スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

エルサレム(イスラエル)旧市街付近の宿「ラムシスホステル」

20141117-00.jpg

twitterfacebookではリアルタイムでつぶやき中!)

世界一周ブログランキング参加中。
クリックで応援よろしくお願いいたします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界一周ブログランキング



□ ■ □


フィンランドのヘルシンキから、飛行機でイスラエルに到着。
トイレにすら行かせてくれないという厳しい入国審査を経て、
何とか無事に入国することができたのでした。

20141117-00.jpg

イスラエルのテルアビブ空港に空港泊し、
翌朝空港から市内へ向かうために、
どのバスに乗ればいいかを確認するためにインフォメーションへ。

ひとまず地図をもらいます。

20141117-00.jpg

無料でもらえる地図、
エルサレムだけでなくイスラエルの主要都市の詳細地図が
1枚になっておりけっこう使えました。


空港から市内までは、
バスとトラムを乗り継いで行けると聞いていました。

が、インフォメーションのお姉さんが


「今日はバスもトラムも一切動いてないわよ。一切!!!」


と言い放ったのです。(⇒前回記事













お姉さん「今日は休日だからね。」



そう。イスラエルでは土曜日は「安息日」とされており、
金曜日の午後から土曜日の夕方まで
なんとエルサレム周辺のバスやトラムは一切動かなくなるのです!
※パレスチナ自治区へ行くバスなどは普通に動いていたりする

安息日の土曜日は、

「乗り物に乗ること」



「エレベーターのボタンを押すこと」

ですら、「仕事」とみなされしない方が良いとされているらしいです。


そして今日はちょうどその土曜日だったのでした...

ううう。

どうしようか悩んでいると、








お姉さん「エルサレムへ行くシェアタクシーなら動いているわよ」


え。

なんだ、全然それでいいんですけど\(^o^)/


空港を出てすぐ、シェアタクシー乗り場がありました。

20141117-00.jpg

土曜日でも、この黄色い真新しいミニバンに乗って市内中心部まで行けます。

運転手に宿のアドレスを伝えると、
そこまで行ってくれるというシステム。

20141117-00.jpg


市内まで64シュケル(1,890円)と超絶高いんですが、
これ以外今日は方法が無いので仕方なく乗りました。

20141117-00.jpg

20141117-00.jpg

休日だからか、
空港から市内への道を走っている車はほとんど居ません。

わずか40分で、旧市街の中心「ダマスカス門」付近に到着。

40分で1,890円て...
イスラエルの物価てこんな高いんでしょうか。


降りてすぐのところにある、"Ramsis Hostel"にチェックイン。

20141117-00.jpg

(宿については後ほど書きます)


宿のベランダから見える景色。

20141117-00.jpg

全身黒づくめのスーツに身を包んだ集団が、
早足で道を歩いて行く光景が見えました。

20141117-00.jpg

も、もみあげ長っっっ!

20141117-00.jpg

しかもいじくり倒してるww


この人たちは「超正統派」と呼ばれる人たち。

ユダヤ教の中でも最も厳格なグループで、
イスラエル人口の10%がこれにあたると言われており、
「祈ること」が仕事で国からの援助で生活しているらしいです。

黒い帽子に黒いスーツ・長い髭を伸ばすのが特徴。
特にもみあげは剃ってはならないそうで、
こうしてずーーーっと伸ばし続けてるんだそうです。


ポーランドのアウシュビッツ強制収容所やユダヤ人街に行ったときも
この人たちをちらほら見かけましたが、
本場のここエルサレムではその数も多いです。

20141117-00.jpg
子どもでもももみ上げ伸ばすとこんなに長くなるんだね

一旅行者である僕からすると、
こんな黒ずくめの人が街を普通に歩いているのが
ものすごく異質な感じがしますが...


それにしても、エルサレムは暑い。

20141117-00.jpg


9月上旬で30度くらい。
まぁ日本と同じくらいかもしれませんね...

この暑さでスーツ着てるんだからすごいですね。
でもよく考えたら日本のサラリーマンも同じっすね...


今日は休日ですが、
宿周辺の店は開いてました。

20141117-00.jpg

この辺の店はパレスチナ人がやってる店が多く、
そのほとんどはイスラム教を信仰しているみたい。

休日というのはユダヤ教の話で、
イスラム教の休日は基本的に金曜日なので、やってる店も多いんですね。


宿の近くでごまパンが売ってたよ
1つ3シュケル(90円)

20141117-00.jpg
カメラ目線のおっちゃん

りり記」っていうブログに

「おいしくて、好きです☆」

って書いてあった気がしたのですが、
たまたまでしょうか...















酸っぱくて、マズかったです


売ってる場所によるんでしょうか。


その近くでは、美味しそうなものを見つけました。

20141117-00.jpg

ファラフェルと呼ばれるひよこ豆のコロッケや野菜、ポテトなどをサンドに挟んでくれます。
8シュケル(240円)

20141117-00.jpg

こんな小さいので240円もするなんて。
イスラエルの物価はやはり超絶高いっぽいですね。



~翌日~

今日は日曜日で、イスラエルでは平日。
トラムも動いているので、
トラムに乗って新市街に行ってみることにしました。

20141117-00.jpg

トラム 1回6.9シュケル(200円)

20141117-00.jpg

ヨーロッパ並みに高いな。


途中バスターミナルで降りました。

20141117-00.jpg


バスターミナルの中にあったマクドナルド。

20141117-00.jpg

チラッとセットメニューを見てみたら、
1,000円近くもしましたよ。

何なんでしょう、この物価の高さ、
そしてそれに質が全然伴っていないようなチグハグな感覚は...


宿の周りの道はなんだかインド並みに汚いのですが、
ここ新市街はとてつもなく綺麗な街並みで驚きました。

20141117-00.jpg

それと、歩いている人の種類が完全に異なりました。

旧市街の宿の近くでは、
女性は髪をスカーフで巻いたイスラム教の人が圧倒的に多かったのですが、
ここ新市街はそういった人はほとんど見かけず、
髪を隠していない、美人が目立つ街になってました。

これが同じ国、少し違うエリアとは思えないほど、
その様子は180度異なっている。


なんだか、イスラエルという国の全貌が
今のところまったく掴めません。


◇ ◆ ◇


さて、エルサレムで泊まった宿"Ramsis Hostel"

20141117-00.jpg

旧市街の「ダマスカス門」から歩いて5分ほどと
便利な場所に位置しています。wifiあり。
住所:Hanevim Street 20, Jerusalem

20141117-00.jpg

通されたのは5人ドミ。

20141117-00.jpg

1泊60シュケル(1,800円)とこれまた超絶高い気がしたのですが、
ここエルサレムでは最安がこれくらいみたいなんです。

天井がなかなか汚くて寝るたびに憂鬱

20141117-00.jpg

シャワーはお湯が出るという話だったんですが、
僕が居た数日間は基本水でした...

20141117-00.jpg


キッチンも一応ありましたが、
ガスが完全に止められていて使えなくなっていました

オーナーのミカドさんは、日本好きらしく、
受付には日本人形の写真などが飾られています。

20141117-00.jpg

かつてはエルサレムでたくさんの日本人が集まる宿として
栄えたことがあったらしいこの宿ですが、
僕が行ったときは、僕ともう1人の日本人以外客は居ませんでした


この宿、実はものすごく不便な点が1つあるんです。
それは...


















10:00~17:00の間はスタッフ不在、
入口が完全に閉鎖されてしまう




ってこと。

10:00~17:00の間は、完全に宿から外に出ないか、
もしくは17:00以降に帰ってこないといけません。


それに合わせて18:00に帰ってきたのに、
18:30くらいにやっと夜番の人が来たりとか、
基本あんまりやる気がありません。

オーナーのミカドさんはいい人なんですけどね。。



ミカドさんは、


「最近めっきり客が来なくなっちゃってね...
 何でだろう。治安の問題かなぁ」









と嘆いておりました。


もちろん不安定なイスラエルの情勢もあるでしょうけれど、
まず宿に出入りできない時間帯が長いってのが超絶不便

それと、物価が高いイスラエルにおいて、
食事が一切出ない、キッチン使えないというのはかなりの痛手。

僕は、エルサレムで日本人がたくさん泊まっているらしい

「イブラヒム・ピースハウス」

の話をしました。


「あそこだったら、3食出るらしいですよ。
  それで、75シュケル(2,250円)って聞きました。」



ミカドさん「え、3食も出るの?
      せめて簡単な朝食は出せるとしても、3食は無理だなぁ...
      イスラエル、食材の値段もものすごく高いんだよ」



イスラエルは何でこんなに物価が高いのか聞いてみると、
軍事費にものすごくお金を使うから、と言っていました。
イスラエルの軍事費は国家予算の半分を占めるらしいです。

また自国にブランドが無く、
輸入製品に頼るところがものすごく多いので物価が高くなってしまうみたい。

物価があまりにも高いので貧困層がどんどん増えてるみたいです。


◇ ◆ ◇


この"Ramsis Hostel"、旧市街の入口まで近いのと
僕は人が全然泊まっていないのが逆に快適だったので、


・水シャワー

・食事付かない

・宿の出入り時間が制限される



という不便さはありましたが、
その辺は我慢しても泊まっておりました。


が、そんなある日、遂にというべきか...?
















Wifiが完全に使えなくなってしまった


のです。


というわけで、僕は...


















あっさり宿を変えることにしました^o^


旅人が宿を選ぶポイントは、
ものすごく簡単なところにあるものですよね。

さらばラムシス!

(つづく)


次回:頭がおかしくなる街・エルサレム


ブログランキング参加中!
「読んだよ」のしるしに、ぜひ下のにゃんこをクリックよろしくお願いします♪
(順位に反映されるので泣いて喜びます。にゃんにゃん!)

↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

携帯・スマホ・タブレットの方はこちらをクリック!

世界一周ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト
2014-11-17 : 【34】イスラエル : コメント : 4 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

あ、ラムシス!
数年前ほど前にラムシスに数日お世話になったことがあったので、(多分結構栄えてた頃)懐かし過ぎてコメントしてしまいました。

ミカドさんは非常にいい方でしたし、入り口閉鎖もあまり気なりませんでしたが、私の場合はシャワーの水圧がイブラヒムの方が倍くらいあるという情報を聞いてすぐにイブラヒムに移ったような気がします。

ラムシスは今思うと割とエグいルールなんでこんな状況になっても仕方ないのかもしれないですね、、
2014-11-17 20:08 : URL : 編集
No title
ブログの紹介ありがとう^^
ゴマのパンは美味しかったよ~。「酸っぱくて、マズかった」って、そのパンちょっと腐ってたんじゃないの?(笑)それか、その店独自の味付けかしら…?

ラムシスって閉鎖時間長いんだね~!何回か時間を変えて見に行ったんだけど、いつも空いてなくて結局泊まれなかったんだよなぁ。
2014-11-17 20:44 : りりー URL : 編集
Re: タイトルなし
> あ、ラムシス!
> 数年前ほど前にラムシスに数日お世話になったことがあったので、(多分結構栄えてた頃)懐かし過ぎてコメントしてしまいました。
>
> ミカドさんは非常にいい方でしたし、入り口閉鎖もあまり気なりませんでしたが、私の場合はシャワーの水圧がイブラヒムの方が倍くらいあるという情報を聞いてすぐにイブラヒムに移ったような気がします。
>
> ラムシスは今思うと割とエグいルールなんでこんな状況になっても仕方ないのかもしれないですね、、



コメントありがとうございます!
ラムシスに滞在していらっしゃったのですね。

確かに水圧も弱かった気がします...。
この後イブラヒムに移ったのですが、
個人的には食費等総合的に見てイブラヒムの方が良かったと思います。

ミカドさんいわく近々閉鎖するかも...とのことでした。。
2014-11-18 01:43 : OGGY URL : 編集
Re: No title
りりー氏

やっぱ腐ってたのかな~
1回食べてマズかったからもう買わなくなっちゃった。

そうそう、閉鎖時間長くてほんと不便。
場所は便利で、オーナーもいい人なんだけどねぇ。
2014-11-18 01:45 : OGGY URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。