スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

【インド】はじめての寝台特急※出会いあり

20130126-03.jpg

インド留学31日目

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

学校が3連休なので、
インドに来て初めて旅行的なことをしています。

ニューデリーから列車で9時間ほどのところにある、アラハバードに来ました。
目的は、6年に1度行われる祭り「クンブメーラ」を見るためです。
(過去記事「インドの長距離列車チケットを買ってみよう」参照)

アラハバード、地球の歩き方では無視されているんですよね。
ロンリープラネットには少し乗っていたので、
コピーして持ってきました。

さて、はじめての寝台列車。
日本でも乗ったことないのに、インドでうまく乗って目的地まで行けるのか...


【乗り方】

①チケットに書いてある列車番号・列車名・車両・座席番号をチェック

20130120-08.jpg

②駅の電光掲示板にて列車番号・列車名からホーム番号をチェック
 今回は一番下のPrayag Raj Express

20130126-01.jpg

③荷物検査を済ませ、ホームに入場

20130126-00.jpg

④自分の乗る車両の位置を探す。
 ホーム内の電光掲示板で表示されています。
 今回は「S3」(Sleeperクラスの3両目)でした。

20130126-01.jpg

⑤遅れなければ、1時間~30分前に列車が到着。

20130126-01.jpg

20130126-01.jpg

⑥自分の番号の席に座る。
 どの番号の人がどの位置に座るか、
 意外にもはっきり示されているので混乱しません。

20130126-01.jpg

⑦発車。
 今回は寸分の狂いもなく、定刻通りの21:25に発車しました。

20130126-01.jpg

Sleeperクラスの車内はこんな感じ。

20130126-01.jpg

目的地が観光地では無いからか、インド人しか居なかった。

トイレもあるので心配なし

20130126-01.jpg

自分は3段ベッドの1番下(Lower)でした。

乗ったときは2段目が開放されて座席になっていました。

20130126-01.jpg

向かいに座っていた人が、
22:30くらいに2段目を組み立ててベッドにしていたのですが、
自分の側はそういった気配もなく...

23:00すぎてもそうする様子もなく、
みんな1段目に座っていたので、
「When can I lie down here?」
って隣の人に聞いてみたら、
「Do you have a reservation?」って。

Sleeperって全部予約じゃなかったのか。

俺   「Sure.」
隣の男子「You can lie down anytime!
     Actually, We have no reservation.」

とのこと。
自分の席に他に3人座ってたけど、みんな予約してなかったらしい。

そんなこんなで、
最初はLowerを予約してたんだけど、
Lowerはその予約してなかった3人でシェアするとのことで、
なぜか2段目(Middle)で寝ることになりました。

この時期だけだと思うけど、とにかく夜中の車内は冷え込む。
窓が完全に閉まらなくて、隙間風がぴゅうぴゅう。
ブランケット無いと死にます。

20130126-01.jpg

そして車内、夜中もめっちゃうるさい。
電話は鳴りまくるし、おっさんが多くて大声で笑ったりしてるし。
耳栓を寮に置いてきてしまったことを後悔。

落ち着いて寝たい人は、Sleeperだとキツそうです。

夜中2時ごろに、乗務員がやってきて起こされる。
チケットを見せると、「43ルピー追加で払え」とのこと。
よく理解できなかったけど面倒だから払っといた。

アラハバードの到着予定時刻は6:45。
乗り過ごすのだけは避けたかったから、6時に起きて待機。

でもいっこうに着く気配なし。
7:30ごろ、どこかの駅に到着。

アラハバード着いたか?
隣のおじさんに聞いてみると、
「ここはアラハバードじゃない。この次だよ。」とのこと。

じゃあもうすぐ着くのかな。
そんな感じで待ってたけど、
1時間経っても2時間経っても一向に着く気配なし。

いよいよ心配になってきて、
昨日話した男子にも「いつアラハバード着くの?」と聞いてみた。

そしたら「half an hour.」とのこと。
あと30分か。彼もアラハバードに行くそうだ。
よかった、それなら安心。


その会話を機に、彼とはいろいろ喋りました。

20130126-01.jpg

名前はプラシャント、歳は22歳で、
デリーの学校で教育を学んでいるとのこと。
田舎がアラハバードで、デリーでルームシェアで住んでいるんだって。

・インドはこんな国
・インドのおすすめスポット
・アラハバードってこんなとこ

など、いろいろ話すことができた。
フェイスブックでもつながった。

そして、
・日本のオススメ映画は?
・尖閣諸島問題についてどう思う?
・今何をしていて、将来どういう人間になりたい?

などの質問もしてくれた。

彼ふくめ、インドの人は外国に強い興味を持っている。
特に日本企業はインドでもなじみが深いため、
日本に対して深く知りたがっている様子だった。

外国人は、深い質問を単刀直入にしてくる。
これが当たり前なのだと思う。

けどそこでストレートに答えられない自分が居る。
英語だからという理由だけでなく、
日本語でもうまく答えられないと思う。

今まで自分がどれだけ「日本について、自分について考える」
ということをしてこなかったか。
恥ずかしながら、海外に出て初めて実感しています。


そんなこんなでプラシャントと話していたら、
やっとアラハバードに到着。

20130126-01.jpg

20130126-01.jpg

20130126-01.jpg

20130126-01.jpg

20130126-01.jpg

20130126-01.jpg

ここがこの列車の終着駅だったのだ。
な~んだ、だったら必死に待機する必要もなかったのに!

20130126-01.jpg

20130126-01.jpg

ホテルを予約してこなかったことを彼に告げると、
ホテルがある場所を教えてくれた。

20130126-01.jpg

彼が居ないとどうなってたことか。
こういう出会い、ほんと大切にしたい。

いく場所よりも、そこで出会った人。

そんな考えになりつつあります。


次回、いよいよ6年に1度の祭り、クンブメーラへ。でも問題発生・・・!


最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログランキング参加中、現在25位前後。
読んでいただついでに、下のカエルをクリックしていただけると嬉しいです。
(順位に反映されるので泣いて喜びます。げろげろ~)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑
関連記事
スポンサーサイト
2013-01-26 :  ◆ 北インド : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

No title
インドの列車懐かしい~。めっちゃ遅れるよね。普通に5時間とか遅れても、みんな怒らないからねー。すごいよね。
2013-01-27 10:01 : りりー URL : 編集
Re: No title
最近はそれでもあんま遅れなくなってきたほうみたいだね。
帰りは1時間しか遅れなくて、5時間遅れるつもりで寝てたから焦った(笑)
2013-01-27 16:53 : OGGY URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

OGGY

  Author:OGGY

  広告会社を3年で退社後、
  2012年12月27日~674日間
  世界一周の旅に出ました。

ブログランキング参加中!
 にゃんこをクリックしてね。
(順位に反映されます)
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
↑ ↑ ↑

トリップアドバイザー
ムンバイ観光ホテル口コミ情報

Instagram

カテゴリ

他 (4)
PC (1)
靴 (1)

ブログランキング

現在の順位を確認!投票お願いします^^

カウンター

検索フォーム

RSSリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。