スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

リガ(ラトビア)からタリン(エストニア)移動情報・タリン街歩きと宿情報

20141105-00.jpg

twitterfacebookではリアルタイムでつぶやき中!)

世界一周ブログランキング参加中。
クリックで応援よろしくお願いいたします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界一周ブログランキング



□ ■ □


バルト三国の真ん中・ラトビアを後にして、
向かうは一番北に位置するエストニアの首都・タリンです。

20141105-00.jpg

リガから、超快適バスLUX Expressを利用。
リガ(ラトビア)⇒タリン(エストニア) 16ユーロ(2,270円)

20141105-00.jpg

あれ、モニター付いてない、、

20141105-00.jpg

この会社は全座席にモニター付きで映画とか見れるのがウリなはずなのにーーー

そしてもう1つのウリ、コーヒーマシン

20141105-00.jpg

全10種類くらいあるコーヒーや紅茶の中から、
好きなやつを飲み放題!












の、はずが
これまた故障中で1滴たりともコーヒー飲めず。


うぉーーーいどうなっとんじゃ!!


wifiあり&充電はできました。

20141105-00.jpg

まぁ、こんなゼイタクな環境が当たり前になってくると
アフリカとかでの移動が怖いんで、
徐々に慣れろ、って意味だったのかもしれません。

※リアルタイムのアフリカ移動、wifi付き快適バスだったりしますが!

そんなこんなでエストニアの首都タリンに到着。

10:00 リガ発⇒14:25 タリン着(所要4時間25分)

20141105-00.jpg

宿からトラム&徒歩で、旧市街の中の宿に到着。
(※宿情報はこの記事一番下に記載)

20141105-00.jpg

日本人の方がオーナー(しかも僕と同い年くらいのイケメン男性)なんですが、
完全日本人宿というわけではなく
むしろ欧米人の方が圧倒的に多かったです。

20141105-00.jpg

バルト3国やフィンランドのるるぶ・歩き方があって助かる。

20141105-00.jpg

さて、タリンの旧市街をぶらぶらします。

20141105-00.jpg

20141105-00.jpg

こじんまりとはしているものの、
だんだん北欧に近づいてきたせいか、
バルト3国のなかで一番洗練されている感じのあるタリン旧市街。

20141105-00.jpg

20141105-00.jpg

独特なモニュメントが多め。

20141105-00.jpg

20141105-00.jpg

20141105-00.jpg

レストランのスタッフが着てる民族衣装風の制服。

20141105-00.jpg

別のレストランにも民族衣装を着た男性が。

20141105-00.jpg

(声高らかに何か読み上げてました)

20141105-00.jpg

全体的に、街にはモスグリーン、茶、橙色といった落ち着いた色合いが多め。

20141105-00.jpg

そこが洗練された雰囲気を作り出している要因なんじゃないかと感じましたね。


ハトの置物

20141105-00.jpg

またがるお子様、かわゆす

20141105-00.jpg

何だかすごい車発見

20141105-00.jpg

20141105-00.jpg

旧市街の中心・ラエコヤ広場に面するDRAAKONっていうお店。

20141105-00.jpg

内装もこんな感じで中世の雰囲気がすごい。

20141105-00.jpg

1品ここでは1~3ユーロというお手頃価格で食事が頼めるのです。

安い!

と思って
スープ2ユーロ(280円)、ソーセージ3ユーロ(420円)。
*ピクルスはフリーで食べ放題

20141105-00.jpg

あわせて700円...あれ?たけぇwww

ただの小腹満たしのつもりでしたが
意外な出費となってしまったのでこれを夕飯とします...


ここの旧市街も小さめで、
半日も歩き回ってれば見終えることができるほどの広さ。

20141105-00.jpg

でもこんなこじんまり感が好きなのです。

20141105-00.jpg

20141105-00.jpg

旧市街にはいくつか無料で行ける展望ポイントあり。
そこからの眺めが美しい。

20141105-00.jpg

やはり「洗練された街」という表現が似つかわしいように思います。

20141105-00.jpg

無料で見れる景色も良いのですが、
旧市街の中にある有料で登れる展望ポイントにも行ってみました。

聖オレフ教会という場所の塔。
料金:2ユーロ(280円)

急斜面が意外なことになかなか終わらず
予想外の疲労を誘発させるこの道のり

20141105-00.jpg

登りきった

20141105-00.jpg

そして見えたのは、こんな風景。

20141105-00.jpg

20141105-00.jpg

オレンジの屋根が連なる、メルヘンな世界。
でも曇っているせいかやっぱり可愛いと言うか、「洗練されている」

20141105-00.jpg

オレンジの屋根、えんぴつみたい。

20141105-00.jpg

20141105-00.jpg

タリン、夜景もいい感じ

20141105-00.jpg

20141105-00.jpg

リトアニア

ラトビア

エストニア


とバルト三国を北上してきました。


似たような雰囲気であったものの、
北上するにつれてより洗練された街並みになっていった印象。

物価も

リトアニア:安め

ラトビア :普通

エストニア:高め


と、上昇を肌で実感することができました。

こういう国々の些細な違いを肌で感じる
これも長期旅の醍醐味の1つだなーーーと最近つくづく思います。

20141105-00.jpg

そんなことを思わせてくれたバルト三国を後にし、

次回:超絶物価が高いであろう北欧に遂に突入してしまいます!!!


タリン旧市街の風景いいねと思ったら
or北欧編も楽しみにしていただけたらクリック!
していってくださいよろしくです^^

ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のにゃんこをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。にゃんにゃん!)

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちらをクリック!

世界一周ブログランキング


タリン(エストニア)の宿:旅の家(Tabinoya)


 (2014年9月8日、9月9日に宿泊)

20141105-00.jpg

Booking.com:こちら
住所    :Nunne1, Tallinn City-Centre, 10133 タリン, エストニア
       バスターミナルからトラムでVabaduse valjak駅下車(4駅)
       →そこから徒歩7分

ドミ 15ユーロ(2,040円)

20141105-00.jpg

・wifiあり(速い)
・ホットシャワー(温度great!)
・キッチン利用可
・朝食付き

20141105-00.jpg

20141105-00.jpg

20141105-00.jpg
(朝食)

良い点:・旧市街の中に位置しているのでアクセス抜群
    ・オーナーが日本人なのでタリンの情報を何でも日本語で教えてくれる
    ・地球の歩き方やるるぶを閲覧可能
    ・コーヒー・紅茶がいつでも飲める!

悪い点:・ドミ15ユーロはいかんせん高すぎる。
      別のところは10ユーロくらい~あるみたい

満足度:★★★★☆(4.0)


クリックよろしくお願いします
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

世界一周ブログランキング
スポンサーサイト
2014-11-05 : 【32】エストニア : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。