことができやす。


そんな感じで食べて、寝て、本読んで、を繰り返し。

村上龍も飽きてきたところで、
指差し中国語会話(これも旅人にもらった)を
パラパラめくってたら、
隣に居た中国女子に「ちょっと見せて!」的なことを言われ。

その後、中国語のレッスンがスタート(笑)

「ピーナッツ」

とか

「箸」

とか、

あんまり使用頻度の少なそうな中国語を教わりました
(そしてそっこーで忘れました)

20131215-00.jpg

↑この子が教えてくれました。

シーシーちゃん(20歳)

お肌がピチピチだったお (〃 ̄ω ̄〃


ほかにも村上龍を読んでたときに、
通路を通りかかる人何人かに本を取り上げられて、
興味深そうに読まれました。

「お前何人だ?」

みたいなことを言われ、

「リーベン(日本)」

って言ったら

「へぇ~!」

みたいな。

みんな興味津々な感じで、
敵対心をあらわにしてくる人なんて1人も居なかったな。


さてはて、そんなこんなで30時間の列車移動が終了
カシュガルを出発した翌日の14時ごろ、
ウルムチ駅に到着いたしました

20131215-00.jpg

20131215-00.jpg

ウルムチは大都会なだけで特に見どころがないらしいし、
何より僕には時間が無い。
でも次の目的地、敦煌への列車が取れるのは早くて数日後。

⇒でもでも、幸いなことにバスがあるらしい!!

というわけで、バスターミナルへ直行したらいいんじゃないかね。

駅前でそんなことを考えていたら、
その辺に居たお姉さんが、急に僕の荷物を引っ張って行っちゃった!!

20131215-00.jpg

をい。何をする!ちょっと待て!どこ行くんだよ!!!


つづく。

ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
2013-12-15 : 【15】中国 : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

シーシーちゃん
かわいい!!
荷物を持っていくお姉さんの後姿がたくましい!!
2013-12-15 05:03 : トゥカン♂ URL : 編集
Re: シーシーちゃん
トゥカン♂さん

今日は「女性にばかり目がいく」トゥカンさんですね
おはようございます^^
2013-12-15 11:01 : OGGY URL : 編集
No title
危険リストに、旅丸のsho君が入ってないのですが大丈夫でしょうか?
2013-12-15 14:18 : ふみ URL : 編集
Re: No title
ふみくん

すっかり忘れてた。
あそこで付け加えておくべきだったね...。
2013-12-15 16:45 : OGGY URL : 編集
No title
中国人は一部国民と政府が狂ってるだけですからね。大体は何も知らずにのほほんと生きてますよ。
2013-12-15 21:37 : ちゃおず URL : 編集
Re: No title
ちゃおずさん

本当ですね。
日本での報道を見てると中国全体が異常な国に思えてきてしまいますが、
来てみて初めてそうではないことが分かりました。
2013-12-15 23:01 : OGGY URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。