スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

【東チベット】ラルンガル・ゴンパ(五明佛学院)街歩き

20140118-00.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

東チベット・ラルンガルゴンパ。

前回は、そこに広がる信じられないような光景を
写真でお伝えしました。
(⇒前回記事

20140118-00.jpg

今日は、そのラルンガルゴンパを歩いてみます。

泊まってる宿は、この街の一番高い丘の上にある。

20140118-00.jpg

そこからすぐ近いところにある寺。

20140118-00.jpg

20140118-00.jpg

マニ車が周囲を取り囲む

20140118-00.jpg

みんなそれを回しながら、
右回りで自分達もてくてく歩いていく。

20140118-00.jpg

その寺の周囲は
台がずらーっと並び、お祈りできるようになっている。

20140118-00.jpg

寺に向かって祈りを捧げる僧侶たち。

20140118-00.jpg

20140118-00.jpg

このラルンガルゴンパ、
僻地!って感じが強かったので、
食料とかちゃんと売ってるのか不安だったのですが、
宿のすぐ隣に売店がありました。

20140118-00.jpg

こんなに標高が高いから
値段はかなり高くなっていそうなものですが、
売ってるものも値段も、
いままでの中国の地域と変わらなかったです。

ただ、

20140118-00.jpg

お菓子がパンパンでした(笑
まぁそうなるわな。


八百屋さんなんかもちゃんとあって、
意外にも種類豊富。

20140118-00.jpg

坂を下って、てくてく歩いていく

20140118-00.jpg

20140118-00.jpg

ほんと、お坊さんたちで溢れかえってる。
ごくたまーに、中国人の観光客が居るけど、
それ以外はお坊さんと、チベット人のみ。

20140118-00.jpg

しばらく歩いていって、振り返るとこの景色

20140118-00.jpg

チベタンのおばさま2人が
「写真撮って」みたいなこと言ってきた

20140118-00.jpg

いい笑顔。


またしばらく歩いていくと、
お坊さんたちがどこかに向かって歩いていく道があった。

20140118-00.jpg

周辺には、おびただしい数のテントが張られている。

そして、その先を追っていくと、
これまたとんでもない光景に出会った。

20140118-00.jpg

城壁で囲まれた大きな寺の中に、
とんでもない数のエンジ色の点々。

20140118-00.jpg

近くに行ってみると、
僧侶たちでごった返していた。

20140118-00.jpg

敷地内に入れず、
外に座って寺を見つめながら祈りを捧げる人も。

20140118-00.jpg

ひたすらマニ車を回しながら、
一日中祈り続けるているのだ。

20140118-00.jpg

その大きな寺の奥に、
多くの人々が向かっている道があった。

20140118-00.jpg

ついていってみると、どんどん山道になっていった。

20140118-00.jpg

20140118-00.jpg

山の中腹にはタルチョ(チベットの五色の祈祷旗)が。

20140118-00.jpg

20140118-00.jpg

道の途中で出会ったチベタンキッズ

20140118-00.jpg

めちゃくちゃ雰囲気醸し出しているでないの。


途中、テレビクルーと思われるチームが。

20140118-00.jpg

僧侶のカメラマンと、
チベット人のスタッフ?

かっこいい。


しばらくその道を歩いていって振り返るとこれ。

20140118-00.jpg

この街全体の、壮大な景色を見ることができる。

20140118-00.jpg

そして、遠くの方にこんな異様な光景が見えた。

20140118-00.jpg

四方に囲まれたエリアに無数のエンジ色の点。
そして、その周囲にこれまた無数のテント(らしきもの)が。

先ほどの大きな寺同様、
この山の上にあるエリアでも、
祈祷が行われているよう。

とんでもない規模だ。


歩き始めて30分ほど、
広大な平原地帯に出た。

20140118-00.jpg

乗用車が数台、と牛さん。

20140118-00.jpg

皆が歩く方向に向かって歩いていってみる。

しばらく歩いていくと、
何だか異様な雰囲気に包まれた建造物が、
突如として平原の中に現れたのだ。

20140118-00.jpg

そして僕は、ここでこの後、
驚愕の光景を目にすることになるのである...!


□ ■ □


東チベット・ラルンガルゴンパでの数日間は、
本当にこれまで自分が持っていた概念をあっさり覆されるような
衝撃的な日々でした。

ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちら

世界一周ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
2014-01-18 : 【★】東チベット : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

パキスタン行きたいよー
おぎーさん行かないの??

おぎーさんが行ったらその写真見て我慢するのに
2014-01-18 00:05 : レオナルド URL : 編集
お祈り
五体投地?用の板があるのは親切ですね。
マニ車をぶん回してみたいです。
2014-01-18 03:44 : トゥカン♂ URL : 編集
No title
やっぱり何度見ても素敵だね〜。
この風景は写真でもこんなに素晴らしいのに
生で見たら凄い感動だね!
東チベットはそんな観光地じゃないのかね?地球の歩き方ざっくり見たけど、書いてなかった気がする・・。
おぎーの行き方参考になる〜!
2014-01-18 06:44 : インドのりえさん URL : 編集
Re: タイトルなし
レオナルドさん

コメントありがとうございます。

パキも行ってみたいですが、
行くとしたらだいぶ先になりそうです。

逆にレオナルドさんが行って僕がその写真見て我慢するっていう方法もありですよね。笑
2014-01-18 14:55 : OGGY URL : 編集
Re: お祈り
トゥカン♂さん

そうですね。
コンクリの地面に直だと痛そうですからね。

ここのマニ車はけっこう重くて、
一周するころにはへとへとになってます!
2014-01-18 14:56 : OGGY URL : 編集
Re: No title
りえさん

コメントありがとー^^

ほんとそうだった。
写真より生の方がもっと迫力あったよ。

地球の歩き方には載ってなかったね。
観光地じゃないし、英語はおろか中国語も通じないことが多いよ。
(チベット語のみ)
欧米人なんてまず行かないみたい。

りえさんが行くときの参考になれば幸い。
2014-01-18 15:00 : OGGY URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。