スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

フィッツロイ(2):南米一、好きな場所かもしれない。

20140425-00.jpg

現在地:パラグアイ・イグアス居住区に居ます。
twitterではリアルタイムでつぶやき中!)

世界一周ブログランキング参加中。
クリックで応援よろしくお願いいたします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界一周ブログランキング


深夜2時に宿を出発し、
真っ暗な山道を歩くこと4時間ほど。
(前回記事⇒深夜2時のミステリー山道

20140425-00.jpg

最後の1時間はとてつもなくしんどい、
大きな岩がゴロゴロしているような急斜面。


やっと着いた。


と思ったら、まだまだ道が続いている。

一体どこまで続くんだ。

20140425-00.jpg

真っ暗な中、
月明かりに照らされ、そのシルエットが微かに見えている。

その方向だけを頼りに、
足場の悪い砂利道を進んでいく。


ここだ。


そう思われるポイントで、朝陽が登るのを待つ。

その場所は、かなりの強風が吹き荒れる場所で、
持っていた防寒着すべてを総動員しても、とんでもなく寒かった。


次第に夜が明けていき、山がその姿を見せる。














20140425-00.jpg

夢にまで見たフィッツロイ。

20140425-00.jpg

その鋭利なルックスが、僕の心を突き刺す。
とてつもなく、かっこいい。

20140425-00.jpg

20140425-00.jpg

夜が明けてくると、
太陽に照らされる「黄金のフィッツロイ」が見れるらしい。

20140425-00.jpg

頂上でたまたま会った日本人のアスカちゃん・ヒデくんと、
ここまで一緒に登ってきたマリコさんと僕の4人で、
その姿を待つ。

20140425-00.jpg

アスカちゃんがガスバーナーに火をつけ、
温かい紅茶を淹れてくれた。

20140425-00.jpg

とてつもなく寒いこの場所で、
心に染み渡る温かさと、
心を突き刺すそのフォルム。

20140425-00.jpg

宿で作って持ってきたサンドイッチを食べた。

20140425-00.jpg

時刻は7:30。
太陽が上がって明るくなってきたはずなのに、
フィッツロイは一向に「黄金の姿」を見せようとしない。

それでも湖とその奥に見えるその雄姿は、
痺れるほどカッコ良かった。

20140425-00.jpg

背景の青と白のグラデーションを感じたら、
天にも昇れる気がした。

20140425-00.jpg

2時間ほど待っても、
もう黄金に輝く姿が見れそうになかったのと
とてつもなく寒かったので、やむ無く下山。

20140425-00.jpg

明るくなった斜面を下っていくと、
とんでもなく急だったことに気づく。

こんな道を登ってきていたんだ。

20140425-00.jpg

20140425-00.jpg

真夜中には真っ暗だった世界が、
「色」がある世界に変わった。

20140425-00.jpg

20140425-00.jpg

20140425-00.jpg

同じ場所なのに、まったく違う場所みたいに思えるから不思議。

20140425-00.jpg

20140425-00.jpg

20140425-00.jpg

20140425-00.jpg

少し歩くたびに、振り返るとその姿。

20140425-00.jpg

20140425-00.jpg

20140425-00.jpg

どこで振り返っても、一味違うその姿がある。

20140425-00.jpg

20140425-00.jpg

20140425-00.jpg

この時期のフィッツロイは、紅葉が美しい。

20140425-00.jpg

日本を連想させるこの景色は、
どこか懐かしさも感じるものがあった。


行きは4時間ほどで登ってきた道。

下りの方が断然速く行けるはずなのに、
景色を見ながら行ったり、
寝ないで行った疲れが出てきたりして、
6時間30分かかってやっとエルチャルテンの街に戻ってきた。

20140425-00.jpg

20140425-00.jpg

20140425-00.jpg

宿に着いて、ベッドに倒れこむ。

この短時間に起こったことを回想しながら、深い眠りについた。


◇ ◆ ◇


湖の前では、ひそかに前から個人的にやりたかった

「パタゴニア社(※)のフリースを着てフィッツロイと一緒に写真を撮る」

ということを達成できた。

20140425-00.jpg
(※パタゴニア社:「フィッツロイ」をロゴにしているアウトドアブランド)

深夜2時出発、最後の心臓破りの坂。

なかなかハードな道程だったのに、
最大の目的だった「朝陽に照らされる黄金のフィッツロイ」が見れなかった。


それでもやっぱりここに来た意味はあった。

出会った仲間と、
フィッツロイのその「見る者を圧倒する雄姿」。
それは、何ものにも変えがたい価値のあるものだった。

20140425-00.jpg

それでもやっぱり朝陽に照らされるフィッツロイを見たい!
というわけで、明日リベンジすることに。

フィッツロイかっこいい!と思ったらクリックしていってね^^

ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のカエルをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)


↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちらをクリック!

世界一周ブログランキング



【エル・チャルテンの宿:HOSTEL LOS VIAJEROS】

20140423-00.jpg

4人ドミ100ペソ(約1,000円)

20140423-00.jpg

エルチャルテンのバスターミナルを出て
メインストリートを3分ほど歩いた突き当たりにある宿。

朝食なし、キッチンあり、wifiあり(激しく遅い)、
シャワールーム男女別。

かなり新しい宿なのか、
ドミ部屋、トイレ、シャワールーム、キッチンなど
すべてが綺麗でめちゃくちゃ快適だった。
スタッフも親切(ボリビア人?)

チャルテンの街は他の宿も含め、
どこもなぜか劇的にwifiが遅いです。


クリックよろしくお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

世界一周ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
2014-04-25 : 【★】パタゴニア : コメント : 6 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
キャンプすればよかったのに!!!(笑)
往復ご苦労様です。
2014-04-25 12:53 : sho URL : 編集
ホンマや!!
テントや準備が重いから、キャンプを避けたのですか?
入場料をとられないから、体力勝負に出たのですか?
ブヒー!

2014-04-25 13:02 : トゥカン♂ URL : 編集
Re: No title
shoさん

トゥカン師匠の言うとおり、
キャンプ道具や食料を持ってくのが嫌だったので日帰りしました(笑
2014-04-25 20:50 : OGGY URL : 編集
Re: ホンマや!!
トゥカン♂師匠

さすが名推理。

>テントや準備が重いから、キャンプを避けたのですか?
>入場料をとられないから、体力勝負に出たのですか?

どちらも正解、
豚肉100グラムをプレゼントです。
2014-04-25 20:53 : OGGY URL : 編集
Me too!!
私も南米一好きな場所かもしれない♡

久しぶりにWifiサクサクになってパタゴニア編一気に読んだよー!
めっちゃいいね(^o^)
ほんまフィッツロイはかっこよすぎる。
てか一個前のブログの『休もうとする僕に上からマリコが…』ってとこめっちゃウケた(笑)
その2人のトレッキングに私も一緒に参加したかったー!!
2014-04-25 22:31 : えみ URL : 編集
Re: タイトルなし
えみさん

コメントありがとう!!

いまスリランカに居るんだって??
そっちはどうだい?

今度は一緒にフィッツロイ登ろう(笑)

上からマリコさん、またペン園で再会したww
2014-04-26 01:46 : OGGY URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。