スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

【東チベット】ラルンガル・ゴンパ(五明佛学院)の宿情報と目を疑う衝撃の絶景

20140116-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

東チベット・ラルンガルゴンパ初日、
バスを降りてから声をかけられたお坊さんの
知り合いの若い僧侶たちの家に泊めてもらいました。
(⇒前回記事

前日は夜に到着して、暗くて街の全貌が一切分からなかった。

けど、朝起きて外に出てみたら。

20140116-00.jpg

目の前にとてつもない景色が広がっていた。

20140116-00.jpg

山並みに沿ってぎっしりと、
ところ狭し並んでいる、僧侶たちの家々。

20140116-00.jpg

写真では見たことがあったけど、
それを目の前にするととんでもない迫力で言葉を失う。
今まで見てきたものを覆すような光景。

実際にここで僧侶たちが生活している。

20140116-00.jpg

ていうか、昨日この1つに泊まってたんだった。

しばらく時間を忘れて、
目の前の景色に唖然としていた。

20140116-00.jpg

遠くから見るとカラフルで、
真っ青な空とのコントラストが
目に痛いほど鮮烈な印象を与える。

20140116-00.jpg

家自体は人工的な物なのに、
とてつもなく強く感じる「自然」の力。

一体このえもいわれぬパワーはどこから来るのだろう。

20140116-00.jpg

宗教というものが形成し得た文化、風景、価値観。

難しいことは分からなくとも、
これを見れば少なくとも
それが持つ「圧倒的な力」を体感することはできる。


この風景を言葉で説明することが本当に難しい。

なので、今日は写真ばかりをずらーーーっと並べていきます。


【東チベット ラルンガルゴンパの写真】


20140116-00.jpg


20140116-00.jpg


20140116-00.jpg


20140116-00.jpg


20140116-00.jpg


20140116-00.jpg


20140116-00.jpg


20140116-00.jpg


20140116-00.jpg


20140116-00.jpg


20140116-00.jpg


20140116-00.jpg


20140116-00.jpg


20140116-00.jpg



【パノラマ写真】


20140116-00.jpg


20140116-00.jpg


20140116-00.jpg



【よかったら動画もご覧ください(1分10秒)】





ブロガーとして失格なのかもしれませんが、
この景色をやっぱりうまく言葉で表現できません。

形の見えない圧倒的なエネルギー。

そこで感じたことを言葉にすればするほど
ぜんぶ嘘っぽく聞こえてきてしまう。

20140116-00.jpg

だから、少しでも写真を見て、
僕がそこで感じたのと同じように、
何か感じるものがあったら幸いです。


※次回はこのラルンガルゴンパを歩いて巡ってみます。


この景色を生で見てみたい。と思った方はクリックよろしくです↓

ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング


【ラルンガルゴンパ(五明佛学院)の宿】

喇栄賓館(Larong Hotel)

20140116-00.jpg

4人部屋ドミ 35元(610円)

電気毛布あり。暖かく眠れます。

20140116-00.jpg

シャワーなし(浴びる気にならない程寒いからまぁ良し)、
トイレは外に出たところにある中国式のもの

20140116-00.jpg

20140116-00.jpg

ラルンガルゴンパの入口から
坂道をずーーーっと登っていったところにあります。

道がなかなか説明しずらいんですが、
道なりに坂を歩いていけば宿が遠くに見えてくるので
あとはそっちに向かって歩いていってください。

20140116-00.jpg

地図にしてみるとこんな感じだったかと思いますが、
あんまりアテにしないでください(汗

20140116-00.jpg
(画像クリックで拡大表示)

歩きだと標高高いのもあって、休み休みじゃないとほんときつい。
入口から1時間くらいかかる。
逆に宿→ラルンガルの入口は下り坂なので30分くらいで着く。

宿の入口が2つあって、
向かって左側(手前)は高い部屋用の入口、
右側(奥)は安い部屋用の入口みたい。
我々は右側(奥)へ行きましょう。

昼間は宿スタッフが掃除してたり
受付奥の部屋から出てこなかったりするので
構わず声をかけてチェックインしましょう。


クリックよろしくお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
2014-01-17 : 【★】東チベット : コメント : 8 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

みつしり
建物も衣類も同じ色ですね。(レンガ色?えんじ色?)
迫力がある風景ですね。トイレはドアの様子から、「修業」の予感がします。
2014-01-17 03:33 : トゥカン♂ URL : 編集
わたしが泊まった宿とは違うなー。
わたしの宿は、大きい寺から歩いて2分くらいのとこだったよ。(見た目、宿っぽくない感じだった)
地図が下手くそだったかな?
2014-01-17 08:30 : りりー URL : 編集
No title
この景色、生で見てみてみたいです!!
写真が絵みたい。
素敵な出会いもあって羨ましいです。
続きが楽しみ~~~。みのむし卒業してくれて良かったです(笑)
2014-01-17 15:33 : りんご URL : 編集
Re: みつしり
トゥカン♂さん

確かに建物の色と同じ、エンジ色ですね!

トイレはその通り!
かなりの忍耐力?が必要ですw
2014-01-17 17:55 : OGGY URL : 編集
Re: タイトルなし
りりー

宿、違ったんだね。
ラルンガルにはこの宿(と、入口の高めの宿)しか
ないもんだと思ってた!
2014-01-17 17:57 : OGGY URL : 編集
Re: No title
りんごさん

コメントありがとうございます!

ほんと、絵みたいな光景でした。
ぜひ、行ってみてほしいです。

引き続き、よろしくお願いいたします^^
2014-01-17 17:58 : OGGY URL : 編集
奇麗な景色ですね
始めてブログ読ませてもらいました。本当にリアリティのあるブログで純粋に楽しいと思いました。これからもちょこちょこ見させてもらいます。
2014-01-17 19:47 : けんじ URL : 編集
Re: 奇麗な景色ですね
けんじさん

はじめまして、コメントありがとうございます。

そんな風に言っていただけて嬉しいです。

また遊びに来ていただければと思います!
2014-01-17 19:52 : OGGY URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。